Keep on Jumpin'

2015 Jリーグ 2ndステージ 第5節 埼玉スタジアム2002 ヴァンフォーレ甲府戦

東アジアカップの影響などで中断期間に入る前、最後の試合はミッドウィーク開催のホームゲーム。埼スタにヴァンフォーレ甲府を迎えて。前節、前々節と連敗という厳しい状況で迎えたホームゲーム、ここはきっちり勝点...

東アジアカップの影響などで中断期間に入る前、最後の試合はミッドウィーク開催のホームゲーム。埼スタにヴァンフォーレ甲府を迎えて。前節、前々節と連敗という厳しい状況で迎えたホームゲーム、ここはきっちり勝点3を獲って中断期間に入りたかった試合でしたが、残念ながら先制するものの後半に同点にされてそのままドロー。勝点1を獲得するに留まりました。

2015 Jリーグ 2ndステージ 第5節 埼玉スタジアム2002 ヴァンフォーレ甲府戦

今日のスタメンは最終ラインに岡本、那須、槙野。ボランチが阿部ちゃんと柏木のコンビ。両ワイドにウガと関根。2シャドーに高木と武藤。ワントップに興梠。ということで、前節一発レッド喰らって出場停止になった森脇さんの代わりに岡本さんが先発という布陣。

甲府はまぁいつも通りですが、守備時5-4-1でしっかりブロックを作って基本的には自陣から出てこないで守り固める策。前線にバレー選手がいるので、引いて守ってからのカウンター狙いというやり方ですね。やりにくい相手。

とはいえ、ウチも焦れずに後方でしっかりパスを回しつつ甲府ディフェンスの穴を丁寧に探していく作業を繰り返し、隙を突いては何度かチャンスを作るなど、内容的には悪くない立ち上がりでした。

先制点は前半38分。ペナ内でのルーズボールをシュートにいった岡本に対して、甲府の阿部選手が足裏での危険なチャージをぶちかましやがりましたが、それがキッキングということでPKに。このPKをキャプテンが冷静に決めてのもの。

失点後も特に甲府はやり方を変えず、引いて守ってカウンター狙いだったため、前半はウチも無理せず時間を使ってそのまま1点リードして折り返し。

後半はさすがに甲府も前からちょっとは来るかなと思ってたんですが、それもなく同じように引いて守ってカウンター狙い。本来はそういう相手に対してこちらも無理せず、時間を使って逆に前掛かりにさせてからの、こちらがカウンターを当てるくらいが理想的。ところがどうもここ数試合のウチは勝ってる状況で無理に2点目をとりに行った結果、カウンター喰らうっていうパターンが多くて正直失望しますが、今日も全く同じやられ方をしてくれました。

広島戦のレビューでも書きましたが、勝っているチームがわざわざカウンター喰らうようなリスクを取った攻撃をする必要は全くないにもかかわらず、なぜか同じミスを繰り返す・・・

失点は興梠のビッグチャンスから一転、それを相手GKに防がれるとそこから甲府のカウンターが発動。伊東選手に縦に一発で走られて、切り替えされたところで対応していた岡本がついていけずに転倒。フリーになった伊東選手にミドルシュート叩き込まれてのもの。正直安い失点です。しかもこのプレーで岡本は負傷(肩を脱臼したらしいですね・・・那須さんもまた鼻折れたって言ってたし大丈夫なんでしょうか・・・)したらしく、青木さんに交代。

もしかするとなまじ 1stステージでの得点がとれるイメージが強く残ってるのが悪い影響を与えているかもしれません。自分たちなら引いた相手でも崩せる、攻め続ければ追加点をとれるという気持ちが、1stの時のようにうまく回っている時はツキを引き寄せていい結果になりますが、今はそのツキみたいのに見放されている時期なので、悪い方にでちゃう。簡単にいえば自分たちの力を過信して無理な攻撃を展開した結果、自滅している気がします。

試合を観ている限り、先制点もとれているし、内容も悪くない。でも勝てないという状況なわけですが、個人的に内容は悪くないんだからなんかのきっかけで点さえ入るようになれば復調するだろとあまり楽観的には考えられないんですよね。

勝っている状況にもかかわらずカウンターから簡単にやられている時点で、相手は「浦和には先制されても、あいつら勝手にリスクとって前掛かりで来てくれるからカウンター当てればいいや」と看破されていると見た方がよいのではないかと。

今日の甲府も普通、負けてる試合でひたすら引いて守ってカウンター狙いなんて普通やらないですよ。まぁ甲府の場合はメンバー的にできることが限られているとは言え・・・

引いて守ってれば少ないながらも何度かはチャンスは来ると信じて耐えていたところに本当にそのチャンスをこちらから与えてしまっている時点でちょっと深刻に受け止めないといけない事態なんじゃないかなと思います。このままだと良い試合はしてるのにねーなんて言ってるうちにずるずる落ちていく感じになりかねません。

さて、同点に追いつかれてからの残り約30分は、73分に柏木→ズラタン、77分に興梠→ウメとして前線に攻撃的な選手を投入。ところが焦りからか中へ中へと行ってしまって、前線は大渋滞。両ワイドのウガ、関根も終盤運動量が上がらない中でサイドも効果的に使えず、まさに日本代表が直近のシンガポール戦で陥ったのと同じような状況で、ひたすら押し込むも得点はならず。

しかもズラ、ウメを入れて、高木を残していることで、武藤さんがボランチやらされるっていう・・・ チーム内トップスコアラーを前線から遠ざけて後方での守備と配球に専念させるなんてのはちょっと信じがたい起用の仕方でした(なんかこれもシンガポール戦で元気がボランチ起用されたのとかぶった・・・)。

点をとりたいっていう気持ちはわかるんだけどちょっと無茶なやり方だったんじゃないかなと。もちろん、もしあれでゴールが生まれていれば采配が当たったねって言われるわけだし、結局は結果論でしかないんですけどね。

とにかくこれでしばらく中断期間を挟みますので、この時間を使って修正すべき点はきちんと修正してもらって、再開後の初戦(アウェーの新潟戦ですが)を勝利で飾れるように、期待しつつサポートしたいと思います。

試合データ

観客: 22,363人
天候: 曇り
試合結果: 浦和1-1甲府(前半1-0)
レッズ得点者: 阿部(38分/PK)
順位(2nd第5節終了時点): 14位(2nd:1勝2敗2分 勝点5 / 年間:13勝2敗7分 勝点46 2位)
警告・退場: 武藤(警告×1/反スポーツ的行為)
主審: 扇谷 健司 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る