Keep on Jumpin'

2016 Jリーグ 2ndステージ 第4節 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

前節はアウェーで勝利してミシャさん体制になって初の5連勝、そのままの勢いで連勝を伸ばすべくホーム埼スタに迎えたのは大宮アルディージャ。ホームでのさいたまダービーでしたが、2度のリードも守り切れず、厳し...

前節はアウェーで勝利してミシャさん体制になって初の5連勝、そのままの勢いで連勝を伸ばすべくホーム埼スタに迎えたのは大宮アルディージャ。ホームでのさいたまダービーでしたが、2度のリードも守り切れず、厳しい言い方ですがつまらない失点で同点に追いつかれると、そのまま2-2の引き分け。勝点1を分け合う結果となりました。

ちょっと久々に腹の立つ勝点の落とし方で、前節、苦手な相手、スタジアムで苦しいながらも勝点3をとって、これでひと皮むけたかなと思った矢先にこういう試合で勝点を落とす。もちろん大宮が簡単な相手でないことはわかっているので、楽に勝てなどとは思いませんが、今日に関して言えば2度のリードを勝点3に結びつけられないような試合しててタイトルなんか獲れねぇっすよ。

それでただでさえ腹立たしいのに加えて試合終わりに「5連勝後の引き分けでブーイングしないで欲しい」なんて某選手のぬるいインタビューなんか読んだ日にはですね、何もわかってねぇなと、ダービーだからとかだけじゃないんすよ主力が抜けた大宮相手に2度もリードしておきながら安い失点で引き分けにされてそれで引き分けでよかったですねなんて誰が思うんだよそうやって落とした勝点で去年まで連続してタイトルを獲り損ねてきてるだろうよいい加減気がつけってんだよそんなやわなメンタルで浦和の10番背負うなんざ片腹(以下自重

2016 Jリーグ 2ndステージ 第4節 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

さて、今日のスタメンは最終ラインに槙野、遠藤、森脇の3枚。ボランチは阿部ちゃん、柏木コンビ。両ワイドに関根とウガ、2シャドーに李、武藤。興梠のワントップ。GKは西川。前節と同じスタメンでスタート。ベンチに久々にズラタンさんが戻ってきました。

大宮さんは4-4-2のフォーメーションで、前からのプレスはかけずに4-4でブロックを作って中央を固めてくる守備。中央ではウチを自由にさせず、奪ったらサイドの裏を使った攻撃につなげる策。

中央にペチュニク選手っていうターゲットがいるので、サイド裏のスペースを使って中央へのクロスで得点を狙うっていうシンプルなやり方。ウチとしては失い方が悪いと両サイドが縦に長い距離を走らされるし、横からのクロスにデカいターゲットマンってウチの守備が一番苦手なタイプなのでやりにくい相手だなという印象。

それに対してウチはいつも通り大きめのサイドチェンジや裏抜け一発のパスでチャンスを作っていきます。この日は曇りながらも非常に蒸し暑いコンディションで、90分走るサッカーをやるウチにとっては厳しいコンディション。

我々観てる方ですら結構キツイ蒸し暑さだったので、ピッチの選手は大変だなと思いながら観ていましたが、だからこそ早いところ先制点とって少しペースダウンするような展開が必要だなと。その意味で前半に素晴らしい直接フリーキックを柏木さんが決めてくれたのは非常に大きかった。

37分、ペナルティーエリア右隅の絶好のポジションでフリーキックを獲得すると、これを柏木さんが100点満点のスーパー名フリーキックを直接たたき込んで先制。相手GKは順大さんですから、柏木さんの癖も知り尽くしているわけで、恐らくニアサイドに蹴ってくることは予測していたと思います(実際に中央にポジションを取っていたし)。それでもその予測を超えた速度と角度でゴール右上隅にぶっさしたフリーキックは素晴らしいゴールでした。

ところがこのまま1-0で前半を折り返してもらえればよい状況で、前半アディショナルタイム、少しボールへの寄せが甘くなったところで大宮に押し込まれると、森脇さんがクリアミスして大宮のコーナーキックに。このコーナーから江坂選手に頭で合わせられて失点。試合を振り出しに戻されてしまいました。

