Keep on Jumpin'

2016年の記事一覧

2016年の記事一覧を表示しています。(1 / 2 ページ)

2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝 第2戦 埼玉スタジアム2002 鹿島アントラーズ戦

アウェーでの第1戦を勝利で折り返し、ホームに戻っての第2戦。引き分け以上、もしくは1失点以内での敗戦ならウチの優勝が決まるという比較的有利な状態で始まった試合ではありましたが、残念ながら今年1年間の集大成といえるような試合にはならず、まさかの2失点敗戦して逆転で優勝を逃すという本当に徒労感だけが残る結果となって今シーズンを終えることになりました。

2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝 第2戦 埼玉スタジアム2002 鹿島アントラーズ戦

Continue reading

2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝 第1戦 県立カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

リーグ戦が終わって1ヶ月近く経ってしまいましたが、やっと始まったチャンピオンシップ。いよいよ最後の2試合、これで今年のタイトルが決まる重要な試合がやってきました。

準決勝は川崎(年間勝点2位)×鹿島(1stステージ優勝)による対決になりましたが、先制した鹿島が1点を守り切っての勝利、決勝の対戦相手は鹿島とのホーム&アウェーによる対決となりました。で、まずはアウェーのカシマサッカースタジアムにて、第1戦から。

2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝 第1戦 県立カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

Continue reading

2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝 浦和レッズvs鹿島アントラーズ 大会ルールの確認と展望

しばらく試合がなかったので全く更新していませんでしたが、いよいよ明日からチャンピオンシップの決勝、ホーム&アウェーでの対戦が始まります。

まずはアウェー、カシマスタジアムでの第1戦からになりますが、メモ代わりに大会方式のまとめと、今年の対戦からみる展望など簡単に。

jleague_championship_2016.jpg

Continue reading

第96回天皇杯ラウンド16(4回戦) 等々力陸上競技場 川崎フロンターレ戦

今年もリーグ戦の方はレギュラーシーズンを終えて、年間勝点1位を獲得した我々はチャンピオンシップ決勝へとシード。実際にチャンピオンシップが始まるのは11月後半と言うことで、それまでの間に天皇杯の4回戦と、代表戦ウィークが組まれている状態。

今年の天皇杯は、4回戦からの出場となる浦和が初戦で対戦するのはリーグ戦でもギリギリまで年間勝点1位を争った川崎フロンターレ。なんていうか、事実上の決勝戦みたいな組み合わせが4回戦で実現しちゃうっていう、もったいないというか、大変な天皇杯初戦となりました。

とはいえチャンピオンシップでも対戦する可能性がある相手。お互いに代表選手の離脱や主力を怪我で欠くなど完全なベストメンバーではないとはいえ、ここでどう戦うかで次に当たったときのメンタル面、試合の進め方にも多少影響を与える可能性がある重要な対戦。そういう意味ではきっちり勝っておきたかった試合でしたが......

第96回天皇杯ラウンド16(4回戦) 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第17節(最終節) 埼玉スタジアム2002 横浜F・マリノス戦

長かった2016シーズンのリーグ戦も今節で最終節。終盤の6連勝で前節には2ndステージの優勝も決め、年間勝点でもしっかり首位をキープした状態で迎えた最終節は、ホーム埼スタに横浜F・マリノスを迎えて。

マリノスさんとは1stステージでの対戦時、中央をきっちり締める守備と、俊輔さんのふらふら作戦(ポジションを固定せずに色々と動き回って攻撃に絡んでくる)に難儀しつつも全体としては相手を押し込みながら決定力を欠いて得点できず、結果としてスコアレスドローで勝点1を分け合う形になりましたが、今節はホームできっちり借りを返しつつ、自力で年間1位を決めたい試合。

相変わらずの中央をがっちがちに固めたやり方に我慢の展開となりましたが、焦れずに攻め続けた結果の先制点。自力年間勝点1位を一度は大きくたぐり寄せますが、終盤に縦一発裏に抜け出したマルティノス選手にやられて同点。他会場の結果を知らない現地組としてはまたか...... という悪夢が頭をよぎりますが、今シーズンは運も味方につけて、引き分けながら2位川崎が敗れたことで結果として念願の年間勝点1位を手に入れ、最高の形でレギュラーシーズンを終えることができました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第17節(最終節) 埼玉スタジアム2002 横浜F・マリノス戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第16節 エコパスタジアム アウェー ジュビロ磐田戦

前節はアウェーで新潟相手に終了間際の劇的な決勝ゴールで勝点3をゲット。年間勝点1位と2ndステージ首位をキープして迎える第16節は引き続きアウェーで磐田と。

前節、今節とどちらも残留争い中の相手とのアウェー対戦。端から見れば首位のチームが下位に負けるなんてないよねと思われてしまうことが多いですが、実際には非常に難しい試合になるのがいつものこと。実際に前節新潟戦も内容的には相手に上を行かれて、ウチが勝てたのは最後、ほんの少しのクオリティの差だけでした(まぁその少しの差が大きいと言えば大きいから順位にあれだけ差が付くわけですが)し、今節も同じ。

実際に磐田と1stステージで対戦した際は、ホームで中央を固められたあげくにほとんどやりたいことができず、逆に2失点して負けています。その借りを返すためにも、2ndの優勝と場合によっては年間勝点1位を決めるためにも今節はしっかりぶっ叩いておきたい試合になりました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第16節 エコパスタジアム アウェー ジュビロ磐田戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第15節 デンカビッグスワンスタジアム アウェー アルビレックス新潟戦

