Keep on Jumpin'

2015 Jリーグ チャンピオンシップ準決勝 埼玉スタジアム2002 vsガンバ大阪

2015年のJリーグも最後の戦いに。ファーストステージ優勝+年間順位2位で出場となったチャンピオンシップは準決勝からのスタートで、相手は年間順位3位でチャンピオンシップ出場権を得たガンバ大阪をホーム埼...

2015年のJリーグも最後の戦いに。ファーストステージ優勝+年間順位2位で出場となったチャンピオンシップは準決勝からのスタートで、相手は年間順位3位でチャンピオンシップ出場権を得たガンバ大阪をホーム埼スタに迎えて。

結果的には1-3での敗戦となりましたが、90分に限って言えばチャンピオンシップにふさわしいまさに激闘という感じで、選手は最後まで諦めずに闘ってくれたと思います。ただ、試合運び、ここぞという時の集中力という点でガンバさんの方がウチを上回っていました。

以前から「この試合に勝てば」という重要な試合で勝てない傾向はあって、それは今回のチャンピオンシップに始まったことではないですので、その辺の勝負強さが今の浦和には足りないと。来年こそ、ここをどういう風に高めていくのか、強いプレッシャーがかかる状況でもしっかりと結果を出す、そういうチームとしての強さが求められる年になると思います。

2015 Jリーグ チャンピオンシップ準決勝 埼玉スタジアム2002 vsガンバ大阪

さて。スタメンは最終ラインに森脇、那須、槙野。ボランチに阿部ちゃん、柏木コンビ。2シャドーに武藤、ウメ。両ワイドにウガ、関根。李のワントップ。GKは西川。

Jリーグ最終節の神戸戦ではケガで抜けていた最終ラインの2人(森脇さん、那須さん)が戻り、最終ラインはいつものメンツに。首の負傷で離脱している興梠さんはお休みさせて、最終節でしっかり結果を出した忠成さんをワントップに、ウメを先発させる形となりました。

2015 Jリーグ チャンピオンシップ準決勝 埼玉スタジアム2002 vsガンバ大阪

ガンバはパトリック選手のワントップ、4-2-3-1で、中盤をコンパクトにしつつ、守備時は5バック気味にしてのカウンター狙いがはっきりしたやり方。パトリック選手のフィジカルを活かして、とりあえずラフにでもそこに当てさえすれば彼が溜を作ってくれるのであとはトップ下の宇佐美選手やサイドが一気に追い越しつつ鋭いカウンターでゴールに迫るやり方。

全体的にはウチがポゼッションして、押し込む時間帯が長いものの、ちょっとしたミスで変なボールの失い方をすると、ハンパない切れ味のカウンターが飛んでくる感じで、両者ともに非常に緊張感のある試合展開となりました。ただ、この時点で延長とか、時間がかかる試合になるとちょっとウチは厳しいんじゃねぇかなという予感はありましたけども。

その意味で、押し込めてる時間帯にとっとと先制点を取って、試合を楽に進めてもらいたかったんですが前半はチャンスを作るも得点には至らず。さらに後半は立ち上がり早々に最終ラインのミスからボールロストしてゴール前フリーの今野選手にGKとの1対1を冷静に決められて先制点を献上する展開に。

最終節の神戸戦もそうですが(あの時は人が違いますけども)、悪くない流れで試合を進められているところで守備の中心となる最終ラインの選手が安易なミスから失点するってのはさすがにありえないというか、興ざめしますね。

その後、後半立ち上がりの15分くらいまでは、先制点の勢いで追加点もとって試合を決めたいガンバの猛攻に遭いますが、そこはなんとか守備陣が奮闘して抑えきり、63分にウメ→ズラタン、那須さん→青木さんと2枚同時替え。

ズラタンさんをワントップにして忠成さんをシャドーの位置へ。那須さんの交代は何だったんでしょうかね?ミシャさんの試合後会見を読むと、しばらく試合離れていてコンディションが万全じゃなかったので大事を取ってという感じでしたが、ウチの最終ラインは、ずーっとパトリック選手にフィジカルで負け続けてて、ほぼつぶせていなかったので、マーク担当していた槙野さんや那須さんの身体の強さをもってしても難しい状況で、それよりもサイズ的には小さい阿部ちゃんを最終ラインに下げるという選択は端から見てるとリスキーだなと感じました。とはいえそれ自体は試合展開に悪影響を与えた感じはしなかったのでよかったんですが。

とにかく、ズラタンさんの投入で中盤をタイトにされている状況でも多少彼が溜を作ってくれることで攻撃の形は作りやすくなり、再びウチが押し込む展開に。その流れでゲットしたコーナーキックに森脇さんが頭で合わせたシュートは惜しくもクロスバー直撃。ところがこの跳ね返りのルーズなボールにズラタンさんが気合いで詰めて頭で押し込む同点ゴール。これで試合は振り出しに。ズラタンさんの投入大正解という値千金のゴールでした。

この勢いで今度はウチが追加点を奪うチャンスが訪れますが、アディショナルタイムにあった2度の決定機(1度目はズラタンさん、2度目は武藤さんがドフリー)はどちらも東口選手にセーブされてゴールならず。そのまま90分では決着がつかずに延長戦へ。

延長も一進一退の展開ながら、後半、相手のバックパスが東口選手の頭を越えてゴールへ。まさかのオウンゴールで試合が決まるのかとスタジアム全体が息をのんだところでボールはコーナーポストに当たってゴールならず。ところがその一瞬の気持ちの隙をつかれて一気にガンバのカウンターが炸裂。中盤で細かくパスを繋がれるとウチの選手は対応がすべて後手に回って見事に崩され最後は藤春選手に見事なボレーシュート叩き込まれて失点。

この辺、「今!」ってときに全パワーかけて攻勢に出たガンバの勝負勘というか、試合巧者ぶりに見事にやられた感じ。残していたパワーを全部そこで使って試合を決めてしまう読みと決定力はさすがとしか言いようがないやられ方。この辺が今のウチに足りない点かもしれません。

結局それで集中力が完全に切れたのか、試合終了間際にくだらない失点で3点目を奪われるとチャンピオンシップは準決勝での敗退となりました。

ステージ優勝かつ年間でも大きく勝点差を付けた下位のチームにカップ戦の一発勝負で負けて順位的にも下扱いになる。確かにそれ自体は納得いかない感も強いと思いますが、今年のレギュレーションがそうなってる以上、そこに文句言っても仕方ない。こういう大一番で勝てなかったことを真摯に受け止めて、来年につなげてくれたら良いと思います。

試合データ

観客: 40,696人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和1-3G大阪(前半0-0 / 90分トータル1-1 / 延長前半0-0)
レッズ得点者: ズラタン(72分)
警告・退場: -
主審: 松尾 一 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る