Keep on Jumpin'

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準々決勝 第1戦 ノエビアスタジアム神戸 アウェー ヴィッセル神戸戦

今年の途中からルヴァンカップに名称が変更されたJリーグカップ、ACLの関係でノックアウトステージ準々決勝から出場となった初戦は、アウェーで神戸と。 神戸とは先週末にもリーグ戦で対戦して悔しい敗戦。ミッ...

今年の途中からルヴァンカップに名称が変更されたJリーグカップ、ACLの関係でノックアウトステージ準々決勝から出場となった初戦は、アウェーで神戸と。

神戸とは先週末にもリーグ戦で対戦して悔しい敗戦。ミッドウィークのルヴァンカップ、さらに今週末には第2戦をホームで戦う、3連戦となります。同じチームとの試合ばっかりですが、去年は準々決勝で敗退した雪辱を果たすためにも、前節神戸にやられた借りを返すためにもしっかり勝ちたい第1戦は、悪い時間帯もありながらも、高木さんの1ゴール1アシストの活躍で2得点、1失点の勝利。アウェーゴール2つを持ってホームに帰ることができました。

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準々決勝 第1戦 ノエビアスタジアム神戸 アウェー ヴィッセル神戸戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

この試合も現地にはいけてないので、テレビ観戦です。

さて、今日のスタメンは、大幅に選手を入れ替え、最終ラインに森脇、那須、ウガ。ボランチは青木、阿部ちゃんコンビ。両ワイド、左に関根、右にウメ。2シャドーに武藤、高木。ズラタンのワントップ。GKは大谷。

代表で離脱中の西川さん、槙野さん(怪我)、柏木さん、航さんに加え、駒井さんは帯同せず、忠成さんや興梠さんもベンチスタートということで、直近のリーグ戦からは6人の選手が変更されたことになります。

基本的に神戸のやり方は前回対戦と変わらず。守備時5-4-1にして、中央の楔入ったところを奪ってからのカウンターという狙い。前回はそれに見事ハマってカウンター2発で終了しましたが、失点もさることながら、やはりいい時間帯に複数回あった決定機にきっちり点が取れなかったことが相手に流れを与えてしまう原因となりました。

それに対して今回は逆にこちらが少ないチャンスをしっかりと決めきり、先制点→追いつかれてからの追加点を前半のうちにしっかり取れたことが、ウチの流れでゲームを進められる大きな要因になりました。やっぱり先制点は大事。特にこの試合では得意の縦パスで裏のスペースに抜ける攻撃から、立ち上がりの6分に先制点が取れたことで、かなり精神的には楽になったのではないかと思います。

先制点は武藤さんの素晴らしい裏抜けから、サイドを駆け上がって中央にグラウンダーのクロス。これを中央でズラタンさんがおとりになりつつ相手ディフェンスを引っ張った後ろで走り込んできた高木さんがあわせてのもの。武藤さんの裏を狙う動き、中央でしっかりと複数枚がゴール前に入ってくる厚みのある攻撃と、ウチのやりたい形が出せた、良いゴールだったと思います。

ただその後、前半の35分に大谷さんへのバックパスにプレッシャーをかけたレアンドロ選手が大谷さんからボールをかっさらって同点に。直接的には大谷さんのミスですが(トラップした方向が非常に悪かったので)、パスをもらい直すディフェンスの動き直しも非常に悪く、パスコースがプレスをかけてくるレアンドロ選手と同軸上になってしまったことが大きな問題。

GKが誰であろうが、最終ラインからつなぐというチームコンセプトがあるのですから、きちんとアングルを作ってあげるという労を惜しんではいけません。たまたま普段は西川さんだから自分でなんとかしちゃってただけで、西川基準で周りが動くと、今回のようなミスが起こります。あの人特殊ですからね。

それでも前半終了間際の41分、高木さんの素晴らしいパスカットからショートカウンターを発動すると、スルーパスに抜け出したズラタンさんが、角度がないながらもキーパーをうまくかわすシュートで冷静にゴールに流し込んで追加点。再びリードを奪って流れを引き寄せました。

後半は何度か追加点のチャンスがあったものの決めきれず。ここでアウェーゴール3つ目をとってしまえばかなり楽になったのですが、さすがに中3日でのアウェー連戦の影響か、少し足が止まってしまったことで特に最終ラインの押し上げが遅く、中盤が間延びしてそのエリアで相手にセカンドボールを拾われ出すと、押し込まれる時間帯も長く、苦しい時間帯が続きます。

66分にはズラタンさん→忠成さん、武藤さん→興梠さんと、前線を2枚同時替え。ミシャさんとしては1点差の状況よりも追加点を取って2点リードして試合を決めてこいという感じだったと思いますが、前線がリフレッシュしても最終ラインと中盤が消耗して前に押し出す力がないため、ひとつ間違えるとオープンな打ち合いになりそうな流れ。

結局追加点は奪えず。そのまま1点リードで試合終了となりました。何度かやばいシーンもあったので追いつかれなくてよかったなという感じ。決して完勝という感じではありませんでしたが、まぁまだ90分ありますから、とにかくリードして折り返せたというのは大きいと思います。

ちょっと気になるのは後半アディショナルタイムにウメが痛めて交代したこと。怪我が大きくなければよいのですが。この日のウメは、縦に仕掛けて欲しいところでカットインしちゃうシーンが多く、クロスの精度もいまいちでそれ程右サイドで存在感を示せたとは言い難いのが残念でしたが、次に期待(追記:ウメの怪我は左の前十字靭帯損傷ということで重傷でした...... とにかく焦らずにしっかり治して復帰してくれることを祈ります)。

とりあえずこれで次のホームでの第2戦は、2失点以内であれば勝敗にかかわらずウチの準決勝進出が決まります。もちろん、勝って決めて欲しいですが、気持ち的にはかなり楽に挑めますね。希望としてはきっちり2連勝して勢い付けて、リーグ戦の鳥栖戦につながるような試合にして欲しいです。

そういえば今日のレフェリーの方、ポジショニングが悪かったですね...... まぁなるべく近い距離でジャッジしたいのはわかるんですが、両チームともプレーの邪魔になるところに何度か立たれて選手のプレーに影響が出てましたし。若いレフェリーに経験を積ませるのも必要かとは思いますが、ノックアウトステージ以降はJ1での経験がきちんとあるレフェリーを選んで欲しいものです。

試合データ

観客: 7,001人
天候: 晴れ
試合結果: 神戸1-2浦和(前半1-2)
レッズ得点者: 高木(6分)、ズラタン(41分)
警告・退場: 森脇(警告×1/遅延行為)
主審: 荒木 友輔氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る