先週末はルヴァンカップを120分+PK戦という激闘の末に制覇し、久しぶりのタイトル奪取に沸いた浦和ですが、今週はリーグ戦に戻ってラスト3節の初戦、アウェーで新潟と。

新潟は毎度おなじみの残留争いまっただ中。ただでさえ終盤戦で当たる残留争い中のチームは簡単には勝たせてもらえない厄介な相手になることが多いのに加え、こちらがルヴァンカップを戦っている間、たっぷり3週間を調整とトレーニングに使って万全の体制で今節に臨む新潟は嫌な相手。とはいえ、ウチにとっても年間1位、さらにJリーグ制覇のためにはしっかり勝点を持って帰らないといけない試合となりました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第15節 デンカビッグスワンスタジアム アウェー アルビレックス新潟戦

Continue reading

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 決勝 埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦

準決勝のFC東京戦をトータルスコア5-2で危なげなく突破し、Jリーグカップ(旧ナビスコカップ)では2013年以来3年ぶりの決勝進出。名称変更されたルヴァンカップの初代チャンピオン獲得の権利を得て埼スタでの決勝に迎えたのは宿敵ガンバ大阪。

ガンバとは直近のリーグ戦で対戦、4-0と快勝しているものの、カップ戦となるとまた戦い方は変わってきますし、ガンバはこういう大一番での勝ち方を知っているチーム。非常に厳しい戦いになることは予想できましたが、延長戦も含めた120分、まさに死闘と言っていい両者譲らない戦いの末、PK戦にもつれ込むと、西川神のPKストップによって勝利。ついに念願のタイトルを獲得となりました。

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 決勝 埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦

Continue reading

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準決勝 第2戦 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

第1戦はアウェーで2得点、1失点と勝利しつつアウェーゴール2つを持ち帰って、いいスタートを切ったルヴァンカップ準決勝。ホームに戻っての第2戦は引き分け以上で決勝進出。さらに先制点を奪えば東京は決勝進出に3得点以上必要になるなど、試合展開的にもかなり楽になる状況でしたが、しっかり先制点を奪っただけでなく、そのまま畳みかけての3得点。

終盤、多少オープンな展開にしてしまったことで1失点を喫しますが、それでもトータルスコア 5-2 の圧勝で3年ぶりの決勝進出を決めてくれました。決勝が埼スタ開催になってからは初の決勝進出ですね。

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準決勝 第2戦 さいたまスタジアム2002 FC東京戦

Continue reading

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準決勝 第1戦 味の素スタジアム アウェー FC東京戦

代表戦ウィークということでリーグ戦の方は一時お休みして、その間に行われるのはJリーグYBC ルヴァンカップ。リーグ戦中断期間に準決勝、決勝が行われ、今年最初の国内タイトルが決まります。準々決勝は神戸にトータルスコア 6-1 で快勝し(第1戦 / 第2戦)、準決勝に駒を進めましたが、準決勝の対戦相手は直近のリーグ戦でもアウェーで対戦したFC東京。

まずは第1戦、アウェー、味スタでの対戦となりましたが、勝つことはもちろん、第2戦に向けてアウェーゴールをしっかり獲って帰ってこられるかが重要な試合。先に失点するという苦しい試合展開にはなりましたが、焦らず冷静にパスをつないで相手を押し込みつつ、途中交代の高木さんのゴラッソ、さらに途中交代で今季公式戦初出場のヒラさんのアシストによる武藤さんのゴールで逆転。第1戦勝利と共に、アウェーゴール2つを持ち帰る十分な結果で第2戦につなげました。

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準決勝 第1戦 味の素スタジアム アウェー FC東京戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第14節 埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦

前節は広島に快勝して2ndステージ首位を守り、年間順位でも1試合の結果次第で首位を狙える状況で迎えた第14節は、ここのところこういう重要な大一番で毎度苦手にしているガンバ大阪をホーム埼スタに迎えて。

去年の終盤戦(2ndステージ第14節)での敗戦、その後のチャンピオンシップでの敗戦、さらに天皇杯決勝で敗戦、今年の1stステージ(第10節)での敗戦と、去年から公式戦では4連敗中。しかも負けてる試合が全部タイトルかかってたり、年間勝点1位のために重要だったりという大一番というなんていうか、大事なときに俺らの前に立ちはだかる奴らというイメージになってしまっているガンバさんですが、今節こそは今までとは違いますよというところを見せたい試合でした。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第14節 埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第13節 埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

前節はアウェーでFC東京に大逆転勝ちし、リーグ戦連勝として2ndステージでは首位を奪い、年間勝点でも首位の川崎に「2」と迫るなど、非常に良い流れに乗ってきた感がある終盤戦ですが、ホームに戻っての今節、次節は、1stステージ、アウェーで連敗食らった「広島」「ガンバ大阪」との2連戦。

この2試合を連勝で抜けられれば、年間勝点1位、2ndステージの優勝もかなり現実味を帯びてくる非常に重要な試合の初戦でしたが、相手オウンゴールでの先制を皮切りに3得点して快勝。内容的には僅差でしたがスコア的には圧倒するという紙一重の差が大きく出た試合となりました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第13節 埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第12節 味の素スタジアム アウェー FC東京戦

