Keep on Jumpin'

2016 Jリーグ 1stステージ 第13節 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

アウェー2連戦(大阪 / 広島)を両方負けて帰ってきて、リーグ戦3連敗と厳しい状況で迎えた1stステージ終盤5連戦の4戦目、ホーム埼スタに迎えたのはFC東京。ACLの関係で延期になっていた第13節。こ...

アウェー2連戦(大阪 / 広島)を両方負けて帰ってきて、リーグ戦3連敗と厳しい状況で迎えた1stステージ終盤5連戦の4戦目、ホーム埼スタに迎えたのはFC東京。ACLの関係で延期になっていた第13節。これで未消化の試合はなくなります。

とりあえず1stで取れるだけの勝点は取って、上位にこれ以上差を開かれないように付いていくためにも、そして苦しい連敗を脱出して悪い空気を払拭するためにも、この試合は内容ともかく勝利という結果がどうしても必要な試合でした。

結果的には逆転勝利して連敗ストップすることができましたが、立ち上がりからFC東京の堅い守備に攻撃陣が封じ込まれると、自陣でのミスと守備の連携ミスから前半のうちに2失点するっていう最悪の立ち上がり。

後半はFC東京の守備バランスが崩れたことで逆転ができましたが、色々と課題が見える試合となりました。まぁ今節はとにかく勝つことが大事だったので今日のところは素直に勝利を喜ぶでよいと思いますが。

2016 Jリーグ 1stステージ 第13節 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

さて、今節のスタメンは、最終ラインに森脇、遠藤、槙野の3枚。ボランチは阿部ちゃん、柏木コンビ。両ワイドに関根とウガ、2シャドーに李、武藤。興梠のワントップ。GKは西川さん。久々に前線にKLMがそろい踏みでのスタートとなりました。

対するFC東京は4-4-2のフォーメーションから、ウチの両ワイドに対しては2列目の両翼が最終ラインまで下がって対応する形の守備時、5-3-2 もしくは 6-2-2 のような守り方で、両サイドのスペースに対応しつつ、中央の人数と距離感をきちんと保つ守備ブロックの作り方。

結果としてウチのサイドはなかなかフリーになれず、サイドに振っても中には相手守備の人数がそろっているため、中央は堅くてこじ開けるの大変という形で、相手ディフェンスラインの前ではパスが回せるものの、そこからアタッキングサードに入ったところで攻撃が停滞。また、無理に楔入れて相手守備ラインに引っかかると、そこから前線のムリキ選手、ネイサン バーンズ両選手を起点にしたカウンター食らう流れで、ボールを支配はしているけれど決定機は東京の方が多い前半でした。

それでも前半立ち上がり10分くらいまではウチの攻撃もそれ程悪くはなかったんですけどね。興梠さんがフリーでヘディングしたシーンなど、2回ほどチャンスといえる場面がありましたが、そこでは得点できず。こういう時って1つのプレーでこちらに傾きかけていた試合の流れみたいのが、相手にいってしまうケースって多々あるんですが、まさに今日もそういう事態が。

前半13分、最終ラインでのビルドアップ時、遠藤さんから阿部ちゃんに、少し無理目に入ったボールを米本選手が見逃さず、プレスをかけられると、阿部ちゃんが対応をミスってボール奪取され、そのままショートカウンターが発動。前線でフリーだったムリキ選手にパスが通るとそれを冷静に流し込まれて早々に失点。西川さん的にもノーチャンス、しかもまたしても自分たちのミスからの失点。

連敗でただでさえピリピリしているところに、こういう失点で先制されると、スタジアムの空気は悪くなるし、それが余計に選手にプレッシャーのようにのしかかってプレー精度が低下→さらにスタジアム全体がイライラという悪循環。

