Keep on Jumpin'

2015 Jリーグ 2ndステージ 第13節 埼玉スタジアム2002 サガン鳥栖戦

いよいよ今節を入れても残り試合は5試合と、ここからが本当の勝負となる終盤戦に入ってきましたね。今節は2節連続のアウェーゲームから久しぶりにホームに戻って鳥栖との対戦。 毎年ラスト数試合の状況で対戦する...

いよいよ今節を入れても残り試合は5試合と、ここからが本当の勝負となる終盤戦に入ってきましたね。今節は2節連続のアウェーゲームから久しぶりにホームに戻って鳥栖との対戦。

毎年ラスト数試合の状況で対戦する鳥栖さんには良い思い出が全くなくて、去年までは全部アウェーですが、2014年はドロー2013年は4失点惨敗2013年は3失点惨敗と散々な感じ。

今年は苦手なアウェーゲームを快勝してることや、現状の鳥栖の出来的には豊田さんがケガしてたりとあまりよろしくない状態ということもあって、今度こそはと思ったんですが・・・ 引き分けという形になりました。まぁ勝点1をしっかり積めたことはあまり悲観的に考える必要はないと思いますが、やっぱホームできっちり勝っておきたかった試合だけに少し残念感はありますね。

2015 Jリーグ 2ndステージ 第13節 埼玉スタジアム2002 サガン鳥栖戦

さて、今日のスタメンは最終ラインに森脇、那須、槙野。ボランチが阿部ちゃんと柏木のコンビ。両ワイドにウガと関根。2シャドーに武藤とウメを入れてワントップに興梠。GKは西川。前節鹿島戦は警告の累積で出場停止だった那須さんが戻って、久しぶりにいつも通りのメンツ、フォーメーションでのスタートとなりました。

鳥栖は3バックスタート。ケガで調子の戻らない豊田選手がベンチスタートということで、お得意の縦ポンは発動せず、きっちりボールを繋いでというサッカーになりますので、基本的にはいつもの怖い鳥栖さんではなく、比較的やりやすい対戦だったとは思います。

鳥栖はある程度前からプレスをかけてはくるものの、基本的には守備時5バックでラインを作って中盤をコンパクトにし、ウチの1トップ2シャドーにスペースを与えないことと、サイドでフリーの状況を作らせないっていう守備をしてきたので、崩しにくいのはいつも通り。

ただいつもならそこでウチの前線に入ってきたボールをコンパクトな守備でぶっ潰して奪ったら、サイドの裏のスペースにボーンと縦パス→豊田さんへ放り込みっていう凶悪なカウンターが来るわけですが、それが今日はないのはわかってたので、その意味では前述の通り怖くはない。結果として比較的ウチのディフェンスラインも高い位置をとりやすく、立ち上がり早々からウチが主導権を握って押し込む展開となりました。

で、こういう展開でもさすがにゴール前にあれだけ人を並べられると点をとるのは容易ではないですし、鳥栖の最終ラインは高さがある上に、選手は基本的に90分ハードワークできる人達なので、きっちり身体張られると厄介。

あとはセットプレーからの得点くらいが狙い目でしたが、とってもさい先のよいことに、23分、柏木さんが蹴ったコーナーキックに那須さんが頭で合わせたこぼれ球を武藤さんがシュート→これが相手GPの林選手に当たってこぼれたルーズボールを興梠さんが押し込んで先制。いい時間帯に先制することができ、これで流れを持って行けるかなと期待が高まりました・・・

が、そこからたった8分後、31分に鳥栖のボール回しから、一瞬のスキを吉田選手に突かれて失点。槙野さんの裏のスペースを見事に使われた形ではありましたが、カウンター喰らったわけではなく、鳥栖がボールを回しながらビルドアップして行く中で、うまく前線に楔→2列目からのサポートにボールを落とし→このタイミングで裏抜けのスプリントした吉田選手に対してスルーパス通されるって形でしたので、完全に崩された形ですね。

吉田選手にマーク付いていたウガが一瞬だけボールに目線を向けた瞬間にスプリントされて一気にマーク剥がされ、身体を前に入れられた形でしたので、吉田選手の動きの質とスプリント能力を褒めた方がよいと思いますが、こちらも守備がきっちりセットした状態から崩されたので、ちょっともったいない失点だったなと思います。

なんか試合後にウガに対する文句が結構出てたみたいですね。もちろんウガが対人で負けたことが大きいんですけども、攻撃面での能力を買われて起用されている選手に、そこまで完璧な守備能力を期待するのは酷じゃね?と思います。その代わりにウガは今年アシストやらで守備面でたまにある失敗を補ってあまりある活躍をしてくれてるわけで、単に人には向き不向きがあるってだけの話。むしろああいう状況でどういう風に他の選手が守備のサポートをするのかとか、そっちの修正をどうするかなってのが気になりますけども。

同点にされちゃうと鳥栖的にはとにかく守って最低限の勝点1を確保しつつ、あとは最後に一発豊田さんでも入れてパワープレーとか(今回は結局なかったですけど)、点をとりに焦って出てきたウチに対してカウンター当てて勝ち越せちゃえばラッキーくらいの感じで試合を運ばれてしまったので、一気に試合は鳥栖のプラン通りになっちゃいました。

それでもなんとか分厚い鳥栖の首位をこじ開け、得点をと選手は90分攻め続けてくれましたが、結局は途中交代もそれ程大きな効果を生むことなく、そのまま1-1で試合終了となりました。終了間際には両チーム共に決定機が1、2回あって、本当にどっちが勝ってもおかしくないような試合になってしまいましたね。鳥栖のやりたい展開に持ってかれてしまったのは残念でした。

ということで、獲得できた勝点は「1」止まりでしたが、運良く同日広島が負けてくれたことで年間での首位は明け渡さずにすみました。2ndは東京に抜かれ、4位に後退しましたが、東京とは直接対決が残っています。現在2nd首位の広島、2位の鹿島との直接対決はもうウチは残っていませんが、残り4試合で首位との勝点差は「4」とまだまだ2ndの優勝も消えたわけじゃありませんので、気を取り直してサポートするしかないです。

次節が本当の大一番、アウェーでガンバとの対戦です。そして続けてアウェーで東京、ホームに戻って川崎と、泣けるくらい厳しい対戦が続きますので、ここでしっかり勝点上乗せできるように、サポもここが正念場。最後のひと踏ん張りを選手達ができるよう、全力でサポートしていきましょう。

試合データ

観客: 35,015人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和1-1鳥栖(前半1-1)
レッズ得点者: 興梠(23分)
順位(2nd第13節終了時点): 4位(2nd:7勝3敗3分 勝点24 / 年間:19勝3敗8分 勝点65 1位)
警告・退場: 槙野(警告×1/反スポーツ的行為)
主審: 扇谷 健司 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る