Keep on Jumpin'

2015 Jリーグ 2ndステージ 第7節 埼玉スタジアム2002 湘南ベルマーレ戦

前節はアウェーで久しぶりに勝利し、ホームに戻っての第7節は1stステージ開幕戦、アウェーで対戦した湘南と。 直近の湘南は前々節 柏戦、前節 清水戦を連勝していて好調な様子。一方のウチは2ndステージは...

前節はアウェーで久しぶりに勝利し、ホームに戻っての第7節は1stステージ開幕戦、アウェーで対戦した湘南と。

直近の湘南は前々節 柏戦、前節 清水戦を連勝していて好調な様子。一方のウチは2ndステージはまだホームゲームで勝利なしという状況で、前節のいい流れから今節も連勝して勢いに乗るためにもしっかり勝ちたい試合でしたが相手の運動量とハイプレスに苦しみながらも後半に奪った1点を守り切っての完封勝利。

2ndステージ ホーム初勝利に加え、この勝利がJ1リーグ通算350勝目の節目となった他、さらに同日首位の広島が柏に敗れたことで、年間順位で首位を取り返すことができました(2ndステージはまだ8位ですが)。

2015 Jリーグ 2ndステージ 第7節 埼玉スタジアム2002 湘南ベルマーレ戦

さて、今日のスタメンは最終ラインに森脇、那須、槙野。ボランチが阿部ちゃんと柏木のコンビ。両ワイドにウガと関根。2シャドーに武藤とウメ。ワントップに興梠。GKは西川。

東アジアカップに招集されていた関係で前節はアウェーに帯同しなかった興梠さんと武藤さんが復帰して、前節キレッキレで絶好調だったウメと前線でトライアングルを形成。現時点でのベストメンバー。

とはいえ、槙野さんは代表呼ばれてからずーっとフル出場だし、興梠さんや武藤さんも帰ってきて丸1週間は経っていないので疲れが完全に抜けているかは不明。色々と条件的には厳しく、楽なゲームにはならない状況ではありました。

湘南はウチと同様に3バックシステムを採用しているため、ポジション的にはミラーゲームになる形。さらに守備時ウチの前線には5バックでしっかり人を付けつつ、前線からの激しいプレスでビルドアップを牽制し、柏木のところはマンマークで最終ラインから前線への中継をさせないやり方をされたため、かなりやりにくい立ち上がりとなりました(しかも前半からこのハイプレスじゃ、どうせ後半には運動量落ちるだろと思ってたら結局ほとんど落ちねーし)。

これは前節の新潟戦で、立ち上がりにハイプレスから押し込まれて一気に試合のペースを持ってかれそうになったのと同じですが、それでもうまくそれをいなしつつ、思い切ったサイドチェンジや前線トライアングルがうまくポジションを動かしながらスペースを作ってそこを突くなど、攻撃の形は作れていました。

ただ、この日のピッチは水をまかなかった影響かちょっとボールが重たい感じで、パスの強弱を見誤ったようなミスも多く、さらに柏木さんも本調子でないのか前半は特にロングボールの精度がイマイチ。両サイドからのクロスもなかなか精度が上がらすという感じで、攻撃の形は作っているものの最後の精度の問題でビッグチャンスにはならない時間帯が続きました。

そんな感じで長いこと攻撃の形は作りながらも決定機は迎えられない、我慢の展開が続きましたが、後半に折り返してすぐの58分、ついに待望の先制点。

柏木さんからのボールに興梠さんがペナ内で身体をうまく使ってサイドからサポートした関根さんに落とすと、グラウンダーのゆるいクロスをマイナスに折り返しますが、そこに走り込んでくる選手はなし。あーっと思ってたら一旦ゴール前に入り込んでいた槙野さんがこのボールに反応。猛然と戻りつつ、反転しながら難しい体勢で放ったシュートが見事にゴールに吸い込まれました。気迫のこもった素晴らしいゴール。

その後も興梠さんがカウンターからGKと1対1になったシーンや、柏木さんの溜めから絶妙なクロスに途中交代のズラが合わせたシーンなど、追加点がとれそうな決定機もありましたが得点ならず。

結果、残り10分は最後まで運動量の落ちなかった湘南に押し込まれる形になってしまいましたが、そこはディフェンス陣をはじめ最後のところはしっかり身体を張って守りきると、2ndステージ ホーム初勝利となりました。

けっして楽なゲームではありませんでしたが、2ndステージに入ってからここまで好調の湘南からしっかりと勝点3をとれたことは評価に値するのではないでしょうか。1stステージにみられた守備の粘り強さも前節、今節と戻って来た感はありますし、このまま続けて欲しいなと思います。

2015 Jリーグ 2ndステージ 第7節 埼玉スタジアム2002 湘南ベルマーレ戦

さてこれで一旦、2ndステージ開幕から続いた代表戦も含めた厳しい連戦の日程はひと段落。来週の土曜日はホームで仙台と対戦となります。1stステージでの対戦は見事なバカ試合、無茶苦茶な打ち合いでの際どい引き分けとなりましたが、次はホームでしっかり勝って、前半戦の借りを返したいですね。

試合データ

観客: 36,185人
天候: 曇り
試合結果: 浦和1-0湘南(前半0-0)
レッズ得点者: 槙野(58分)
順位(2nd第7節終了時点): 8位(2nd:3勝2敗2分 勝点11 / 年間:15勝2敗7分 勝点52 1位)
警告・退場: 那須(警告×1/反スポーツ的行為)、関根(警告×1/反スポーツ的行為/次節出場停止)
主審: 木村 博之 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る