Keep on Jumpin'

2015 ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第1戦 デンカビッグスワンスタジアム アウェー アルビレックス新潟戦

直近の試合は思い出したくもない完敗でちょっと落ち込みがちな状況ではありますが、気を取り直してのヤマザキナビスコカップ初戦は、ウチがACL出場組と言うことでシード扱いの準々決勝からスタート。相手はつい最...

直近の試合は思い出したくもない完敗でちょっと落ち込みがちな状況ではありますが、気を取り直してのヤマザキナビスコカップ初戦は、ウチがACL出場組と言うことでシード扱いの準々決勝からスタート。相手はつい最近もリーグ戦でやったばかりの新潟さんとです。

ナビスコカップの準々決勝、準決勝はホーム、アウェーの2戦で決着を付けますが、まずはアウェーでの対戦からになります。今週の日曜日にホームに戻って第2戦ですね。なのでこの試合の勝敗が直接準々決勝の結果にはなりませんが、アウェーゴールとって勝っておけるとすごく有利ということで、重要な初戦。だったんですが・・・・・・ 前節に続いてもう忘れたい。

2015 ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第1戦 デンカビッグスワンスタジアム アウェー アルビレックス新潟戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用。平日の新潟は仕事の都合でさすがに行けず、テレビ観戦でした。

今日のスタメンは大幅に入れ替えを行って、3バックに森脇、永田、阿部ちゃんの3人。両ワイドにヒラ(右)と橋本さん(左)。ボランチは柏木、青木のコンビ。2シャドーはウメ、武藤。ワントップに李。GKは大谷さん。

日本代表の関係で、西川さん、槙野さん(招集されるもケガで離脱)、興梠さんの3名が不在。ズラタンさんも母国の代表に呼ばれて不在ですので、主力4名が抜けた状態ですが、さらに那須さん、関根さん、ウガをベンチスタートにしてしばらくスタメンスタートがなかったメンツ(ヒラは除くけど)を使ってきた形。

とはいえそれでもウチのサブには代表クラスがそろってますからね。メンツだけみれば十分な戦力。1点だけ気になるとすれば、李のワントップが彼の特性に合っていないのは前から書いてるので、これがうまく機能するか・・・・・・

で、結果的には案の定、李のワントップは機能せず、そこで収まらない、前線トライアングルの連動性もイマイチと言うことでなかなか攻撃の形を作れず。何度か惜しい形はありましたが決定機とはならないまま前半も終わり間際、柏木がレオシルバを倒したリスタートで気を抜いたところをクイックリスタートされて簡単にディフェンスラインの裏をとられたあげくに山崎選手に決められて失点。そのまま後半へ折り返し。

後半も立ち上がりから攻撃は形にならず、そんな状況の中50分にコーナーキックから失点。完全に大谷さんの判断ミスで、ボールを触りに行きながら目測を誤って触れず折り返されるっていう形でそれを舞行龍ジェームズ選手に押し込まれてのもの。

その後もミスからカウンターで裏のスペース使われるっていつものパターンを連発して56分には指宿選手にだめ押し。ここでミシャさん、怒りの3枚同時交代(ヒラ→ウガ、橋本→関根、李→高木)をぶちかますもこれも不発どころか前掛かりになったところにカウンター当てられてさらに2失点ともう散々な結果に。

新潟は終盤4バックから3バックに変更し、5バックできっちり守り、トドメに大学生の強化指定選手に出場機会をあげちゃう程の余裕を見せられる屈辱まで喰らってもう泣きそう。

悲しくなるほどボコボコにされて5失点、完封負け。当然アウェーゴールも1点もとれず、次のホームでは6-0以上で勝たない限り準決勝敗退と、もうこの時点で心が折れそうな負け方で終わりました。

もちろん、1点もとれない攻撃も問題なんだけど、守備の部分での修正が必要かと思われます。

マリノス戦でも中盤から最終ラインのマークがマリノスのダイアゴナルランを多用したポジションチェンジにまったく対応できず、マークずらされまくってやられましたが、今回はラインを高く保ちつつも中盤でのプレスがハマらないため、簡単に中盤でボールキープされて裏のスペース使われるなど、ちょっと良いときの前に勢いを持って全体で出ていく守備が影を潜めて守備が後手を踏んでる感じ。

これが夏の疲れの影響なのか慣れないメンバーによる練度の問題なのかわからないですけどちとやばい状況じゃねーかなと。

とりあえずもう日曜日の試合をやる意味があるのかもわかんないような状況ではありますが、公式戦の機会をうまいこと活かして、リーグ戦につながるような試合をして欲しいと思います。

試合データ

観客: 7,603人
天候: 曇り
試合結果: 新潟5-0浦和(前半1-0)
レッズ得点者: -
警告・退場: 柏木(警告×1/反スポーツ的行為)
主審: 吉田 寿光 氏