前節はホームで鳥栖をしっかり倒し、リーグ戦連敗を脱出。残り試合も今節を入れて6試合と勝点をこれ以上落とせない終盤戦に突入していますが、今節の相手はアウェーでは非常に相性の良いFC東京と。

とはいえ、FC東京との試合は先制点を食らったり、乱打戦になったりとなかなか楽な勝ち方はさせてもらえない試合も多く、決して余裕ではない対戦でしたが、PK献上で先制されるも、その後、相手の戦術変更の影響もあって終盤に押し込むと、その勢いで3得点。西川さんのスーパーセーブにも助けられるなど難しい試合ながら、しっかり勝点3をとって帰ってくることができました。

同日、川崎が大宮に敗れたことで2ndステージでは単独トップ、年間順位でも川崎との勝点差を2まで詰めて、終盤に向けて勢いをつけるに絶好な逆転勝利だったと思います。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第12節 味の素スタジアム アウェー FC東京戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第11節 埼玉スタジアム2002 サガン鳥栖戦

直近の試合はナビスコ、もといルヴァンカップ準々決勝では2戦とも神戸に勝利し、久しぶりの準決勝に駒を進めて公式戦としては連勝中ではありますが、リーグ戦だけに話を絞ると、ルヴァンカップ準々決勝前に行われた2ndステージ第10節で神戸に敗戦。その前節の第9節では首位川崎との大一番で敗戦と、2連敗中という厳しい状況。

そういう状況なので、今節のホーム鳥栖戦は何が何でも勝たないといけない試合になりましたが、鳥栖戦は過去2試合(今年の1stステージアウェー、去年の2ndステージホーム)引き分けが続いていて、ここのところ勝ち切れていない相手。今節も厳しい戦いになることが予想されましたが、相手のハードワーク、堅い守りを見事に突き崩しての2得点。終盤は押し込まれる時間帯があったものの、無失点でしっかり快勝。連敗を脱出し、ここから再度勢いに乗れそうな戦いをしてくれました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第11節 埼玉スタジアム2002 サガン鳥栖戦

Continue reading

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 埼玉スタジアム2002 ヴィッセル神戸戦

先週末の第1戦、アウェーでの対戦は2得点1失点で勝利し、ホームに戻っての第2戦。

第1戦の結果から、ウチは2点差以上つけられて負けない限りは準決勝進出という条件的にはかなり楽な状態での対戦となりましたが、ハイプレスで得点を狙いに来る神戸に前半は苦しみながらも要所要所のチャンスをしっかり決めきって前半だけで2得点、後半は足が止まった神戸に2得点でとどめをきっちり刺し、トータルスコア 6-1 の大勝でベスト4、準決勝に駒を進めました。準決勝に進むのは3年ぶりになるんすね。

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 埼玉スタジアム2002 ヴィッセル神戸戦

Continue reading

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準々決勝 第1戦 ノエビアスタジアム神戸 アウェー ヴィッセル神戸戦

今年の途中からルヴァンカップに名称が変更されたJリーグカップ、ACLの関係でノックアウトステージ準々決勝から出場となった初戦は、アウェーで神戸と。

神戸とは先週末にもリーグ戦で対戦して悔しい敗戦。ミッドウィークのルヴァンカップ、さらに今週末には第2戦をホームで戦う、3連戦となります。同じチームとの試合ばっかりですが、去年は準々決勝で敗退した雪辱を果たすためにも、前節神戸にやられた借りを返すためにもしっかり勝ちたい第1戦は、悪い時間帯もありながらも、高木さんの1ゴール1アシストの活躍で2得点、1失点の勝利。アウェーゴール2つを持ってホームに帰ることができました。

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準々決勝 第1戦 ノエビアスタジアム神戸 アウェー ヴィッセル神戸戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第10節 ノエビアスタジアム神戸 アウェー ヴィッセル神戸戦

前節、川崎との首位決戦は2失点して悔しい敗戦。とはいえ首位に食いついていくためにも気を取り直してここからまた勝点を積み重ねていかなければならない今節は、アウェーでヴィッセル神戸と。今節は現地行けなかったのでテレビ観戦です。

神戸とはここからルヴァンカップを含めて3連戦。カップ戦はともかく、今節はしっかり勝っておかなければならない試合でしたが、前半はよい流れを作るも決めきれないシーンが続き、結果自分たちのミスからリズムを崩して自滅で最終的には2失点。さらに交代策のまずさもあって特に終盤は得点機会はほとんど作れず。終盤にズラタンさんのゴールで1点返すのがやっとという体たらくで、大切な試合を落とし、今シーズン2度目の連敗。

川崎さんが柏さん相手にやらかして、ボコボコに負けるっていうナイスな状況にもかかわらず、ウチまで一緒にコケるっていうなんとも情けない結果となってしまいました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第10節 ノエビアスタジアム神戸 アウェー ヴィッセル神戸戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

Continue reading

スポーツ専門ライブ動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が日本でのサービスを開始、2017年シーズンからはJリーグ全試合の配信もスタート

スポーツ専門のライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が、本日、8月23日より日本でのサービスを開始。メディア向けの発表会が行われ、日本でのサービス内容が明らかになりました。

それによると、130以上のコンテンツを月額1750円(税抜)で視聴可能(最初の1ヶ月は無料でお試し可能)。年間6000試合以上のスポーツコンテンツを、テレビだけでなく、スマートフォン、PC、タブレットといった様々なデバイスで試聴可能です。さらにライブで見逃した試合も「キャッチアップ」機能で楽しむことが可能。

