Keep on Jumpin'

2015 Jリーグ 2ndステージ 第4節 パロマ瑞穂スタジアム アウェー 名古屋グランパス戦

前節はホームで広島に今シーズン、リーグ戦では初の黒星を喰らって、連敗だけは避けたかったアウェーでの名古屋戦でしたが、今節も残念ながら結果が出ず、連敗となってしまいました。 広島戦もそうだけど、内容的に...

前節はホームで広島に今シーズン、リーグ戦では初の黒星を喰らって、連敗だけは避けたかったアウェーでの名古屋戦でしたが、今節も残念ながら結果が出ず、連敗となってしまいました。

広島戦もそうだけど、内容的にはよくて、先制点も取れているのに、試合運びがまずくて同点、さらに逆転されるっていう今シーズンは鳴りを潜めていた勝負弱さ的なものがここに来て出てきてしまっているのが残念。暑さのせいなのかなんなのか・・・・・・

今日は予定合わなくて現地行けなかったので、テレビ観戦していました。

2015 Jリーグ 2ndステージ 第4節 パロマ瑞穂スタジアム アウェー 名古屋グランパス戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

今日のスタメンは最終ラインに森脇、那須、槙野。ボランチが阿部ちゃんと柏木のコンビ。両ワイドにウガと関根。2シャドーに高木と武藤。ワントップに興梠。ということで、前節は出場停止だった那須さんが復帰。さらに前節に引き続き高木が先発。

名古屋は3バック、守備時5バックになる形でシステムを合わせてくる策。基本的にはウチの中央への楔を潰しての、俊足、永井選手を活かしたカウンターっていう狙いですね。俊足も永井選手くらい速いとさすがに脅威というか、一歩遅れたらもう一気にもってかれるので非常に緊張感のある立ち上がりになりました。

とはいえ、ウチはいつも通りポゼッションから名古屋ディフェンスライン前方のスペースをうまく興梠、武藤、高木の3枚が使いつつ、そこからフリックなどのワンタッチプレーで果敢に名古屋ディフェンスの裏を狙うなど、攻撃の形としては非常に洗練されたよい立ち上がりで、名古屋は最終ラインがウチの前線にそれ程ガツンと強く当たってこないのもあってうまく前線の選手がポジションを変えつつボールを引き出しては空けたスペースに柏木あたりがオーバーラップして入り込んでくるなど、各選手が高度に連動した攻撃が展開できていました。

その流れの中で先制点は19分、記録的にはオウンゴールとなりましたが、高木がうまくバイタルでボールを引き出してワンタッチでディフェンスラインの裏に抜け出した柏木へ絶妙なスルーパス。これを柏木が左足でシュート(というよりは多分興梠を狙ったクロスだったと思われ)するとそれが相手ディフェンスの足に当たってコースが変わり、そのままゴールへ。いい時間帯での先制点となりました。

ただこの後がちょっといただけなかった。先制点からたった1分後、自分たちのミスから中盤でボールロストすると名古屋のカウンター。永井選手にスピードで抜け出されて、対応した那須さんが一旦は身体をうまく当てて対応したと思いきや、粘った永井選手が折り返したボールにフリーの川又選手が頭で合わせてのもの。

先制している状態でまたも稚拙な試合運びが出てしまいました。さらに最悪だったのはその数分後に、またしても中盤で悪い形でボールロストして喰らったカウンターで、抜け出した永井選手と競った森脇さんが決定機阻止の一発退場。たった3、4分程度の間に、永井選手のスピードを活かしたカウンターで1失点、1人退場と散々な展開となってしまいました。

森脇の退場については個人的にはちょっと厳しかったかなと、例えば永井選手に完全に置いて行かれて、森脇が後ろからチャージしたとかならあれですが、ホールディングっぽかったとはいえ、一応フィフティーに競ってたので、イエローカードで妥当だったんじゃないかと思いますが、まぁ仕方ないですね。手を使ったのは確かだし、完全に裏に抜け出されてしまったので決定機阻止と言われてしまえば言い逃れしにくい感じでした。

とはいえ、数的不利になったにもかかわらず、名古屋が数的優位を活かしてイケイケでくることもなく、淡々とやってくれたので、ウチとしては助かりました。逆に前半立ち上がり同様に、ワンタッチプレーをうまく使いながら名古屋ディフェンスの裏を狙いつつ、数的不利とは思えないような展開で前半を折り返し。

後半はさすがに名古屋も前半の川又選手1トップから、川又選手と永井選手を並べた2トップに変更し、数的優位を活かしに来ますが、引き続きウチも連動性を活かしてチャンスを作るなど、1人少ないながらも素晴らしい戦いをしてくれました。

が、63分に矢野選手にフリーな右サイドを使われると、そこからグランダーのミドル叩き込まれて失点。数的不利ながら耐えてはいましたが、大きなサイドチェンジをされてしまうとやはり相手にフリーな選手が出てきてしまいます。この時は対応したウガ(?)の下がり方がちょっと悪かった気もしますが、矢野選手を追い越すように名古屋の選手が外側からランニングしたため、サイドで2対1の状況を作られてしまったため、あそこは詰められなかったですね。しかし悪くない流れが作れていたのにあの一瞬のスキを突かれて失点してしまったのは残念というかもったいなかったです。

その後は名古屋が引いたため、ウチが押し込む時間帯が増えましたが、さすがに5バックでライン作って守られてしまうと崩すのは簡単ではなく、72分~76分の間に、高木→ズラタン、那須→ウメ、関根→橋本と一気に3枚、攻撃的な選手を投入して気合いで追いつきに行きますが、結局同点にはできず。試合終了間際に途中交代の橋本さんから絶妙なクロスがどフリーの興梠さんに合って、同点!と思ったらまさかの外しで得点ならず・・・・・・ 結局そのまま時間切れとなってしまいました。ちょっとここ数試合の決定力不足は深刻な感じですね。

これで2ndステージは初戦の勝利のみで、その後は引き分け→負け→負けときてしまい、勝点は4のままで足踏み。年間順位も2位の広島が今節も勝ったことで逆転されて2位となってしまいました。

ちょっと今は苦しい時期に入ってしまっているのかもしれませんが、ここで踏ん張らないといけない正念場。内容は悪くないので、選手達には自信を持って取り組んでもらいつつ、サポもこの苦しい状況を抜け出せるように今一度気合い入れてサポートしていく必要がありそう。

次節も連戦。水曜日にはホームで甲府戦があります。ここできちんと勝って、もう一度勢いを取り戻す必要があると思いますので、全力でサポートしていきましょう。

試合データ

観客: 17,624人
天候: 晴れ
試合結果: 名古屋2-1浦和(前半1-1)
レッズ得点者: オウンゴール(19分)
順位(2nd第4節終了時点): 13位(2nd:1勝2敗1分 勝点4 / 年間:13勝2敗6分 勝点45 2位)
警告・退場: 森脇(退場×1 得点機会阻止/次節出場停止)
主審: 廣瀬 格 氏