Keep on Jumpin'

ACL 2015 グループG 第3節 北京工人体育場 アウェー 北京国安戦

リーグ戦は開幕から2連勝と素晴らしいスタートを切れましたが、ACLの方は2戦していまだ勝利なしと苦戦している状況で迎えたアウェーでの第3節は、中国、2連勝で現在グループGトップの北京国安と。 前線に強...

リーグ戦は開幕から2連勝と素晴らしいスタートを切れましたが、ACLの方は2戦していまだ勝利なしと苦戦している状況で迎えたアウェーでの第3節は、中国、2連勝で現在グループGトップの北京国安と。

前線に強力な外国人(複数)を揃え、球際激しく中盤で奪ってから前線のタレントを活かすカウンターサッカーっていうACLで当たるアジアのクラブにはよくあるパターン。ただこの手のチームは苦手ですね・・・・・・

ACL 2015 グループG 第3節 北京工人体育場 アウェー 北京国安戦

さて、今回も現地には行けていませんのでテレビ前観戦ですが、スタメンは最終ライン、森脇、永田、槙野。ボランチに阿部ちゃんと啓太のコンビ。両ワイドにヒラと橋本さん。2シャドーに柏木と武藤。石原さんのワントップ。

那須さんは前節のレッドカード退場での出場停止。そこに永田さんが久々の先発。橋本さんはキャンプで調子よさそうだったわりには公式戦では初戦(水原三星戦)のみスタメンだったもののその後は出場機会なし。個人的には期待してたんだけど、ここに来てやっと2度目のスタメン起用。コンディションが万全でない興梠さんはお休みさせて石原さんをワントップに。

北京国安は立ち上がりから球際激しく、前線からしっかりとプレスをかけてくる形。ピッチコンディションが悪いこともあってパススピードが上がらず、繋いでいきたいウチとしてはやりにくい状況の中、中盤で潰して前線のダムヤノビッチ選手などに当ててくる縦ポンサッカーなんだけど、このダムヤノビッチ選手が高さあるし足元もうまいのでボールが収まるのと、そこはマッチアップしていた槙野がとてもうまく押さえ込んでいたとは思うけど、そうすると2列目からもう1人の外国人、バタージャ選手あたりがゴール前に進入してくるっていう嫌な感じの相手(某名古屋のケネディ、玉田さんの関係みたいな感じね)。

最終ラインではじき返したボールを中盤で啓太あたりが回収できればいいんだけど、それができなかったのでなかなかウチの攻撃の形を作らせてもらえないまま前半は押し込まれる展開になってしまいました。

石原さんのところもボール収まるとすぐに2,3人に囲まれて潰される感じで、相手の縦ポンで中盤から最終ラインが少し下げられてスペースがあるのと、柏木などもプレッシャーを嫌って少しポジションを下げるので石原さんへのサポートが遠く、そこで時間を作れないのでなかなか2列目以降が縦にスピード感を持って出ていくことができず、単純なクロスの放り込みでは北京国安の最終ラインも強さがある選手が多いので・・・・・・ という展開。

また、主審のハッサンさんは後ろからのコンタクトはかなりきっちりファールとる感じの基準でしたので、ウチの最終ラインとしては相手の前線へのパスに対して、前を向かれる前にガツンと当たって奪ってからの攻撃転換したいんですが、そこで結構笛吹かれちゃうので、ボールアプローチは少し難しい感じになっていました。正面からのタックルはかなりえげつない感じでもファール取られないんですけどね・・・・・・

後半は多少、相手の運動量が落ちたことで中盤にスペースができはじめ、そこを武藤などがうまく使って攻撃の形を作るようになりますが、数回あった決定機に決めきれずのいつものパターン。

63分には啓太→高木として柏木を1列下げる策。さらに70分にはアクシデントで武藤→ウメ。特にウメのクロスから石原さん(実はその後ろで永田さんがドンピシャだった)のヘッドのシーンなんかはもうもらったと思ったんだけどそれも決めきれず。

そんなことやってるうちにまさかの西川さんの凡ミス。ロングボールをキャッチしに飛び出したものの永田と競っていた相手選手と交錯してキャッチできずファンブル。そのこぼれ球をバタージャ選手に押し込まれて失点。永田さんがほぼ競り勝っている状況でキャッチしに行く選択は結果的にはミスになってしまいました。まぁ西川さんはあの辺思い切って飛び出すのが持ち味だからある意味仕方ないんですけどね。弘法も筆の誤りというか、西川神にもミスはあります。

アウェーとはいえ状況的に勝たないといけない試合で先に失点してしまったので、状況的には最悪。80分にはヒラ→関根として攻撃に枚数を増やしますが、その代償として相手カウンターを受けるリスクも当然上がります。結果的には1失点目からたった6分でそのカウンターから追加点を決められてほぼ試合は終わり。

結局、決定機に決められず、ミスとカウンターから失点して負けるっていう、ウチの悪いときの特徴がもろに出た試合になってしまいました。

全体的に出足が鈍く、球際に関してももう少しきっちり詰めて欲しいところができていなかった感がありますが、中2日という日程のせいなのか? とはいっても啓太や橋本さんなんかは比較的フレッシュだったと思いますが、ちょっと期待したほどではなかったですね。まぁ試合に出れていないとコンディションが低下する場合もあるので、休んでいたからいいってものではないんですけども。

ということで、ACLのグループステージもこれで半分が終了。0勝3敗でぶっちぎりの最下位になってしまいましたし、例年、グループステージの突破には最低でも10~12程度の勝点が必要(でも10、11くらいだと危ない)ですから、有り体に言ってしまえば予選敗退でほぼ決まりなんですけども、残りのホーム2試合とアウェー1試合を有意義に使って欲しいと思いますよ。

週末には大事なリーグ戦、2連勝同士の対戦となるアウェー広島が控えてますので、そっちに備えることにします。

試合データ

観客: 38,355人
天候: 晴れ
試合結果: 北京国安2-0浦和(前半0-0)
レッズ得点者: -
警告・退場: 永田(警告×1)、関根(警告×1)
主審: アブドゥラ ハッサン 氏

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る