Keep on Jumpin'

2015 Jリーグ 2ndステージ 第2節 NDソフトスタジアム山形 アウェー モンテディオ山形戦

前節、2ndの開幕戦はアウェーで松本に苦しみながらも勝利して、中3日でまたもアウェー、今度は山形との対戦。平日の夜に山形は仕事の都合で無理だったので、今回もテレビ観戦です。 画像はスカパー!オンデマン...

前節、2ndの開幕戦はアウェーで松本に苦しみながらも勝利して、中3日でまたもアウェー、今度は山形との対戦。平日の夜に山形は仕事の都合で無理だったので、今回もテレビ観戦です。

2015 Jリーグ 2ndステージ 第2節 NDソフトスタジアム山形 アウェー モンテディオ山形戦

画像はスカパー!オンデマンドより引用

今日のスタメンは最終ラインに森脇、那須、槙野。ボランチが阿部ちゃんと柏木のコンビ。両ワイドにウガと関根。2シャドーに李と武藤。ワントップに興梠。ということで、もう少しメンバーをいじってくるかもとは思ったのですが、李がスタメンに入った以外はいつものメンツ。

山形はさすが石崎監督って感じの、相手の良いところを徹底的に消すやり方。1st で対戦した時もその堅い守備に苦労させられましたが、今回も同じ。

3バックの前に、3ボランチを並べる形で中央への楔を徹底的に消しつつ、守備時には5バックになってサイドのスペースも消してくるので、ウチのサイドアタッカーの前にはほとんどスペースがなく、興梠やシャドーの2人にも簡単には縦に付けられないので攻撃的には手詰まりにさせられる非常にストレスの溜まる展開。

さらに山形は前線からの素早いプレスでウチのビルドアップにプレッシャーをかけると、ミスを連発したウチが何度かショートカウンターから決定機を作られるなど、試合の流れ的には完全に山形ペースで進みました。

山形のフィニッシャーの精度が低かったおかげでシュートがほぼ枠にこず、その意味では本当にやばい場面はほとんどなかったんですが、もう少しクオリティの高い選手が前線にいたら3、4点はいかれててもおかしくないくらいのチャンスを作られていて、まぁ失点しなくてよかったなと言うくらい。

中央でスペースを消されてしまったために、久々にスタメンの李もよいところを出せず。囲まれてボールは収まらず、周りとの連動もイマイチでほとんど仕事をさせてもらえないまま後半途中で交代となりました。

さらに、その交代策も今日はハマらず。59分に李→青木として柏木をシャドーの位置に上げますが、青木さんが中盤で全くボールを引き出したりさばいたりできないもんだから完全な前後分断になっちゃってさらに攻撃は停滞、守備では中盤のスペース使われてやられるなど散々な出来。

68分には武藤→ズラタン、さらに78分には関根→高木と攻撃的な選手を入れますが、ズラタンさんもあのマークの中ではなかなかポストプレーできず、シャドーに下りた興梠さんも持ち味を出せずで状況は好転せず、高木さんなんかほぼボール触らず消えちゃってる状態でそのままスコアレスでの引き分けとなりました。

山形さんとしては作ったチャンスの数からすれば勝ちたかった試合でしょうし、ウチとしてはなんとか引き分けたみたいな試合になってしまいました。多分今シーズン通して今まででもワーストワン候補な試合内容だったと思います。

とは言ってもまぁアウェーで勝点は取れたわけだし、無敗記録も継続中と言うことで、そこまで悲観的になることはないとは思いますが、2nd開幕から2戦はアウェーとはいえ昇格組との対戦。1stも同様に開幕から2戦を昇格組と戦って勝ったことで勢いに乗りましたが、今回は2戦目で引き分けという結果をどう見るか。

しかも次節は2nd開幕から2連勝中の広島ということで、週末は非常に重要な試合になりそう。現在広島は2ndで首位、年間勝点でもウチのすぐ下、勝点でいうと5差の2位です。直接対決できっちり勝てば、2ndの勢い的にも、年間勝点で2位との差を広げられるという意味でも最高の結果になりますので、2ndのホーム開幕、きっちりサポートしていきましょう。

試合データ

観客: 10,849人
天候: 雨
試合結果: 山形0-0浦和(前半0-0)
レッズ得点者: -
順位(2nd第2節終了時点): 7位(2nd:1勝0敗1分 勝点4 / 年間:13勝0敗6分 勝点45 1位)
警告・退場: 那須(警告×2 退場 次節出場停止/ラフプレー/反スポーツ的行為)、槙野(警告×1/反スポーツ的行為)、ズラタン(警告×1/ラフプレー)
主審: 松尾 一 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る