Keep on Jumpin'

ACL 2015 グループG 第4節 埼玉スタジアム2002 北京国安戦

先週末は埼スタでお花見してたはずなのに、なぜかしまったはずのダウンコート引っ張り出してきて着てても超寒い、真冬のような気温となった水曜日に行われたACLは、前回アウェーでやられた北京国安とホーム埼スタ...

先週末は埼スタでお花見してたはずなのに、なぜかしまったはずのダウンコート引っ張り出してきて着てても超寒い、真冬のような気温となった水曜日に行われたACLは、前回アウェーでやられた北京国安とホーム埼スタで。

ACL 2015 グループG 第4節 埼玉スタジアム2002 北京国安戦

結果から言えば引き分けちゃって終わった感ハンパないわけですが、数字上はこれでもまだ予選突破の可能性あるみたいですね。

今日のスタメンは最終ラインに森脇、那須、槙野のいつもの3人。ボランチは珍しく阿部ちゃんを温存して柏木、青木のコンビ。両ワイドにヒラと橋本さん。2シャドーに石原、武藤。李のワントップ。GKは西川さん。

で、個人的には李のワントップ、失敗です。これ別に今回に限らず、以前から機能しないのわかってるのになんでいまだに彼をワントップで起用するのかが本当にわかりません(李選手がダメって言うことではないです。ワントップに向いてないって言うだけ)。

ワントップでの李は、不得意なポストプレーをこなそうと健気に頑張ってくれますが、それによって彼の裏に抜ける動きや、ゴール前でクロスなどに飛び込んでくる点取り屋としての彼の良いところがぜーんぶスポイルされちゃって無意味。今日のメンツであれば、李よりも石原さんの方がワントップには向いてるんだから、彼にそれをさせて、李はトップ下でのコンビネーションを期待した方が良いと思うんだけど、その辺は監督の考え方なんでしょう。

それから、柏木さんのボランチに関しても前から何度も書いてるとおり、守備面でのマイナスが大きすぎるからやめとけとホント思う。実際にこの試合でも前半に関してはその良くない点ばかりが目立ち、ヘタすれば前半で複数失点して終わってた可能性もあるような内容でした。

北京国安に関しては、前回の対戦と同様、球際もかなり激しく、中盤をコンパクトにして前からガンガンプレスかけて、奪ったら縦に素早く、裏のスペースを狙ってくるっていうやり方ですが、ウチは立ち上がりから完全にパワー負けして、前線では全くボール収まらない、中盤でもボランチのところでの守備が軽いので簡単に相手にボール収められたあげくに裏抜けされること複数回。そのうち何回かは西川さんと1対1の場面を作られるなど、いつ失点してもおかしくないような状況が長く続きました。

あちらさんの球際の激しさに比べて、ウチは出足も鈍く、完全に当たり負けしているような状態だったので、いい位置でボール奪取もできず、前線にたまに楔が入っても、全部潰されて終わり。前線3人の連動性にも欠け、得点の気配はほぼしない前半になってしまいました。

さらに前半33分にはコーナーキックから失点と、ここまではまぁ最悪の状況。ニアですらされて、ファーでドフリーっていうよくある形での失点でした。

とはいえ、後半はうって変わってウチの時間帯に。前半も、ウチの大きめのサイドチェンジで、橋本さんやヒラがフリーになる場面が何度か見られたんですが、それに北京国安が対処するため、途中から守備時最終ラインを6枚にしてワイドに広げたんですよね。6-2-2みたいな感じになってたはず。

その結果として、相手の重心が後ろがかりになったことでウチのボランチ、および前線のトライアングルに対するプレッシャーが減ったため、縦に楔を入れられる回数が増えたのと、李も前半に比べればボールを収められるようになったため、石原さんや武藤さんがそこと連動してゴールに向かいながらボールを受ける機会が増えて、フィニッシュまでつながる回数も徐々に上向いてきました。

で、ついでに前線が機能し始めると、槙野や森脇が高い位置を取れるようになるので、後半はほぼウチが押し込んで、あと足りないのは得点だけという状況に。特に、温存していた阿部ちゃんを72分に投入してからは中盤も安定して相手のカウンターもほぼ発動させず攻め続ける展開。その流れで得たコーナーキックで、途中交代した高木が蹴ったボールを槙野が頭で合わせて同点に。

そのままの勢いで逆転したかったのですが、最後の最後、ちょっとしたクロスの精度やシュートの精度を欠いて結局追加点は奪えず。結局は悔しい引き分けになってしまいました。

これでACLは4試合して3敗1分けの勝点1。北京国安はグループ首位で勝点10に乗ったので、これを逆転は無理ですが、2位の水原三星が4試合終わって勝点7ということで、最初にも書いた通り数字上はまだ可能性あり。

ウチが2連勝、水原三星が2連敗で、あとは得失点差で・・・ ってところですね。まぁ厳しいっちゃ厳しいんですが、もう予選突破できるとかそんなことより、最後の2試合、意地を見せないといかんでしょという感じで、しっかりサポートしたいと思います(とはいっても予選最終節、アウェーのブリスベンは行けないんだけど)

ということで、今週末は川崎さんとのアウェーでの対戦がありますので、そちらに切り替えて行きたいと思います。相変わらず攻撃力だけはハンパない川崎さんですが、そこをきっちり抑えて勝ちたいですね。

試合データ

観客: 13,683人
天候: 曇り
試合結果: 浦和1-1北京国安(前半0-1)
レッズ得点者: 槙野(74分)
警告・退場: 武藤(警告×1)
主審: アブドゥラー バリデー 氏