Keep on Jumpin'

2016 Jリーグ 1stステージ 第8節 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

ミッドウィークに行われたアウェーでのシドニーFC戦は連戦の中の厳しいコンディションにも関わらずしっかりと勝点をゲットしてグループステージ突破を確定させてくれましたが、そのアウェー遠征から中3日で迎える...

ミッドウィークに行われたアウェーでのシドニーFC戦は連戦の中の厳しいコンディションにも関わらずしっかりと勝点をゲットしてグループステージ突破を確定させてくれましたが、そのアウェー遠征から中3日で迎えるのは、アウェー等々力陸上競技場での川崎フロンターレ戦。

前節終了時点で川崎は今季負けなしの首位で3位に続くウチとは勝点1の差。まだシーズン序盤とは言え、ここはきっちりぶっ叩いて首位の座を手に入れておきたい重要な一戦でしたが、前線トライアングルの見事な連携から生み出された武藤さんのビューティフルゴールにより見事勝利。同日、得失点差でウチの上にいた鹿島が敗れたことで首位の座を奪うことができました。

2016 Jリーグ 1stステージ 第8節 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

今日のスタメンは、最終ラインに森脇、遠藤、槙野の3枚。ボランチは阿部ちゃん、柏木コンビ。両ワイドにウガと関根、シャドーに武藤、李を置いて、興梠のワントップ。GKは西川さん。

川崎は4-4-2スタートで、前線2枚はウチのビルドアップにプレスをかけるものの、後ろ4-4はコンパクトにブロックを作ってウチの縦パスを遮断するやり方。川崎にしては比較的守備的に入った感じでしたが、4-4のサイドをある程度ウチに使わせておいて、それで上がったサイドの裏をカウンターっていう狙いが見える立ち上がりで変なボールの失い方すると強烈なカウンターが飛んでくるので非常に緊張感のある対戦となりました。

一方でウチは攻撃はいつも通り、ピッチをワイドに使って左右に揺さぶりつつ、中央では柏木さん、あるいは遠藤さんから積極的に縦に付けていって、中央はワンタッチプレーを織り交ぜながらのコンビネーションで崩すやり方。

川崎の守備がタイトだったこともあって、最終的なフィニッシュまで持って行けるシーンは少なかったものの、崩しとしてはかなり効果的にできていましたし、少し引いた位置から興梠さんが放ったミドルシュートがクロスバー(ポストかな)を直撃するなど惜しいシーンもありました。

守備面では水曜日に遠方でのアウェーがあってその疲れが心配はされていましたが、そんなものを感じさせない運動量、攻守の切り替えも速く、ボールを失ってもすぐに複数人のハイプレスで奪い返せていたのと、さらに川崎の両ウィングがウチの両サイドに対応するためサイドに引っ張られるケースが多かったことからそれによって手薄になったボランチ前のスペースに遠藤さんや阿部ちゃんが積極的に前目のポジションを取ってセカンドボールを拾ってくれるため、カウンター狙いの川崎に多少持たされた感はあったものの、内容的には悪くない前半。

あとは早いところ先制点が欲しかった後半立ち上がり、前半は比較的守備的に入っていた川崎が一気に持ち前の縦にスピード感のあるサッカーを解禁。フォーメーションも3バックにして前に重心をかけてきましたが、やはり前にかかったときの川崎の迫力はさすが。これで立ち上がり5分は押し込まれてやばい時間帯があったものの、それをしのぐと今度は一転ウチの決定機。

カウンターから忠成さんが前線で溜めて落としたボールを興梠さんがうまくシュートフェイントでディフェンスをかわしてミドルシュート放つもコースが甘く相手GKのファインセーブ。さらにその直後にはディフェンスに当たってこぼれたボールがフリーの興梠さんの前に転がってGKと一対一もゴール上隅を狙ったシュートはクロスバー。特に2本目はキーパーもシュートブロックで先に倒れてくれててうまく浮かせば1点というチャンスだったので、ああいうのはきっちり決めて欲しいなと思う程、完璧な決定機でしたが得点には至らず。

ところがその数分後に決勝点となったビューティフルゴールが炸裂。サイドで森脇さんがボールを持った瞬間、興梠さんが斜めにランニングして相手ディフェンスを引っ張ると、それによって中央の忠成さんに斜めのパスコースが。それを見逃さず森脇さんが忠成さんに強めのボールを供給、それを忠成さんが自分で受けると見せかけての絶妙な優しさのヒールパスで背後の武藤さんに落とすと、それをワンタッチでコースを狙ってゴールに流し込む見事なシュート。

この前線3人の絶妙なコンビネーションに川崎守備も人数はいたものの全く対応できない状態で、ウチのコンビネーションサッカーが本領発揮した瞬間でした。

その後は前に出てくる川崎の攻撃を落ちない運動量と、ゴール前での身体を張った守備陣の奮闘で押さえ込み、逆にカウンターを当てて追加点を狙う展開が続きますが、結局そのまま先制点を守り切って勝利。川崎相手に無失点、1点を守り切って勝てたというのは高く評価してよい素晴らしいアウェーゲームだったと思います。

さて、これで一旦連戦が途切れて、1週間の猶予を持って迎える次節は、金曜日(祝日)にホームで名古屋と。目的はシーズン中盤で首位に立つことではなく、最終的に首位にいることですので、ここから下位を引き離して行くためにもきっちり勝点を取らなければならない試合となります。この勢いで連勝と行きたいものです。

2016 Jリーグ 1stステージ 第8節 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

試合データ

観客: 25,450人
天候: 晴れ
試合結果: 川崎0-1浦和(前半0-0)
レッズ得点者: 武藤(54分)
警告・退場: 阿部(警告×1/反スポーツ的行為)、関根(警告×1/反スポーツ的行為)
主審: 木村 博之 氏
順位:(1st第8節終了時点): 1位(6勝1敗1分/勝点19)