Keep on Jumpin'

ACL 2016 グループステージ 第5節 シドニー・フットボールスタジアム アウェー シドニーFC戦

Jリーグ仙台戦の翌日にはチームはシドニーに向けて出国、中3日で行われたACLグループステージ第5節は、シドニーFC戦。 ACL前節の広州恒大戦にホームで勝利したことで、前節終了時点でグループ2位。さら...

Jリーグ仙台戦の翌日にはチームはシドニーに向けて出国、中3日で行われたACLグループステージ第5節は、シドニーFC戦。

ACL前節の広州恒大戦にホームで勝利したことで、前節終了時点でグループ2位。さらに前日行われた同グループの広州恒大×浦項で、グループ最下位の広州恒大が勝利したため、ウチとしてはシドニーと引き分け以上でグループリーグ突破、勝利すればグループ首位が手に入る非常に重要な試合となりました。

ACL 2016 グループステージ 第5節 シドニー・フットボールスタジアム アウェー シドニーFC戦

テレビ観戦でしたが、しっかり勝点1をゲットしてくれて、見事グループステージ突破を決めてくれました。こんなに引き分けでいいって思って、引き分けで喜んだの久しぶりかも。

さて、スタメンは最終ライン、那須、遠藤、槙野の3枚。ボランチは阿部ちゃん、柏木コンビ。両ワイドにウメと関根。シャドーに武藤と李を置いて、ズラタンのワントップ。GKは西川さん。

森脇さんは前節もらったイエローカードの累積で出場停止。その位置には那須さんを入れる形。那須さん、本来はサイドの人ではないですが、遠藤さんを真ん中に置いた方が守備的にもビルドアップ的にも明らかによいため、そこはいじらず那須さんと森脇さんを替えるだけという策はよい判断だったと思います。

シドニーは前回、埼スタでの対戦時は5バックにして、5-4-1でブロック作ってコンパクトにってやり方をしていましたが、今回はオーソドックスな4-4-2で対応。しかし特にウチのやり方に対して効果的な策を打ってきたわけではないので、比較的ウチはやりたいようにやらせてもらえる展開。そういう意味で今回の対戦、埼スタならほぼ間違いなく複数得点で勝利していておかしくない内容でした。

ただ、今回試合が行われたシドニー・フットボールスタジアムは、数日前にラグビーの試合が行われた関係や元々のピッチコンディションの問題で芝の状態は最悪。ドリブルすればボールがはねるような状態ですし、運動量と速いパスが売りのウチみたいなチームにとってはかなり負荷のかかるピッチ。

前半の押し込めている時間帯に先制できていればよかったのですが、シドニーもさすがに守備は堅く、スコアレスのまま時間が過ぎると徐々にウチの選手の運動量も落ち始め、逆にシドニーがペースを握る終盤にという展開。

特にアクシデントでズラさんが58分に興梠さんと交代せざるを得ず、交代カードを1枚切らされてしまったのもあって少しやな展開。それでも70分に武藤さん→青木さんとして柏木さんを1列上げ、中盤の守備を安定化させると、83分には疲れの見える関根さん→駒井さんとしてサイドを活性化するも、その直後にウメが足つって終了。

関根さんの交代タイミング的に不運な感じでしたが、両サイドともいっぱいいっぱいっぽかったからどっちにしろ替えなかった方が終わってたと思います。

そこでチーム全体が引き分けを明確に意識したっぽいですが、そこからは冷静に時間を使って勝点1を死守モードに。この辺の冷静な判断がチーム全体でできたのは非常に大きかったかなと。まぁ途中交代で入った駒井さんあたりは納得いかないでしょうけど試合展開的に仕方ない。

そのまま90分を消化し、0-0で勝点1。グループリーグ突破を確定させました。

さて、連戦で大変ですが、シドニーから戻ると日曜日には今度はJリーグの首位対決。現在勝点差1で首位の川崎とアウェーで対戦です。ズラが怪我したり、ちょっと状況は厳しいですが(一方の川崎は同日のナビスコカップで主力しっかり温存しやがってたし)この勝負所でしっかり勝てるかが重要になりますので、サポも気合い入れてサポートしましょう。

現地に行かれた皆さん、お疲れ様でした。

試合データ

観客: 8,803人
天候: 曇り
試合結果: シドニーFC0-0浦和(前半0-0)
レッズ得点者: -
警告・退場: 関根(警告×1)
主審: モハメド・タキ 氏

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る