Keep on Jumpin'

AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝 第2戦 埼玉スタジアム2002 アル・ヒラル戦

先週は遠いアウェーの地で行われた決勝第1戦、アル・ヒラルの猛攻を耐え忍んで引き分け、貴重なアウェーゴール、1点をゲットして戻ってきてくれましたが、いよいよ決戦の日。 勝った方がアジア制覇っていうわかり...

先週は遠いアウェーの地で行われた決勝第1戦、アル・ヒラルの猛攻を耐え忍んで引き分け、貴重なアウェーゴール、1点をゲットして戻ってきてくれましたが、いよいよ決戦の日。

勝った方がアジア制覇っていうわかりやすい対戦となった第2戦ですが、ACLではホーム全勝のウチとしては負ける気がしねぇ戦い(本当は心臓バクバクだったけど)。しっかりアル・ヒラルをぶっ倒してアジアの頂点に上り詰めましょうという気合いが充満したホーム埼スタとなりました。

AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝 第2戦 埼玉スタジアム2002 アル・ヒラル戦

さて、今日のスタメンは最終ラインに遠藤、阿部、槙野、ウガ。アンカーに青木、インサイドハーフに柏木、長澤、両ワイドにラファエル・シルバ、武藤。ワントップに興梠。GKは西川。

ということで、第1戦と全く同じスタメンとなりました。第1戦は累積警告で出場停止となっていたマウリシオさんですが、第2戦は当然いつも通り先発して来るものと思っていた人も多かったと思います。しかしスタートはウガを左サイドに、槙野さんと阿部ちゃんのCBコンビという布陣を堀さんは選択。

しかも、フォーメーションも普段の 4-1-4-1 ではなく、柏木さんと青木さんをダブルボランチに置いた 4-2-3-1 でのスタートということで、決勝でいきなりこれやってくるメンタルの強さ、というかスカウティングの結果だと思いますが、第1戦でのアル・ヒラルをしっかり分析して、対策を練ってきたことがうかがえるスターティングラインナップとなりました。

第1戦はアウェーということもあってどうしても受けて入ってしまったことで相手の勢いに押し込まれて、なかなか前からプレスにも行けず、中盤のコンパクトネスも保てずにはじき返すのがやっとという状態に陥ったわけですが、さすがに第2戦はホームということで、しっかり最終ラインを上げて、前から相手のボールホルダーに対してプレスをかけることで、第1戦では好き放題やられたウチのサイドバック裏へのサイドチェンジを封じ、さらに、中盤で素早く相手を囲んで奪いきると、そのまま相手ゴールに迫るアグレッシブな試合を前半から展開してくれました。

特に中盤での長澤さんのプレスバック、そして球際での強さは飛び抜けていて、試合開始早々から相手に身体をぶつけてぶっ飛ばすとそのままゴール前まで持ち運んでシュートを放つなど、その持ち味をいかんなく発揮。こりゃすげぇって感じの働きぶりでした。

またボランチにポジションを下げた柏木さんも非常にやりやすそうな印象で、積極的にボールを引き出しては攻撃のリズムを作っていきます。

さすがにアル・ヒラルも相変わらず個々の選手の能力は高く、しっかりとポゼッションしてウチのプレスを要所要所で外してくるのでJリーグでは味わえないようなまたひと味違った緊張感のあるゲームになりましたし、前線で興梠さんが身体を張ってポストプレーに献身するも、さすがに屈強な相手ディフェンスに複数枚で対応されるとなかなかボールを収めることもできず、また前線に人数が足りない(これは堀さんになってからあまりリスクを取らない方向性になっているのでこの試合だけではありませんが)傾向はいつも通りで、いい位置でボール奪ってからのショートカウンターくらいが得点チャンスかなという展開。

それでもウチの選手たちは集中力を切らさず、アル・ヒラルの攻撃をしっかり封じつつ、何度か決定的なチャンスを演出するなど、互角の戦いを展開したまま試合は後半へ。

後半も15分を過ぎたあたりから、アル・ヒラルに押し込まれるシーンも増え、第1戦のように、セカンドボールが拾えず、はじき返すのがやっとの時間帯もあるなど、なかなか厳しい展開に持って行かれますが、それでも中央突破に固執気味のアル・ヒラルを阿部ちゃん、槙野さんのCBコンビが中心となってぶっ潰しまくると、さすがのアル・ヒラルも徐々に手詰まりな状況へ。

74分にはウガ→マウリシオさんとして、槙野さんを左サイドに、マウリシオさんと阿部ちゃんのコンビにして守備を強化。84分にはさすがに最前線で疲れの見えた興梠さん→ズラタンさんとして、ラファさんをワントップ、ズラタンさんを右ワイド、武藤さんを左ワイドへとシフト。このちょっと前だと思いますが、柏木さんと長澤さんを入れ替えることで柏木さんを1列上げ、相手の終盤の攻撃に備えつつも、カウンターで沈める準備をしたあたり、堀さんの策士ぶりが見てとれました。

そしてこれが功を奏した88分、中盤でボールを奪うと武藤さんが最前線のラファさんに絶妙な縦パス。これを相手に身体を当てながらうまく入れ替わったラファさんが一気にゴール前に持ち出すと、相手GKの位置を冷静に確認しつつ、強烈なミドルを北側、相手ゴールに叩き込んでアジア王者を一気にたぐり寄せます。

結局この1点を最後まで守り切ると、アディショナルタイム4分を終えて、ついに苦しい戦いに終止符が打たれ、埼スタに歓喜の瞬間が訪れました。

10年ぶりのアジア王者。10年は長かったし、リーグ戦ではここ数年タイトルに手が届く直前で滑り落ちていったり、色々と悔しい思いをしたけど、やっと報われたよと。

最後まで戦ってくれた選手たちはもちろん、堀さんをはじめとした監督・コーチ陣やスタッフの皆さん、そして道半ばで浦和を去ることになっちゃったけど、この土台を作ってくれたミシャさんや杉浦コーチにも本当に感謝したい、感慨深い夜になりました。

ということで、ウチの今シーズンの日程にクラブワールドカップが加わって、残す試合はリーグ戦の2試合と、クラブワールドカップということになりました。

リーグ戦の方は週が明けた水曜日に川崎戦がきて、さらにその週末には最終節のマリノス戦が控えている状況で、あまり休む暇もないのですが、残り2試合はしっかり集中して戦って頂いて、シーズンをいい形で締めて欲しいなと思います。

おまけ

久しぶりのACL決勝ということで、試合当日の様子を記録しとこうと動画を撮影してたのをまとめたので下記にアップしておきました。試合開始前と、試合が終わったあとの喜びに沸く埼スタがある程度収まっていると思いますのでよかったらどうぞ。

試合データ

観客: 57,727人
天候: 晴
試合結果: 浦和 1-0 アル・ヒラル(前半0-0)
トータルスコア: 浦和 2-1 アル・ヒラル
レッズ得点者: ラファエル・シルバ(88分)
警告・退場: ウガ(警告×1)、槙野(警告×1)、長澤(警告×1)
主審: ラフシャン イルマトフ 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る