江坂選手のマークが誰だったのか現地ではわかりませんでしたが、完全にマーク外されてフリーでやられましたので、ラストワンプレーで集中切らしてああいう形で失点するっていうのはちょっと残念だなと。

後半は大宮の運動量が落ちたことで中央にスペースができはじめ、ややオープンな展開に。大宮の守備スライドも後手に回るようになると、かなりサイドが自由にボールを持てるようになったことで一気に押し込む流れになりました。

そんな流れの中、右サイドで思い切って仕掛けた関根さんからの絶妙なクロスに、ここのところ得点がなくて(得点という意味では)スランプ気味だった武藤さんが、これぞ武藤さんっていう素晴らしいフリーランニングで中央に入ってくると、うまく頭で合わせて勝ち越し。待ってましたの寿司ゴール。この日ほぼ満員のスタジアムもこれは行けるっていう雰囲気になって勝ちをほぼ確信したのですが......

その10分後、ウガが決定機でヘディングを合わせたときに少し相手との競り合いで足をひねったようでピッチに倒れますが、そのままプレー続行可能ということでプレーに戻ります。ところがひねった直後で全く走れなかったウガが本来の守備ポジションに戻りきれずに開けたスペースを誰も埋めることなくマテウス選手に侵入を許し、そこからドリブルでカットインされてミドルたたき込まれるというお粗末な失点でまた試合は振り出しに。

この時、ウガの中途半端なポジショニングは問題外としても、彼が戻れないなら戻れないでそれを周りも早めに察知してポジション修正をするべきでしたし、ウガも結局その直後に交代するくらい痛めたのであれば、あのままピッチに倒れてタンカ要請しておけば試合は止まっていた訳ですから、ちょっと全体的に判断が甘かったと思います。

結局2度もリードしておきながら、自分たちのミスから2失点して勝点を失う形。相手を圧倒できる流れを作りながらもそれを活かせず、それどころか終盤の大宮の猛攻によっては下手すれば逆転されていてもおかしくないような試合展開に持って行ってしまったことは素直に反省すべきだと思います。

今節、首位の川崎、2位の鹿島共に引き分けていますが、両チームとも先制して勝てる試合を落とした引き分けではなく、相手に先制され、リードされる苦しい展開を引き分けに持って行った「悪いながらも勝点1をもぎ取った」という試合でした(詳しく内容みてないのであれですが)。ウチの引き分けはそれとは違いますからね。明らかに勝点2を落とした試合。こういう差があとで響いてくるんで心配してるわけです。5連勝後だろうがなんだろうが、こういう試合してたらまたあと一歩でタイトル惜しかったですねで終わる屈辱を味わうことになりますよと。

ちなみにこの日の選手交代は57分に忠成さん→青木さん、興梠さん→ズラタンさんと2枚替え。あとでインタビューを聞いた限り、興梠さんは腰を痛めての交代だそうで、たしかウォーミングアップ時にも興梠さんちょっと倒れてて、心配したんですが(そのときはちょこっと足をひねったみたいですね。影響はなかったとのことですが)、彼がいるといないとでは前線でのボールの収まり方が全く変わってしまうので、惜しい交代でした。

最後の交代カードは69分にウガ→駒井さん。駒井さん個人をどうこう言うつもりはないですが、この交代については全く機能しなかったので期待を大きく裏切られました。縦に抜けるスピードやクロスの質からいえばウメの方が流れを変える可能性があったかもしれませんけど言っても仕方ないので言わない。

さて、なんか今回は愚痴が多くなってしまいましたが、次はアウェーで鹿島との大一番。上位との直接対決は絶対に負けてはいけない試合になります。ぶっちゃけ内容なんかどうでもいいから勝点3を獲らなければならない戦いですから、多分また暑い中、厳しいコンディションでの試合になると思いますが、サポも気合い入れてサポートしていきましょう。

試合データ

観客: 53,951人
天候: 晴
試合結果: 浦和2-2大宮(前半1-1)
レッズ得点者: 柏木(37分)、武藤(59分)
警告・退場: ウガ(警告×1/反スポーツ的行為/次節出場停止)、関根(警告×1/遅延行為)
主審: 家本政明氏
順位:(2nd第4節終了時点): 年間3位(13勝4敗4分/勝点43)/ 2ndステージ 3位