Keep on Jumpin'

ACL 2016 グループステージ 第2節 浦項スティールヤード アウェー 浦項スティーラーズ戦

ACLグループステージ初戦は、ホームでシドニーに勝利でスタート、その後のJリーグ開幕戦もアウェーで柏に勝利といい流れで公式戦2連勝して迎えたミッドウィークのACLグループステージ第2戦はアウェーで浦項...

ACLグループステージ初戦は、ホームでシドニーに勝利でスタート、その後のJリーグ開幕戦もアウェーで柏に勝利といい流れで公式戦2連勝して迎えたミッドウィークのACLグループステージ第2戦はアウェーで浦項と。

週末にはJリーグのホーム開幕戦(vs磐田)が中3日で控えている状況でメンバーを大きくいじって望んだ韓国アウェー。勝点1を拾ってきてくれれば結果的には上々という試合でしたが、残念ながらPKで奪われた1点を取り返せず、敗戦となりました。

ACL 2016 グループステージ 第2節 浦項スティールヤード アウェー 浦項スティーラーズ戦

今日のスタメンは最終ラインにヒラ、槙野、永田、橋本という4バック、アンカーの位置、ワンボランチのような形で那須。ウメ、高木を両ワイドに青木、駒井をシャドーの位置へ。ズラタンのワントップという4-1-4-1でスタート。

前2試合のようなハイプレスも我慢して、かなりリスクを回避したやり方をしていたので、恐らくの狙いとしては前半0-0でしのいで、後半勝負って感じの入り方。浦項は前線に高くて強いのがいるのと、比較的サイドや中央にロングボール蹴ってくるので、まずはきっちりサイドのスペースを埋めつつ、サイドに追い出してボール奪取という狙いが見えました。

浦項もさすがは強豪だけあって、ウチのシステムで空きがちな那須さんのサイドのスペースをうまく使いながら、トップに当てて落としてからのミドルや、そこからワンツーで中に入ってくるような攻撃を織り交ぜてくるのと、個の能力も高いので、例えばヒラのところなんかは何回か1対1でやられてピンチを招いていたり、なかなか簡単な試合ではありませんでした。

それでも前半を無失点でしのげればよかったんですけども、前半20分に相手ミドルシュートが槙野さんの手に当たってハンド判定。これがペナ内ってことでPK献上となり、これを決められて失点。ミドル打たれる前の時点で、ヒラのところが対人で負けてマークはがされ、マークがずれたことでバイタルにできたスペースを使われてフリーでミドル打たれるって形。ハンド自体は不運な出来事ではありましたが、完全に崩されたのである意味仕方ないかなと。

前半はそのまま1点ビハインドで終了。

後半、どんな感じで変えてくるかなと思っていたら、後半立ち上がり10分に、ミシャさん怒りの3枚替えが炸裂。あぁ今年もこの人は後先考えず・・・・・・ と思ったのは内緒ですけど、ある意味ミシャさんらしい交代で勝負に。

ヒラ→興梠さん、橋本さん→森脇さん、高木さん→石原さんとして、槙野さんリベロの、両サイドに永田さん、青木さんを置く3バックに。那須さんと駒井さんをボランチにして、森脇さんは普段から1列前の左サイド、ウメはそのまま引き続き右サイド、ズラもトップに置いたまま興梠さんをトップ下に入れてフォーメーション的にはいつもの形に戻したと。

これで、メンツはかなり変わっているものの、いつもの慣れている形になったことで攻撃面ではスイッチが入ってリズムも一気によくなりましたが、やはり人を変えているのでなかなか最後のところの精度が出ず、同点ゴールが遠い展開に。

その後、幸運なことに浦項の中盤で存在感のあったソン ジュンホ選手がこの日2枚目のイエローカードもらって退場に。ウチが数的優位になって浦項も引いたことで押し込む展開になりましたが、枠内シュートが全部相手GKの正面に行くっていう(これは相手GKのポジショニングがよいからなんですが)、もうちょっとでぇぇという状況が続くもどかしい展開に。結局そのまま1点を守り切られて敗戦となりました。

前半に関しては特にヒラのところと、逆サイド橋本さんのところが守備的にも攻撃的にもイマイチ機能せず、浦項のプレスも早く、球際も強いことでリズムに乗れない展開ながら、逆にいつもよりもゴールに近いところで使われた青木さんがトップ下で結構いい仕事してたりとそれなりに新しい発見も。

後半はいつもの形にしたことで流れはよくなりましたが、やはり両サイドのユニットが永田さん-ウメ、森脇さん-青木さんってまぁ今まであまり見たことない組み合わせになってたので、なかなか厚みのあるサイド攻撃というのは機能せず、興梠さんシャドー、ズラのトップという組み合わせもこれは去年からそうですがベストな組み合わせとは言いがたいため攻撃も単発になりがちで厚みのある攻撃にはならずと、やはり人を大きく入れ替えたことが微妙にクオリティを下げる結果となって、それがゴールが遠くなった原因かとは思います。

とはいえ、そんなに悲観するような内容ではなかったとも思いますし、人をこれだけ入れ替えてもある程度形にできるってのを見せてもらったので、人を替えたらなんか全然やりたいことできなくなっちゃいましたねっていってた去年以前と比べれば本当に進歩したなと。選手層が厚くなり、さらに戦術が浸透したことでほぼ誰が出てもある程度のレベルでは戦えるということがわかりましたから、それはポジティブに捉えていいんじゃないですかね。

さて、気持ちを切り替えて、週末はホームで磐田戦です。きっちり勝ってもう一度勢いを取り戻しましょう。

試合データ

観客: 7,000人
天候: 晴れ
試合結果: 浦項1-0浦和(前半1-0)
レッズ得点者: -
警告・退場: 那須(警告×1)、槙野(警告×1)、永田(警告×1/ACL次節出場停止)、石原(警告×1)
主審: Mohammed Abdulrahman 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る