Keep on Jumpin'

2016 Jリーグ 2ndステージ 第2節 埼玉スタジアム2002 柏レイソル戦

前節、アウェーでの2ndステージ開幕を数的不利な状況ながら逆転勝ちして1stステージから続く連勝を3に伸ばして迎える2ndステージのホーム開幕戦は、柏レイソルを迎えて。 ホームでの柏戦は相性的には悪く...

前節、アウェーでの2ndステージ開幕を数的不利な状況ながら逆転勝ちして1stステージから続く連勝を3に伸ばして迎える2ndステージのホーム開幕戦は、柏レイソルを迎えて。

ホームでの柏戦は相性的には悪くないものの、相手はクリスティアーノ選手を甲府から復帰させるなど、ウチにとっては嫌な補強がされていたりと決して楽に勝てる相手ではないため厳しい戦いになることは予想できましたが、序盤の柏のプレッシャーを臨機応変にかいくぐると、中盤以降はウチがペースを握っていつも通りの良さを出し2得点、守備もしっかりハードワークして久々の無失点。快勝して連勝を4に伸ばしてくれました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第2節 埼玉スタジアム2002 柏レイソル戦

さて、今日のスタメンは、最終ラインに遠藤、那須、森脇の3枚。ボランチは阿部ちゃん、柏木コンビ。両ワイドに関根とウガ、2シャドーに李、武藤。興梠のワントップ。GKは西川。前節レッドカードもらって出場停止の槙野さんのところは、那須さんを中央に入れて遠藤さんを右サイドに出し、左に森脇さんを移動させる策を取りました。

柏は4-4-2で前線の2トップがウチのビルドアップにプレスかけつつ、中盤でもかなりのハイプレスできていました。序盤こそそのハイプレスになかなかウチがボールキープできず相手にポゼッションされたものの、そこで無理せず相手の高い最終ラインの裏を狙って縦1発のボールを何度か供給しながら相手中盤を下げさせ、2トップとの距離感を広げると、できたスペースを使って今度は大きいサイドチェンジで逆サイド、フリーのスペースをウガや関根さんに攻略させる流れ。

柏は4バックによるスライドでの対応だったため、サイドチェンジを多用して逆サイドフリーのスペースを使うウチが得意とする形が出しやすく、さらに幸いなことに天候が曇りでこの季節にしてはかなり涼しかったため、両サイドの運動量も終盤まであまり落ちず、結果的に先制点以降はほぼウチが主導権を握った状態で試合を進めることができました。

先制点は頼れるキャプテン、阿部ちゃんのスーパーな直接フリーキック。武藤さんが相手ゴール前、こちらから見て相手ペナルティーエリア左隅付近でファールをもらうと、ボールをセットしたのは阿部ちゃんと柏木さん。

個人的にはあの位置なら右足で蹴れる人がいいなと思って見ていて、そうなると阿部ちゃんか武藤さんくらいしか蹴れる人がいないため、久々に阿部ちゃんのフリーキックが見られるかななんて期待してたんですが、柏木さんが先にスタートしてボールをまたぐと、次の瞬間阿部ちゃんの右足から放たれたシュートは、コース、角度、スピード共に完璧で、ゴール左上隅に突き刺さるゴラッソ。フリーキックの名手ここにありという素晴らしいゴールでした。

もうね、多分みんな思ってることだと思いますけど、阿部ちゃんはもっとフリーキック蹴った方がいいよ。元々フリーキックうまいんだし、今のウチでも柏木さんに匹敵する能力の持ち主なんだからさ。

前半はそのまま1点リードして折り返し。後半も前半握ったペースをそのまま維持して入りますが、後半開始早々の50分、忠成さんのスーパーボレーシュートが決まって追加点。

このゴールはウチの得意の形と忠成さんの身体能力、シュートセンスが全部出た素晴らしいゴール。ウガから中央に斜めの楔、これを興梠さんがワンタッチで一旦忠成さんに落としつつ縦に→忠成さんはその興梠さんに再度ボールを預けつつゴール前に入っていくと、興梠さんが相手ディフェンスに当たらないように少し浮き球のパスを忠成さんへ。これを忠成さんが身体をうまく倒しながらボレーで合わせると、ボールは相手GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれました。

あのシュート、忠成さんはキーパーの位置を確認してわざとボールの下を蹴っているので、完全に狙ったゴールですね。あの状況で冷静にそれを狙いつつしかもボレーシュートの体勢からそれを実行する彼の能力には改めて感心しました。さすがだなと。前半、超簡単な得点チャンスで浮かせて失敗し、スタジアム全体をずっこけさせた忠成さんですが、名誉挽回の一撃でした。

その後は90分にわたって全員がハードワーク。前線の選手も含めていつも通りしっかりとプレッシャーをかけ続けて柏木自由にプレーさせず、何度かカウンター、セットプレーからピンチを招くものの、そこはしっかり守り切ると、リーグ戦では5月のアウェー大宮戦以来の無失点勝利。年間3位のポジションをしっかりキープしつつ、上位追撃の勢いをつける4連勝としてくれました。

後半の選手交代についても的確に、青木さんを入れて中盤を安定化(柏木さんを1列前へ)、イエローもらっていたウガをウメにかえてサイドをリフレッシュ、最後は石原さんを入れて興梠さんを少しお休みさせる余裕までありましたので、ピンチはあったものの完勝と言っていいんじゃないでしょうかね。

さて、次はミッドウィークにアウェーにて仙台戦。週末はホームに戻って大宮戦と、連戦になります。気候的にも90分ハードワークが求められるウチにとってはかなり厳しい時期ですがしっかり勝ちきって、連勝を伸ばしていきたいですね。

ちなみにオリンピック組がリーグ戦に出場できるのが次の週末の大宮戦まで。その後は最小で4試合、最大5試合、お留守になりますので、その意味でも特に興梠さんにはあと2試合で取れるだけ点とっていただいて、気持ちよくリオに旅立って欲しいなと思います(今日は得点がなかったけど、興梠さんが後半決めた幻のゴール、ビデオで見たらオンサイドだったからね)。

試合データ

観客: 27,875人
天候: 曇り
試合結果: 浦和2-1柏(前半1-0)
レッズ得点者: 阿部(32分)、李(50分)
警告・退場: ウガ(警告×1/反スポーツ的行為)
主審: 村上伸次 氏
順位:(2nd第2節終了時点): 年間3位(12勝4敗3分/勝点39)/ 2ndステージ 4位

Recent Entry

全ての記事一覧を見る