Keep on Jumpin'

2015 Jリーグ 1stステージ 第2節 埼玉スタジアム2002 モンテディオ山形戦

開幕戦はアウェーで勝利してリーグ戦の方はさい先のよいスタートを切りましたが、第2節はホーム開幕となる山形戦。前節は直輝(期限付き移籍だけど)、ツボとの古巣対決、今回はギシさんとの古巣対決となります。 ...

開幕戦はアウェーで勝利してリーグ戦の方はさい先のよいスタートを切りましたが、第2節はホーム開幕となる山形戦。前節は直輝(期限付き移籍だけど)、ツボとの古巣対決、今回はギシさんとの古巣対決となります。

2015 Jリーグ 1stステージ 第2節 埼玉スタジアム2002 モンテディオ山形戦

今日のスタメンは最終ラインに槙野、那須さん、森脇。ボランチに阿部ちゃんと青木、両ワイドにウガとウメ。トップ下が柏木、石原さんコンビ、興梠のワントップ。

山形はウチに合わせて3バックスタートで、守備時5バックの5-3-2のような形で守備から入る立ち上がり。

山形の立場として見れば、昇格イヤーに前年2位とのアウェーでの対戦ですから、とにかく負けない戦いになるのはわかりやすい。実際にその狙い通り、前半はウチもいい攻撃の形を作らせてもらえず、膠着した試合になりました。

前半に関しては相手の5-3のラインがウチの前線5トップをタイトにマークしている状況に加え、2トップがビルドアップのところ、特に中盤で青木さんがボールを受けてさばくような時間を消しにきたため、中央で作ることができず、回避策としてサイドからトップに横方向のボールを入れる、中央を固められたときに以前からよくやるやり方をしていて、それ自体は狙いとしては悪くなかったと思いますが、シュートレンジで相手ゴール前にDFが多く、フィニッシュまでは持って行けない状況が長く続きました。

欲を言ってしまえば、その状況でもシャドーがうまく上下するとか、青木さんのポジションの取り方で中央にボール付けて、そこからサイドとか言う展開がもっと積極的に出せると面白いのですが、まぁ前半に関してはリスクマネジメントしつつ、焦らずにやれたという意味では悪くなかったんではないかと思います。それに前半の終盤は、ウガが中に絞ったスペースを槙野が使ってサイド攻撃に厚みを出すなど、選手間で色々工夫しているのも見てとれましたし。

スコアレスのまま後半へ折り返すと、後半開始と同時に青木→武藤と交代して、柏木をボランチに下げる策。さらにウガとウメの位置を入れ替え。

武藤さんはトップ下でうまく相手ディフェンスの間だ間だに顔を出しつつボールを引き出すことができるのと、後半はさすがに山形も少し運動量が落ちたことで、徐々に中央で作れるようになると、そこからはほぼウチの時間帯。

さらに62分には興梠→高木として、石原さんをワントップに。続けて68分にはウメ→関根としてサイドをリフレッシュ。もう交代メッセージ的には「点取ってこい」という形で前掛かりに。興梠さんは前節、湘南戦の際も話してましたが、ブリスベン・ロアー時に首を痛めたのを引きずってて、元々コンディションが万全ではないので交代は仕方ないのかもしれませんが、個人的には興梠が下がってトップに入ってからの石原さん、とてもよいと思うので彼はシャドーもそつなくこなすし、ワントップでもいいし、ここは期待できるところかなと思ったりします。

これは湘南戦の時にも書いたけれど、石原さんのゴール前に斜めに入ってくるオフザボールの動きは相当レベル高いし、それを90分きっちりできるとことが彼の良さだと思うんですが、シャドーの位置だとそういう動きが少し制限されている感があるけど、トップに入ってから彼の動きはいいなと。あとは周りがそれをうまく活かすようなプレーをしてくれれば結果もついてくるんじゃないかなと思います。

で、今日の得点は阿部ちゃんのスーパーゴール。もうこのワールドクラスのすげーシュートを生で見られただけでも、この試合を観に行った価値があるくらいのゴラッソでした。クロスボールを相手ディフェンダーに一旦ははじき返されるものの、そのこぼれ球に走り込んできた阿部ちゃん渾身のミドル。ゴール左上隅に突き刺さる超高速弾丸シュートで、あれはさすがのギシさんもどうしようもないレベル。攻めながらもゴールが遠かった試合を、キャプテンの一発で勝ちゲームにしてくれました。

さて、開幕から2連勝と、リーグ戦での滑り出しは好調ですが、とは言っても厳しい見方をすれば、ここまで2戦の対戦相手は昇格組。もちろん、楽な相手ではありませんでしたが、ここまでは客観的に見ても勝つのがある程度予想された相手でした。第3節はアウェーで広島との対戦ですし、広島も開幕から2連勝中。という意味で次をきっちり勝点とって帰ってこられるかが、非常に重要なアウェーゲームとなりそうです。

と、その前に火曜日にはアウェーでACL、北京国安との試合があります。ACLは2連敗中ですので、過密日程で厳しい中のアウェーですが、勝点を取って帰ってきて欲しいです。

おまけ

試合終了後の様子と、試合終了後にギシさんがわざわざ浦和サポーターに挨拶に来てくれたのでその様子を動画で。

試合データ

観客: 40802人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和1-0山形(前半0-0)
レッズ得点者: 阿部(83分)
順位(1st第2節終了時点): 1位(2勝0敗0分/勝点6)
警告・退場: -
主審: 家本 政明 氏

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る