DAZN(ダ・ゾーン)

Continue reading

浦和レッズ主催のブラインドサッカー(視覚障害者5人制サッカー)体験会に参加してきた

埼玉県で活動するブラインドサッカーチーム「埼玉T.Wings」の協力の下、浦和レッズの平川選手が中心となって、クラブ主催で行われた、REX CLUB会員と県内盲学校の子供、浦和レッズトップチーム選手とクラブスタッフを対象にしたブラインドサッカー体験会が8月21日(日)、大原サッカー場で開催されました。

私もシーズンチケットホルダーということでREX CLUB会員なので、ちょっと興味あって参加申し込みをしてみたんですけども、抽選の結果参加していいよとのことでしたので約1時間半という短い時間ですがブラインドサッカー経験をしてきました。

浦和レッズ主催 ブラインドサッカー体験会で使用したアイマスク

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第9節 埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦

前節はアウェーで名古屋を相手に2-0ときっちり勝利して2ndステージは無敗、連勝も4に伸ばして臨んだ今節は、現在年間勝点で首位の川崎を迎えての天王山ともいえる試合。

勝てば年間勝点で首位の座を奪いつつ、2ndステージでも川崎との勝点差を広げて首位固めが可能な一戦でしたが、内容では上回り、多くの決定機を作りながらも決めきることができず。逆に相手の少ないチャンスをものにされるという悔しい敗戦となってしまいました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第9節 埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第8節 豊田スタジアム アウェー 名古屋グランパス戦

前節はホームで湘南相手に4-1と快勝。連勝を3に伸ばして迎えたアウェーでの第8節は、豊田スタジアムにて名古屋グランパスと。

名古屋は現在、2ndステージ最下位、年間順位でも降格圏内に沈んで苦戦中ですが、こういう状況の相手は何が何でも勝点を取りに来るのでやっかいなのと、さらに真夏の暑さの中という厳しいコンディションでの対戦となる難しい試合。

ウチにとっては続く川崎との首位対決に向けてきっちり勝たなければならない試合でしたが、暑さの影響もあってかフィニッシュやクロスといったプレー精度には課題もあったものの、しっかり守って名古屋の攻撃を不発に抑えつつ、前半に奪った先制点と試合終了間際に奪った追加点で危なげなく勝利し、連勝を4に伸ばして次節にいい流れでつなげることができました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第8節 豊田スタジアム アウェー 名古屋グランパス戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第7節 埼玉スタジアム2002 湘南ベルマーレ戦

前節はアウェーで甲府を相手にきっちり勝点3をゲットし、1stステージ終盤から続く無敗を継続しつつ、連勝で首位川崎追撃に向け勢いを付けることができましたが、ホームに戻っての第7節は、ホーム通算500試合の記念試合。

その記念すべき試合で迎えるのは現在残留争いまっただ中の湘南。前節も残留争い中の甲府、今節も同じ状況の湘南と下位相手ではありますが、終盤に向けて勝点1でも必死で奪いにくる相手ということで決して油断できない対戦。

ウチは甲府→湘南→名古屋とここ3試合は残留争い中のチームとの対戦になり、しっかり勝点9を稼いでおきたい3試合の2試合目。真夏の猛暑の中、タフなコンディションで、両チームとも運動量を売りにする対戦でしたが、湘南の売りである前からのプレスをうまく外して裏を狙う策で先手をとり、運動量の落ちた後半に追加点でとどめを刺してきっちり勝利してくれました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第7節 埼玉スタジアム2002 湘南ベルマーレ戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第6節 山梨中銀スタジアム アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

前節はアウェーで鹿島に先制されながらも逆転勝利で貴重な勝点3をゲットし、年間勝点で鹿島と並び、連勝して首位、川崎にプレッシャーをかけたい今節はアウェーで甲府と。

甲府は現在、絶賛残留争い中。2013年の対戦以来、リーグ戦では負けていないなど、相性的には悪くないものの、引き分けも多く、堅守を特徴とする甲府にはロースコアでの難しい試合を強いられるケースが多く、決して楽に勝てる相手ではありません。

前節のレビュー最後にも書いたのですが、上位対決のような気合いの入る試合をものにしたあとで、こういう残留争い中の相手に取りこぼすなんてことはよく起こりますので気が抜けない試合でしたが、そんな杞憂もなんの、堅守の隙を突いて2得点、無失点でしっかり勝点3をゲットしてくれました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第6節 山梨中銀スタジアム アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第5節 県立カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

前節はホームでのダービーマッチで悔しい引き分けながらも6試合負けなしという状況で迎えた今節は2ndステージ最初の大一番、現在年間勝点でウチのすぐ上、2位につけている鹿島との直接対決。

ここで鹿島を倒せば、年間勝点で並んで上位追撃の勢いをつけられる反面、仮に負けたりすれば鹿島との勝点差は6に開く、非常に重要な試合。何よりも結果が重要な試合となりましたが、先制されるも忠成さんの2得点で逆転。難しいアウェーゲームでしっかり勝点3をゲットして帰ってきてくれました。両者球際も激しく、見応えのあるゲームで、熱い試合になりました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第5節 県立カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第4節 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

前節はアウェーで勝利してミシャさん体制になって初の5連勝、そのままの勢いで連勝を伸ばすべくホーム埼スタに迎えたのは大宮アルディージャ。ホームでのさいたまダービーでしたが、2度のリードも守り切れず、厳しい言い方ですがつまらない失点で同点に追いつかれると、そのまま2-2の引き分け。勝点1を分け合う結果となりました。

