Keep on Jumpin'

2017 Jリーグ 第16節 ベストアメニティスタジアム アウェー サガン鳥栖戦

リーグ戦、前節は磐田を相手に非常に悔しい逆転からの再逆転負けという負け方をして、5月以降のリーグ戦は1勝3敗1分と、負けが先行してしまっている苦しい状況。 とはいえ、こんなことで凹んでばかりもいられな...

リーグ戦、前節は磐田を相手に非常に悔しい逆転からの再逆転負けという負け方をして、5月以降のリーグ戦は1勝3敗1分と、負けが先行してしまっている苦しい状況。

とはいえ、こんなことで凹んでばかりもいられない、ここからどう立て直すかにチームとしての力が試される第16節は、アウェーの地でサガン鳥栖との対戦。

アウェーでの鳥栖さんといえば数年前まではリーグ終盤戦での対戦が多く、あまりいい思い出もない(九州は食べ物がおいしいので遠征自体は楽しいんですけどね)地でもありつつ、一昨年、去年は今年同様中盤戦での対戦。一昨年は大量得点で勝利して多少苦手意識もなくなったのかなーとか、主にユン(尹晶煥)さんが監督でなくなってからは多少怖さもなくなった感はありますが、高くて強いFW、運動量のある中盤と、厄介な相手であることには変わりありません。

2017 Jリーグ 第16節 ベストアメニティスタジアム アウェー サガン鳥栖戦

今日は予定合わなくて現地行けなかったのでDAZN観戦。現地に行かれた方々、お疲れ様でした。

さて、今日のスタメンは最終ラインに森脇、遠藤、槙野。ボランチに阿部ちゃん、柏木。両ワイドに駒井と関根。武藤、興梠をシャドーに、ラファエル・シルバのワントップ。GKは西川。

ラファさんが久々にスタメン復帰。膝の負傷でウガが離脱していますが、ベンチにはウメ、先日の天皇杯では後半からボランチに入ってなかなか良い働きをしていた長澤さんが名を連ねました。

鳥栖は豊田選手が負傷離脱か不在。トップに小野選手、イバルボ選手を並べた2トップの布陣。守備時には5バック気味にしてスペースを埋めつつ、中盤で運動量豊富に素早くプレッシャーをかけてくるやり方。ウチとしてはそのプレスをうまく外せるか、さらに中盤で走り負けず、セカンドボールをうまく拾って厚みのある攻撃を繰り出せるかがポイントとなりました。

前半については鳥栖の中盤でのプレスになかなか効果的なビルドアップができないものの、前線の個人打開で何度かチャンスは作っていて、よくもないけど悪くもないという出来。

サイドでの崩しとしては森脇さんが駒井さんを追い越しながらオーバーラップしてというやり方がある程度形にはなっていましたが、一方で本来森脇さんがいるべき場所にいないことでトップに対する斜めの楔などが入らなくなる一長一短。

左サイドは関根さんがそれ程高い位置を取れなかったことで攻撃は右サイドに偏る形でしたが、クロスに対する中の入り方など、イマイチかみ合っていない点も多く、なかなか本来のウチの良さが発揮されないモヤモヤする展開。

とはいえそこは焦る必要もなく、しっかりボールを動かして、相手の足が止まる終盤にかけてうまく押し込んで崩せればいいかなという流れ。

後半も流れ的には同様の展開ながら、徐々にチャンスを作り始めた矢先の65分、コーナーキックから、マークをうまく外されたところで小野選手に頭で合わせられて失点。ここのところの我慢できない守備面の課題が今日もでた失点で、折角の流れを相手のワンチャンスで持っていかれてしまいました。

70分過ぎからは、鳥栖は完全に割り切って引いてブロックを作るやり方に変更。5-3-2でブロックを作ってゴール前を固めるやり方になったため、ウチがボールを持って押し込むことはできるようになったものの、こういう展開は逆にウチにとっては難しい流れに。

選手交代は72分に武藤さん→忠成さん、さらに81分にはラファさん→ズラタンさんとして前線をリフレッシュ。交代策からは1点獲ってこいのメッセージがひしひしと感じられましたが、相手が引いてブロックを作っている中でなかなかスペースがなく、サイドにも中央にも人が多いのでシュートまで持っていくことが出来ない状況。

しかし、なんとかゴールをこじ開けようと諦めずに攻撃を繰り返しますが、最低でも1点獲って勝点1を...... と思っていた90分に試合を決めてしまう痛恨のミス。

最終ラインで森脇さんの不用意なバックパスをプレスかけられて奪われると、そのまま鳥栖の福田選手にフィニッシュされて2失点目を献上。これでほぼ試合は決まってしまいました。

終了間際に忠成さんがキッキングされてPKゲットしますが、時すでに遅し。返す返す、直前の2失点目が悔やまれる状態でそのまま1点差の敗戦となりました。

前半については焦れずに粘り強い戦いができていたと思いますが、後半にやっと流れが来た矢先の単純なマーキングミスと、終盤、追いつこうと奮戦している中でのパスミスからの自滅で2失点という、納得しがたいやられ方でこれでリーグ戦は3連敗。

リーグ戦中盤でちょっとトンネル入った感じになってしまっていますが、次はホームで今シーズンは不調にあえぐ広島との対戦。さすがにこれ以上の敗戦は許されない状況ですのでなんとしても次はホームで勝って、一旦悪い流れを切らないといけません。

なかなか前線でのコンビネーションも発動せず、サイドからの攻撃も精度を欠いて決定機につながらず、最終ラインは大事なところで失点につながるミスを連発するという状況的には結構ヤバイ状態なので、どうしようかなという感じではありますが、サポに出来るのは諦めずにサポートするくらいしかないですからね。ここで今一度サポとして出来ることを全力でやるしかないのかなと思います。

うまくいかないときに今までやってきたことを全部否定するのは簡単ですが、個人的には今まで地道に積み上げてきたものを信じて、チームが一丸となって今の苦しい状況を打開してくれることに期待したいと思います。

試合データ

観客: 17,913人
天候: 曇
試合結果: 鳥栖 2-1 浦和(前半0-0)
レッズ得点者: 李(90+5分/PK)
警告・退場: 森脇(警告×1/異議)
主審: 佐藤 隆治 氏
順位(第16節終了時点/暫定):9位(7勝6敗2分/勝点23/得失点差+14)