Keep on Jumpin'

2016年5月の記事一覧

2016年5月の記事一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

2016 Jリーグ 1stステージ 第14節 ベストアメニティスタジアム アウェー サガン鳥栖戦

ACLは残念ながらPK戦までもつれ込んだ激戦の末、ラウンド16で敗退し、残すは国内タイトルのみになってのJリーグ第14節は、アウェーサガン鳥栖戦。ウチがACLやってる間に他チームはJリーグの第13節を戦っていますので、現状ウチは2試合未消化の状態になっています。

さて、ベアスタでの鳥栖戦は、ミシャさん体制になって後、最初の3年間は、試合内容に関しては辛い思い出しかなくて(九州遠征自体は楽しいからいいんだけど)、サポの間でも鬼門とかいわれてましたけど、去年はその苦手も克服するような6得点で快勝。

実は去年は仕事の都合などで現地行けず、テレビで見ていたら怒濤のゴールラッシュがあって、今年もちょっと予定が合わなくて現地行けなかったので、もしかすると俺が現地行かないと勝つんじゃね?なんて期待してたんですけども残念ながら1点が遠く、スコアレスドローによる勝点1にとどまりました。

2016 Jリーグ 1stステージ 第14節 ベストアメニティスタジアム アウェー サガン鳥栖戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

Continue reading

ACL 2016 ラウンド16 第2戦 ソウルワールドカップスタジアム アウェー FCソウル戦

1stレグはホーム埼スタで1-0とアウェーゴールを与えず勝利し、ソウルに乗り込んでの2ndレグは比較的優位に試合を進められる状況での対戦となりましたが、PKまでもつれ込んだ試合は、勇戦むなしく敗戦となってしまいました。今年のACLは終了です。

ACL 2016 ラウンド16 第2戦 ソウルワールドカップスタジアム アウェー FCソウル戦

画像はスカパー!より引用

Continue reading

2016/2017 競技規則の改正について、Jリーグでも7月から適用開始

少し前の話ですが、IFAB(国際サッカー評議会)が「2016/2017年度版 競技規則」について発表しました。IFABの歴史上最大の大幅改訂とのことで、サッカーの競技規則に興味のある方にとっては大きなニュースかと思われます。

直後のJFAの理事会報告事項(9ページ)でも改訂の意図や改訂内容のごく一部ですが日本語で挙げられています。

ちなみに2016/2017年度版競技規則の施行は2016年6月1日からになるため、欧州だとEURO2016が最初に適用される大会になるんですかね。欧州各リーグも5月で今シーズンが終わりますので、来シーズンからはこれが適用されますし、6月以降に行われる国際大会、例えばリオ五輪などもこの新しい競技規則が適用されます。

Continue reading

ACL 2016 ラウンド16 第1戦 埼玉スタジアム2002 FCソウル戦

Jリーグの方は少しお休みして、今週と来週のミッドウィークはACL決勝トーナメント。ベスト8をかけたラウンド16はFCソウルとの対戦になりますが、その第1戦はホーム埼スタで。

2戦合計で争われる決勝トーナメント。ホームでの対戦は当然しっかり勝つこと、もうひとつ、とにかく相手にアウェーゴールを与えてしまう失点しないこととが重要になります。そんな中、結果的には1-0のクリーンシートで勝利。しっかりとリスクマネージメントしつつ前半を立ち上がり、多少ラッキーな形ではありましたが先制点も奪って、ほぼ理想通りの勝ち方ができたのではないでしょうか。

ACL 2016 ラウンド16 第1戦 埼玉スタジアム2002 FCソウル戦

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第12節 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

前節はアウェーでのさいたまダービーを難しい試合ながらしっかりと制し、5連勝をかけて臨んだホームゲームはアルビレックス新潟戦でしたが、PK失敗なども含め1点が遠く、スコアレスドローで勝点1を分け合う試合となりました。

新潟とは楽な試合はないものの、対戦成績だけを見れば相性のよいチームですので、しっかり勝点3を獲っておきたかったのですが、まぁこういう試合もありますよねという感じで、こればかりは切り替えるしかないと思いますので、勝点1をポジティブに捉えて次のFCソウル戦に気持ちを持って行こうと思います。

2016 Jリーグ 1stステージ 第12節 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

Continue reading

三菱自工が日産の実質傘下に入る件、浦和レッズは自社株取得と株主間譲渡で独立するチャンスなんじゃないの?

三菱自動車工業(以下、自工)の燃費不正問題で、日産が自工に対する2000億円規模の巨額出資によって株式の約34%を取得、事実上の傘下に入れるというニュースがありました。

ひとまずは助けてくれる人が見つかってよかったですね。うまく血を入れ替えて立ち直ってもらいたいです。

さてこれに関連して、自工が50.63%を出資する(要するに会社法でいう自工の子会社である)浦和レッズ(浦和レッドダイヤモンズ株式会社)がどうなるのかという話が結構話題になっています。自工が日産の傘下(出資比率的には関連会社、もし今後日産が役員などを送り込んで経営的に支配すれば、子会社化もあります)に入ったら、浦和レッズも日産の傘下に入ってしまうの? という話。

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第11節 NACK5スタジアム大宮 アウェー 大宮アルディージャ戦

ゴールデンウィークの連戦も最終日。ホームでのACL浦項戦から中4日で迎えたJリーグ第11節はアウェーで大宮とのさいたまダービー。なお、第10節(アウェー ガンバ戦)はACLの関係で6月開催ですので、現状ACL組は1試合未消化という状態になります。

大宮さんがJ1復帰しての久しぶりのダービーでしたが、前半大宮の運動量を活かした効果的な守備とカウンターに苦しめられるも、柏木さんのゴラッソによる1点をしっかり守り切ってクリーンシートでの勝利。これでアウェーは第4節の湘南戦以来、連続無失点記録が継続中になります。

2016 Jリーグ 1stステージ 第11節 NACK5スタジアム大宮 アウェー 大宮アルディージャ戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

Continue reading

ACL 2016 グループステージ 第6節 埼玉スタジアム2002 浦項スティーラーズ戦

ACLグループステージは前節、アウェー シドニーFC戦で突破を決め、今節はグループステージ首位突破を賭けた戦い。対戦相手はすでにグループステージ敗退が決定している浦項。

首位突破がかかっているとは言え、中4日でJリーグの第11節、大宮とのダービーマッチが控えている連戦の中、主力を少しでも休養させるためメンバーを大きく入れ替えての対戦となりましたが、主力組とサブ組の実力差は大きく、90分戦って決定機と呼べるものはほとんど作れないまま引き分けで終わり、グループステージ2位通過が確定しました。

ACL 2016 グループステージ 第6節 埼玉スタジアム2002 浦項スティーラーズ戦

Continue reading