ちょっと久々に腹の立つ勝点の落とし方で、前節、苦手な相手、スタジアムで苦しいながらも勝点3をとって、これでひと皮むけたかなと思った矢先にこういう試合で勝点を落とす。もちろん大宮が簡単な相手でないことはわかっているので、楽に勝てなどとは思いませんが、今日に関して言えば2度のリードを勝点3に結びつけられないような試合しててタイトルなんか獲れねぇっすよ。

それでただでさえ腹立たしいのに加えて試合終わりに「5連勝後の引き分けでブーイングしないで欲しい」なんて某選手のぬるいインタビューなんか読んだ日にはですね、何もわかってねぇなと、ダービーだからとかだけじゃないんすよ主力が抜けた大宮相手に2度もリードしておきながら安い失点で引き分けにされてそれで引き分けでよかったですねなんて誰が思うんだよそうやって落とした勝点で去年まで連続してタイトルを獲り損ねてきてるだろうよいい加減気がつけってんだよそんなやわなメンタルで浦和の10番背負うなんざ片腹(以下自重

2016 Jリーグ 2ndステージ 第4節 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第3節 ユアテックスタジアム仙台 アウェー ベガルタ仙台戦

前節はホームで柏に2-0と快勝して4連勝。ミシャさん体制になってからはまだ未踏となる5連勝に向けて乗り込むのは、相性的には最悪なアウェー仙台戦。

ミシャさん体制になってからはアウェー仙台戦で勝利なしというまさに鬼門ですが、上位チームが負けてくれない関係上、こちらも勝点を落とすと厳しい状況で、なんとしても勝点3をゲットしたい試合。

仙台は3連敗中ということで、調子が落ちている状態とはいえ楽な試合にはならず、後半アディショナルタイムまでスコアレスでもつれたゲームは、終了間際の興梠さんゴールという劇的な幕切れで見事鬼門を粉砕、ミシャさん体制で初の5連勝とあわせて、勝点3を奪って帰ってきてくれました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第3節 ユアテックスタジアム仙台 アウェー ベガルタ仙台戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第2節 埼玉スタジアム2002 柏レイソル戦

前節、アウェーでの2ndステージ開幕を数的不利な状況ながら逆転勝ちして1stステージから続く連勝を3に伸ばして迎える2ndステージのホーム開幕戦は、柏レイソルを迎えて。

ホームでの柏戦は相性的には悪くないものの、相手はクリスティアーノ選手を甲府から復帰させるなど、ウチにとっては嫌な補強がされていたりと決して楽に勝てる相手ではないため厳しい戦いになることは予想できましたが、序盤の柏のプレッシャーを臨機応変にかいくぐると、中盤以降はウチがペースを握っていつも通りの良さを出し2得点、守備もしっかりハードワークして久々の無失点。快勝して連勝を4に伸ばしてくれました。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第2節 埼玉スタジアム2002 柏レイソル戦

Continue reading

2016 Jリーグ 2ndステージ 第1節 レベルファイブスタジアム アウェー アビスパ福岡戦(2ndステージ開幕戦)

1stステージ終了から1週間しか経っていませんが、早くも2ndステージの開幕。

1stは最後、地獄の5連戦での連敗が祟ってステージ優勝には手が届きませんでしたが、年間順位では3位と好位置に付けて折り返し、2ndステージの開幕戦は現在最下位、福岡との対戦。

後半戦のスタートダッシュを決めるためにもアウェーとはいえきっちり勝っておきたかった試合でしたが、前半のうちに槙野さんが得点機会阻止で一発レッドもらって退場、しかもPKで先制される苦しい立ち上がりながら、なんとかチーム全体でハードワークし、数的不利を覆しての逆転勝利。厳しい戦いでしたがきっちり勝点3を持ち帰ってくれました。

今節は予定が合わなくて現地いけませんでしたのでテレビ観戦です。

2016 Jリーグ 2ndステージ 第1節 レベルファイブスタジアム アウェー アビスパ福岡戦(2ndステージ開幕戦)

画像はスカパー!オンデマンドより引用

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第17節 埼玉スタジアム2002 ヴィッセル神戸戦(1stステージ最終節)

前節、FC東京戦では苦しいながらもなんとか連敗を脱し、首位追撃のためにもここから立て直して勝点を積み重ねていきたい1stステージの最終節はホーム埼スタにヴィッセル神戸を迎えて。

こちらはミッドウィークに未消化だったFC東京戦を戦っての中2日。相手は前節から1週間、コンディションを整える時間があっての対戦ということで、連戦な分、こちらには厳しい対戦となりましたが、そこはきっちりハードワークして3得点。1stステージ最後を2連勝で締めてくれました。後半戦につながる勝点3だと思います。

2016 Jリーグ 1stステージ 第17節 埼玉スタジアム2002 ヴィッセル神戸戦(2ndステージ最終節)

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第13節 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

アウェー2連戦(大阪 / 広島)を両方負けて帰ってきて、リーグ戦3連敗と厳しい状況で迎えた1stステージ終盤5連戦の4戦目、ホーム埼スタに迎えたのはFC東京。ACLの関係で延期になっていた第13節。これで未消化の試合はなくなります。

