Keep on Jumpin'

2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝 第1戦 県立カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

リーグ戦が終わって1ヶ月近く経ってしまいましたが、やっと始まったチャンピオンシップ。いよいよ最後の2試合、これで今年のタイトルが決まる重要な試合がやってきました。 準決勝は川崎(年間勝点2位)×鹿島(...

リーグ戦が終わって1ヶ月近く経ってしまいましたが、やっと始まったチャンピオンシップ。いよいよ最後の2試合、これで今年のタイトルが決まる重要な試合がやってきました。

準決勝は川崎(年間勝点2位)×鹿島(1stステージ優勝)による対決になりましたが、先制した鹿島が1点を守り切っての勝利、決勝の対戦相手は鹿島とのホーム&アウェーによる対決となりました。で、まずはアウェーのカシマサッカースタジアムにて、第1戦から。

2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝 第1戦 県立カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

なんていうか、平日の鹿島は結構キツイっすね。平日鹿島っていつ以来? ってくらい久しぶりだったので忘れていましたが、22時前に試合が終わって、渋滞にハマりながら帰ってきたら余裕で日付変わってるし、次の日は仕事だしで、別に大して遠くもないわりには肉体的には色々と疲れる試合でしたが、まぁ結果は勝利だったので精神的にはすっきりしつつも、今頃になってやっとレビュー書いています。

さて、この日のスタメンは、最終ラインに森脇、遠藤、槙野。ボランチは阿部ちゃん、柏木コンビ。両ワイドがウガ、駒井。2シャドーに武藤、李。興梠のワントップ。GKは西川。ということで、久しぶりに前線の3枚が「KLM」になり、ウガが左のアタッカーとして先発という並び。

試合展開について、前日に「2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝 浦和レッズvs鹿島アントラーズ 大会ルールの確認と展望」って軽めのプレビューを書いたんですけども、ウチにとってはレギュレーション上、失点さえしなければ優勝が決まるわけで、リスクを負って勝ちに行くよりは、とにかく失点しないことを第一にという入り方は正しい選択。一方の鹿島も第2戦のことを考えればホームで勝っておきたいものの、こちらも無理にリスクテイクして先にアウェーゴールを食らうのは避けたいところだと思いますので、やはりお互いにリスクをかけずに慎重な入り。

鹿島も前からガンガンプレスに来るようなこともなく、4-4-2で適切に人を配置してウチのビルドアップを封じつつ、中盤で奪ってのカウンターという狙いが見える感じでしたし、ウチもさすがにリスク回避して、普段はワイドに高めのポジションを取る森脇さんや槙野さんが比較的後方に控える感じで、最終ラインでのビルドアップ時に引っかけられて危険な位置からのショートカウンターっていう流れだけは作られないようにという意図が見て取れました。

結果として前半についてはお互いにシュートも少なく、膠着した試合展開、しかしチャンピオンシップの決勝にふさわしい、迫力のある球際の攻防を含め、ぴりぴりとした緊張感のある試合となりました。

後半の立ち上がりには、鹿島、土居選手からのパスに抜け出した遠藤選手にペナルティエリア内まで侵入され西川さんとの1対1の場面を演出されるやばいシーンがありましたが、これを西川神がファインセーブしてゴールを割らせず。大一番でのこのビッグセーブはこの後の試合展開を振り返れば、とても大きなプレーだったと思います。

待ちに待った先制点は後半12分(57分)。森脇さんとのパス交換でうまくマークを外しながらボールを持った柏木さんがアーリー気味なクロス。するとそれに反応してペナルティーエリア内でポジション争いした興梠さんが、マークしていた西選手に倒されてPKゲット。これを阿部ちゃんがきっちり決めて先制。

西選手のチャージは、ボールに対してプレーする意図が全く感じられず、駆け引きでうまく西選手の前に入った興梠さんの動きを止めるために腰でチャージしていますのでファールは妥当。逆に主審の家本さんはよくあれを見ていてくれたなと思います。

とにかく先制点を奪えたことで、後は引き続きリスクを回避しつつ守りに行く流れになります。ウチは守ろうと思って引いてしまうと結構やられるケースが多いのでドキドキしましたが、それでも68分には駒井さん→関根さんとしてサイドをリフレッシュ、74分には武藤さん→青木さんとして中盤を締めつつ、柏木さんを1列上げて守備の負担を低減しつつ、最後、81分には興梠→ズラタンさんとして、終盤、鹿島のパワープレーに備えを打ちつつなんとか逃げ切り、アウェーでの大きな1勝と、アウェーゴール「1」を奪ってホームに戻ることができました。

これで第2戦は、引き分け以上でウチのリーグタイトルが決まります。敗戦するにしても1失点までならウチの優勝。2失点以上して敗戦すると逆転で鹿島ということになります。状況的には圧倒的に有利、かつ1つ前の記事でも書いたとおり、過去のチャンピオンシップにおいて第1戦勝利チームの優勝確率は100%と、楽観的になりそうな空気ではありますが、鹿島も次は死ぬ気で勝ちに来るでしょうし、まだ全くわかりませんからね。

とにかくホームでの第2戦は、スタジアムを満員にして、全員で選手の後押しをし、ぜひ勝って気持ちよくリーグタイトルを獲れるように、ラスト1試合、気合い入れていきましょう。

おまけ

選手入場時のスタジアムの様子を手短に撮ってきたので上げときます。

試合データ

観客: 23,074人
天候: 晴れ
試合結果: 鹿島0-1浦和(前半0-0)
レッズ得点者: 阿部(57分/PK)
警告・退場: 阿部(警告×1/ラフプレー)、ウガ(警告×1/反スポーツ的行為)
主審: 家本 政明氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る