さらに31分にはネイサンバーンズ選手の仕掛けに対してディフェンス3人で対応に行くも、奪いきれずにこぼれたボールにいち早く反応した橋本選手に追加点を押し込まれて2失点。ボールのこぼれ方自体は不運な面もありましたが、守備の連携ミスから橋本選手をフリーにした点など、ウチの守備対応にも問題が多く見られました。

そのまま2点リードされて後半へ折り返し。

後半開始直後もFC東京の守備は堅く、カウンターからあわや3失点目というシーン(西川さんが神セーブで触ってくれたのでポストに当たって助かりましたけど)をまたもムリキ選手に作られるなど、流れ的には前半と変わらず苦しい展開。

58分には1枚目の交代カードを切り、関根さん→駒井さんとして、今日はサイドでなかなか思い切った仕掛けができていなかった状況を改善する策に出ますが、この辺りからFC東京の守備に変化が。

前半から最終ラインまで下がってウチのサイドに対応するため上下動し続けていた両ウィングの運動量が落ち、戻りきれずに4-4-2のまま対応する形になったり、逆に最終ラインに吸収されたままラインを上げられずに引いてしまうような状態になってくれたため、ウチの両ワイドが活きはじめ、攻撃に人数がかけられるようになると徐々に試合はウチのペースに。

そんな矢先の66分、サイドに流れた興梠さんがうまく中央に折り返すと、中で槙野さんが見事なヘディングをあわせてまずは1点返します。さらに続く72分には、大きいサイドチェンジから駒井さんがサイドでダイレクトに中央への折り返し→それを興梠さんがうまく落として、ミドルレンジから槙野さんが技ありのミドルシュートをゴール左隅に突き刺し同点。

この2得点とも、サイドへの揺さぶりで相手中央のディフェンス各選手の距離を広げといて、その上で中央に入ってきた選手に合わせる、もしくはそこからマイナスに落として、2列目の選手がミドルといった元々のウチの狙いを再現できた得点。その状況をこちらが作ったというよりは後半、相手が守備のバランスを崩してくれたことが大きかったとは思いますが、久々にウチらしい攻撃が見られてその点はよかったと思います。

さらに同点に追いついて数分後の78分には、ゴール前でのセットプレーからこぼれ球を阿部ちゃんが豪快なミドル→強烈なシュートはクロスバーに弾かれますが、運良く跳ね返ったボールが忠成さんのところへ。これを恐らくトラップしようとした忠成さんでしたが、ボールの勢いがすごかったせいで胸に当てたボールは大きく跳ね返ってそのまま相手ゴールに吸い込まれるとこれが決勝点となりました。

きれいに忠成さんのところにボールが跳ね返りましたが、チームに勢いがある時って、こういうボールも不思議と自分たちに有利なところにこぼれたりするものです。運も味方に付けるというか、そういう意味で復調の兆しを感じられる3得点目でよかったんじゃないかなと思います。

あとは残り時間を冷静に守り切って久々の勝利。足踏みはしましたが、勝点も30に乗せることができました。

2016 Jリーグ 1stステージ 第13節 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

さて、これで1stステージは残すところ最終節のみ。土曜日にホーム埼スタで神戸との対戦になります。槙野さんが今節イエローカードをもらってしまったことで出場停止ですので、ここに誰を入れるのか、また加賀さんなのか、那須の兄貴を入れて遠藤さんをサイドに出すといった変化球でくるのか、槙野さんの不在は大きいためどうなるか気になりますが、とにかく1stの最後はきっちり勝って終わり、1位、2位との勝点差を極力詰めて2ndにつなげたいですね。

試合データ

観客: 24,368人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和3-2FC東京(前半0-2)
レッズ得点者: 槙野(66分)、槙野(72分)、李(78分)
警告・退場: 李(警告×1/ラフプレー)、森脇(警告×1/反スポーツ的行為)、槙野(警告×1/反スポーツ的行為/次節出場停止)
主審: 飯田淳平 氏
順位:(1st第16節終了時点): 3位(9勝4敗3分/勝点30)

Recent Entry

全ての記事一覧を見る