とりあえず1stで取れるだけの勝点は取って、上位にこれ以上差を開かれないように付いていくためにも、そして苦しい連敗を脱出して悪い空気を払拭するためにも、この試合は内容ともかく勝利という結果がどうしても必要な試合でした。

結果的には逆転勝利して連敗ストップすることができましたが、立ち上がりからFC東京の堅い守備に攻撃陣が封じ込まれると、自陣でのミスと守備の連携ミスから前半のうちに2失点するっていう最悪の立ち上がり。

後半はFC東京の守備バランスが崩れたことで逆転ができましたが、色々と課題が見える試合となりました。まぁ今節はとにかく勝つことが大事だったので今日のところは素直に勝利を喜ぶでよいと思いますが。

2016 Jリーグ 1stステージ 第13節 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第16節 エディオンスタジアム広島 アウェー サンフレッチェ広島戦

2週間で5試合を戦う、1stステージ終盤怒濤の連戦中、アウェー2連戦の初戦は吹田スタジアムでガンバに敗戦鹿島戦での敗戦に続き、年間優勝を狙う上では避けたかった連敗を喫する結果になりましたが、気を取り直しての第16節はサンフレッチェ広島と。

3連敗はなんとしても避けたい一戦ではありましたが、新潟戦以来の久々の得点、しかも2得点を前半に奪うも、その後の交代策のまずさなどもあって結果的には4失点。厳しい3連敗となって、1試合未消化があるとはいえ、首位の鹿島、2位川崎とは勝点差8以上離され、シーズンの折り返しに向けて危機感のつのる状況になってきてしまいました。

2016 Jリーグ 1stステージ 第16節 エディオンスタジアム広島 アウェー サンフレッチェ広島戦

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第10節 市立吹田サッカースタジアム アウェー ガンバ大阪戦

前節はホームで鹿島さんに完敗して悔しい思いをしましたが、落ち込んでいる暇はない連戦、ミッドウィークに開催される今節は、ACLの関係で開催が先延ばしされていた第10節です。これで未消化になっていた2試合のうち1試合が消化されたことになりますね。もう1つの未消化試合は、来週水曜日に行われる第13節、FC東京戦になります。

鹿島さんにも負けてるし、連敗は避けたい試合でしたが...... ミスから献上した1失点をひっくり返せず、そのまま0-1で敗戦となりました。連敗。悲しい。しかも新潟戦から4試合連続無得点というかなり重症気味な状態なのが気になります。

2016 Jリーグ 1stステージ 第10節 市立吹田サッカースタジアム アウェー ガンバ大阪戦

Continue reading

メカトロウィーゴで「浦和レッズ(2016年ユニ)」バージョン作ってみた

「メカトロウィーゴ」ってのは「メカトロ中部(Chubu Mechatronics)社によって、過疎地での児童の通学や、各種レクリエーションに使用される事を想定して作られた、世界最小サイズのメカトロボット。」という設定の、原型師、小林和史氏が手がけたオリジナルロボットフィギュアシリーズ。

現在 1/35 スケールモデルとして販売されていますが(1/12、1/20 スケールモデルも近日発売開始予定)、基本的には塗装済み、組み立て済みで販売されるフィギュアで、豊富なカラーバリエーションから好きな色を選択することができます。

35 メカトロウィーゴ

Amazon で メカトロウィーゴ を検索

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第15節 埼玉スタジアム2002 鹿島アントラーズ戦

代表戦による中断を挟んだことで約1ヶ月ぶりの埼スタホームゲームは、現在暫定2位で我々の上を行く鹿島アントラーズを迎えて。鹿島さん的にも直近の1stステージ優勝のためには負けられない試合。当然ウチも年間優勝に向けて上に付いていき、追い越すためにもしっかり勝点を取りたい試合でしたが...... 久々にホームで鹿島に完敗でした。

2016 Jリーグ 1stステージ 第15節 埼玉スタジアム2002 鹿島アントラーズ戦

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第14節 ベストアメニティスタジアム アウェー サガン鳥栖戦

ACLは残念ながらPK戦までもつれ込んだ激戦の末、ラウンド16で敗退し、残すは国内タイトルのみになってのJリーグ第14節は、アウェーサガン鳥栖戦。ウチがACLやってる間に他チームはJリーグの第13節を戦っていますので、現状ウチは2試合未消化の状態になっています。

さて、ベアスタでの鳥栖戦は、ミシャさん体制になって後、最初の3年間は、試合内容に関しては辛い思い出しかなくて(九州遠征自体は楽しいからいいんだけど)、サポの間でも鬼門とかいわれてましたけど、去年はその苦手も克服するような6得点で快勝。

実は去年は仕事の都合などで現地行けず、テレビで見ていたら怒濤のゴールラッシュがあって、今年もちょっと予定が合わなくて現地行けなかったので、もしかすると俺が現地行かないと勝つんじゃね?なんて期待してたんですけども残念ながら1点が遠く、スコアレスドローによる勝点1にとどまりました。

2016 Jリーグ 1stステージ 第14節 ベストアメニティスタジアム アウェー サガン鳥栖戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

Continue reading

ACL 2016 ラウンド16 第2戦 ソウルワールドカップスタジアム アウェー FCソウル戦

1stレグはホーム埼スタで1-0とアウェーゴールを与えず勝利し、ソウルに乗り込んでの2ndレグは比較的優位に試合を進められる状況での対戦となりましたが、PKまでもつれ込んだ試合は、勇戦むなしく敗戦となってしまいました。今年のACLは終了です。

