Keep on Jumpin'

2016 Jリーグ 2ndステージ 第3節 ユアテックスタジアム仙台 アウェー ベガルタ仙台戦

前節はホームで柏に2-0と快勝して4連勝。ミシャさん体制になってからはまだ未踏となる5連勝に向けて乗り込むのは、相性的には最悪なアウェー仙台戦。 ミシャさん体制になってからはアウェー仙台戦で勝利なしと...

前節はホームで柏に2-0と快勝して4連勝。ミシャさん体制になってからはまだ未踏となる5連勝に向けて乗り込むのは、相性的には最悪なアウェー仙台戦。

ミシャさん体制になってからはアウェー仙台戦で勝利なしというまさに鬼門ですが、上位チームが負けてくれない関係上、こちらも勝点を落とすと厳しい状況で、なんとしても勝点3をゲットしたい試合。

仙台は3連敗中ということで、調子が落ちている状態とはいえ楽な試合にはならず、後半アディショナルタイムまでスコアレスでもつれたゲームは、終了間際の興梠さんゴールという劇的な幕切れで見事鬼門を粉砕、ミシャさん体制で初の5連勝とあわせて、勝点3を奪って帰ってきてくれました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第3節 ユアテックスタジアム仙台 アウェー ベガルタ仙台戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

仕事の関係で現地には行けなかったのでテレビ観戦。レビュー書くのも遅くなってしまったので簡単にまとめます。

今節のスタメンは、最終ラインに槙野、遠藤、森脇の3枚。ボランチは阿部ちゃん、柏木コンビ。両ワイドに関根とウガ、2シャドーに李、武藤。興梠のワントップ。GKは西川。レッドカードによる出場停止から槙野さんが復帰。那須さんには遠藤さんが不在の間、活躍してもらうとして、一旦いつものメンツになりました。

仙台は4-4-2で中央を固めつつ、サイドに対してはスライドで対応するという、前節対戦した柏と同じやり方。5バックにして戦線の人数を合わせてくるか、4バックのまま中央を厚くして守るかっていうのが、ウチに対する大まかな対策としては挙げられますが、仙台は後者のやり方。中央に入ってきた楔を潰して、ウチのサイドの裏のスペースを狙ってカウンターという狙いですね。

ボランチの1枚が最終ラインに落ちることで、5バックになるときもありますが、基本的には4-4-2のラインを維持しつつスペースを埋め、前線、中盤からしっかりプレスかけて奪ったらスペースへというのが徹底されていました。

特に前半、仙台の各選手が元気なうちは、ほぼ相手のプラン通りだったんじゃないでしょうか。この日は雨が強く、ボールをつなぐウチにとっては少しやりにくい状況(ピッチコンディションもそうだし、トラップなどでも水でミスが起きやすい)でしたし、全体的にプレー精度が上がらないことや、中央は相手守備が堅い、両ワイドもスペースを消されて有効な仕掛けができなかったため、チャンスらしいチャンスは作れないまま時間が経過していきました。

一方の仙台の方も最後のところのプレー精度、あとなんかありがたいことにセットプレー時にレフェリーが仙台のファールを連続してとってくれたことで本来危険なセットプレーもピンチにならず、ここは結構ラッキーだったかなと。

過去、アウェーでの仙台戦はなんかしらんけどオープンな展開になることが多くて、点の取り合い、馬鹿試合が多いんですが、今回はお互いに最後のところのプレー精度を欠いてフィニッシュにつなげられず、両チーム、シュート数も増えないまま時間が経過していく堅い試合になりました。

仙台さんもここ数試合前半の早いうちに失点して、しかも複数失点の試合が多かったので慎重になったのだと思いますが、客観的には比較的退屈な試合だったと思います。

結局大きな山場もないまま90分が経過。これはアウェーで勝点1か...... まぁ仕方ないっすね~なんて諦めかけていた矢先の92分、興梠さんの前線での絶妙な動き出しに対して柏木さんからのこれまたタイミング、精度共に抜群のスルーパスが炸裂。これを興梠さんがうまくキーパーを寝かしてから浮かすボールでゴールに流し込み、ついに先制。アディショナルタイムの劇的な先制点で、貴重な勝点3をゲットしてくれました。さすがはウチのエース。

前節のレビューの最後にも書いたんですが、あの試合で柏木さん→興梠さんのホットラインによって興梠さんがうまく裏抜けしたシーン、現地ではオフサイド判定だったけど、ビデオで見たらぜってーオンサイドだった。って書いたんですが、今回は見事に決まりましたね。興梠さんの駆け引きのうまさと、柏木さんの視野の広さ、パス精度が見事に融合した素晴らしいゴールでした。

さて、この日の選手交代は3枚、70分に関根さん→駒井さんとして、サイドをリフレッシュ。72分には武藤さん→青木さんとして中盤での主導権を握りにいく交代。これで柏木さんは1列前へ。85分に忠成さん→ウメとして彼をそのままシャドーの位置へ。

選手交代的には定石通りですが、青木さんの投入移行は中盤でセカンドボールが拾えず、仙台に主導権を持って行かれそうな状況から、彼の投入でしっかり中盤でのボール奪取ができるようになったのはよい交代だったのではないかと。勝っている時は締めの青木さんっていうのよくやりますけど、今回は状況を見てうまく流れを変える交代カードを切ったんじゃないかなと思います。

さて、今週末の日曜日はホームに戻って大宮とのさいたまダービー。この勢いで6連勝と行きましょう。

オリンピック出場組は、次の大宮戦が一旦大会前最後の出場機会になりますが、興梠さんも今節のゴールでウチに加入以来連続している二桁得点を決めてくれましたから、ついでにもう少し得点を上乗せしてもらいたいのと、今節も無得点のトンネルを抜け出せなかった武藤さんには、久しぶりに寿司ゴールをぶちかましていただいて、気持ちよく2人をリオに送り出したいですね。

試合データ

観客: 14,056人
天候: 雨
試合結果: 仙台0-1浦和(前半0-0)
レッズ得点者: 興梠(90+3分)
警告・退場: 槙野(警告×1/反スポーツ的行為)
主審: 山本雄大 氏
順位:(2nd第3節終了時点): 年間3位(13勝4敗3分/勝点42)/ 2ndステージ 3位