ACL 2016 ラウンド16 第2戦 ソウルワールドカップスタジアム アウェー FCソウル戦

画像はスカパー!より引用

Continue reading

2016/2017 競技規則の改正について、Jリーグでも7月から適用開始

少し前の話ですが、IFAB(国際サッカー評議会)が「2016/2017年度版 競技規則」について発表しました。IFABの歴史上最大の大幅改訂とのことで、サッカーの競技規則に興味のある方にとっては大きなニュースかと思われます。

直後のJFAの理事会報告事項(9ページ)でも改訂の意図や改訂内容のごく一部ですが日本語で挙げられています。

ちなみに2016/2017年度版競技規則の施行は2016年6月1日からになるため、欧州だとEURO2016が最初に適用される大会になるんですかね。欧州各リーグも5月で今シーズンが終わりますので、来シーズンからはこれが適用されますし、6月以降に行われる国際大会、例えばリオ五輪などもこの新しい競技規則が適用されます。

Continue reading

ACL 2016 ラウンド16 第1戦 埼玉スタジアム2002 FCソウル戦

Jリーグの方は少しお休みして、今週と来週のミッドウィークはACL決勝トーナメント。ベスト8をかけたラウンド16はFCソウルとの対戦になりますが、その第1戦はホーム埼スタで。

2戦合計で争われる決勝トーナメント。ホームでの対戦は当然しっかり勝つこと、もうひとつ、とにかく相手にアウェーゴールを与えてしまう失点しないこととが重要になります。そんな中、結果的には1-0のクリーンシートで勝利。しっかりとリスクマネージメントしつつ前半を立ち上がり、多少ラッキーな形ではありましたが先制点も奪って、ほぼ理想通りの勝ち方ができたのではないでしょうか。

ACL 2016 ラウンド16 第1戦 埼玉スタジアム2002 FCソウル戦

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第12節 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

前節はアウェーでのさいたまダービーを難しい試合ながらしっかりと制し、5連勝をかけて臨んだホームゲームはアルビレックス新潟戦でしたが、PK失敗なども含め1点が遠く、スコアレスドローで勝点1を分け合う試合となりました。

新潟とは楽な試合はないものの、対戦成績だけを見れば相性のよいチームですので、しっかり勝点3を獲っておきたかったのですが、まぁこういう試合もありますよねという感じで、こればかりは切り替えるしかないと思いますので、勝点1をポジティブに捉えて次のFCソウル戦に気持ちを持って行こうと思います。

2016 Jリーグ 1stステージ 第12節 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

Continue reading

三菱自工が日産の実質傘下に入る件、浦和レッズは自社株取得と株主間譲渡で独立するチャンスなんじゃないの?

三菱自動車工業(以下、自工)の燃費不正問題で、日産が自工に対する2000億円規模の巨額出資によって株式の約34%を取得、事実上の傘下に入れるというニュースがありました。

ひとまずは助けてくれる人が見つかってよかったですね。うまく血を入れ替えて立ち直ってもらいたいです。

さてこれに関連して、自工が50.63%を出資する(要するに会社法でいう自工の子会社である)浦和レッズ(浦和レッドダイヤモンズ株式会社)がどうなるのかという話が結構話題になっています。自工が日産の傘下(出資比率的には関連会社、もし今後日産が役員などを送り込んで経営的に支配すれば、子会社化もあります)に入ったら、浦和レッズも日産の傘下に入ってしまうの? という話。

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第11節 NACK5スタジアム大宮 アウェー 大宮アルディージャ戦

ゴールデンウィークの連戦も最終日。ホームでのACL浦項戦から中4日で迎えたJリーグ第11節はアウェーで大宮とのさいたまダービー。なお、第10節(アウェー ガンバ戦)はACLの関係で6月開催ですので、現状ACL組は1試合未消化という状態になります。

大宮さんがJ1復帰しての久しぶりのダービーでしたが、前半大宮の運動量を活かした効果的な守備とカウンターに苦しめられるも、柏木さんのゴラッソによる1点をしっかり守り切ってクリーンシートでの勝利。これでアウェーは第4節の湘南戦以来、連続無失点記録が継続中になります。

2016 Jリーグ 1stステージ 第11節 NACK5スタジアム大宮 アウェー 大宮アルディージャ戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

Continue reading

ACL 2016 グループステージ 第6節 埼玉スタジアム2002 浦項スティーラーズ戦

ACLグループステージは前節、アウェー シドニーFC戦で突破を決め、今節はグループステージ首位突破を賭けた戦い。対戦相手はすでにグループステージ敗退が決定している浦項。

首位突破がかかっているとは言え、中4日でJリーグの第11節、大宮とのダービーマッチが控えている連戦の中、主力を少しでも休養させるためメンバーを大きく入れ替えての対戦となりましたが、主力組とサブ組の実力差は大きく、90分戦って決定機と呼べるものはほとんど作れないまま引き分けで終わり、グループステージ2位通過が確定しました。

ACL 2016 グループステージ 第6節 埼玉スタジアム2002 浦項スティーラーズ戦

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第9節 埼玉スタジアム2002 名古屋グランパス戦

前節はアウェーで川崎に勝利し、首位の座を奪って望む第9節は、ホーム埼スタに名古屋グランパスを迎えて。

グループリーグ突破がかかったACLアウェーからの、今度は首位決戦となる川崎戦と非常に緊張感を強いられる難しい試合がひと段落したあとのホームゲーム。得てしてこういう試合ほど気が緩んだりして自分たちから試合を難しくしてしまうケースが多々あったりしますが、前半、少しうまくいかない時間帯はあったものの、後半攻撃陣が爆発。結果的に4得点して名古屋を撃沈。しっかり首位をキープしてサポにとっては最高のゴールデンウィーク初日としてくれました。

2016 Jリーグ 1stステージ 第9節 埼玉スタジアム2002 名古屋グランパス戦

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第8節 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

ミッドウィークに行われたアウェーでのシドニーFC戦は連戦の中の厳しいコンディションにも関わらずしっかりと勝点をゲットしてグループステージ突破を確定させてくれましたが、そのアウェー遠征から中3日で迎えるのは、アウェー等々力陸上競技場での川崎フロンターレ戦。

前節終了時点で川崎は今季負けなしの首位で3位に続くウチとは勝点1の差。まだシーズン序盤とは言え、ここはきっちりぶっ叩いて首位の座を手に入れておきたい重要な一戦でしたが、前線トライアングルの見事な連携から生み出された武藤さんのビューティフルゴールにより見事勝利。同日、得失点差でウチの上にいた鹿島が敗れたことで首位の座を奪うことができました。

2016 Jリーグ 1stステージ 第8節 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

Continue reading

ACL 2016 グループステージ 第5節 シドニー・フットボールスタジアム アウェー シドニーFC戦

Jリーグ仙台戦の翌日にはチームはシドニーに向けて出国、中3日で行われたACLグループステージ第5節は、シドニーFC戦。

ACL前節の広州恒大戦にホームで勝利したことで、前節終了時点でグループ2位。さらに前日行われた同グループの広州恒大×浦項で、グループ最下位の広州恒大が勝利したため、ウチとしてはシドニーと引き分け以上でグループリーグ突破、勝利すればグループ首位が手に入る非常に重要な試合となりました。

ACL 2016 グループステージ 第5節 シドニー・フットボールスタジアム アウェー シドニーFC戦

Continue reading

手軽に作れてめちゃうまいチリビーンズ(チリコンカン)のレシピ

昔チリビーンズ作るのにハマってよく作ってたんだけど、最近は料理しなくなったせいもあってレシピ忘れ書けてたところに、急に食べたくなって記憶を頼りに作ってみたらうまかったので忘れないようにレシピをメモ。

昔色々試してたどり着いた、自分なりにこれが一番手間もかからず簡単で、かつうまいと思える作り方。本格的なレシピとはちょっと作り方が違うかもしれないけど俺の好きな味はこれなので気にしない。

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第7節 埼玉スタジアム2002 ベガルタ仙台戦

前節、アウェーのマリノス戦から1週間のインターバルを置いての第7節は、ホーム埼スタにベガルタ仙台を迎えて。

木曜日に九州、熊本を中心に大きな地震があったことで残念ながら亡くなった方もいらしゃったり、避難生活を余儀なくされている方も大勢いらっしゃいます。また、今週末九州で開催予定だったJリーグも中止になっていたりと大変な状況ではありますが、被災地のためにできることはしつつも、幸運にも普段通り生活できる地域では普段通りの日常を送ることも大事。被災地からテレビで試合を応援しているサポもいるかもしれませんので、そういう人たちに明るい話題を提供できるよう、現地で応援できる我々としてはできる限りのサポートをするしかないですね。

さて、埼スタでの仙台戦は、特にミシャさん体制になってからの相性はよいのですが、仙台は堅い守備とカウンターが特徴のチームということで、相手の堅い守備を崩し切れなかった前節マリノス戦での記憶も新しいことから、今度こそしっかり得点を奪って勝ちきれるのかが気になる試合でしたが、先発したウチの1トップ2シャドーが全員得点といううれしい展開で快勝してくれました。

2016 Jリーグ 1stステージ 第7節 埼玉スタジアム2002 ベガルタ仙台戦

Continue reading

2016 Jリーグ 1stステージ 第6節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦

前節はホームで堅い守備を誇る甲府にきっちり2得点して勝利、その後のACLでも強豪、広州恒大に競り勝って、公式戦ここ5試合では負けなし、Jリーグも直近は3連勝というよい状態で迎えたアウェーの横浜F・マリノス戦。

去年のアウェーの横浜F・マリノス戦は俊輔さんのとんでもねぇフリーキックたたき込まれるところから始まって4失点でボコボコにされる最悪の試合になりましたが、今回はスコアレスドローながら、相手をシュート5本(枠内1)にしっかり抑えてほぼ試合をさせず、内容的には前向きにとらえてよいアウェーでの勝点1でした。

2016 Jリーグ 1stステージ 第6節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦

Continue reading

ACL 2016 グループステージ 第4節 埼玉スタジアム2002 広州恒大戦

火曜日の夜に行われた 2016 ACL グループステージ第4節は、前回アウェーで劇的な引き分けとなった広州恒大をホーム埼スタに迎えて。

ウチは勝てばグループステージ突破に向けた大きな勝点3、さらにグループ首位もあり得る(同時刻開催のシドニーFCの結果により)状況。一方の広州恒大は勝たなければほぼグループステージ敗退が決定というどちらにとっても重要な試合。相手も必死の状況でしたが、後半に決めた1点を守り切り、ホームできっちり勝点3をゲットしてくれました。

ACL 2016 グループステージ 第4節 埼玉スタジアム2002 広州恒大戦

Continue reading