Keep on Jumpin'

FUJI XEROX SUPER CUP 2015 日産スタジアム ガンバ大阪戦

今シーズンの公式戦初戦は、平日夜のアウェー韓国でのACL、水原三星戦でしたが、日本に戻って、今日はJリーグの方の開幕前哨戦となる「FUJI XEROX SUPER CUP 2015」。日産スタジアムに...

今シーズンの公式戦初戦は、平日夜のアウェー韓国でのACL、水原三星戦でしたが、日本に戻って、今日はJリーグの方の開幕前哨戦となる「FUJI XEROX SUPER CUP 2015」。日産スタジアムにてガンバ大阪と、今年最初のタイトルを賭けての対戦。

FUJI XEROX SUPER CUP 2015 日産スタジアム ガンバ大阪戦

結論から言ってしまえば負けたんで今季初タイトルはおあずけになりましたが(す、スカパー!ニューイヤーカップは獲ったけどね......)、まだメンバーを入れ替えて実戦での組み合わせを試している感はあるにせよ、色々と課題も見える結果となってしまいました。

さて、今日のスタメンは、最終ライン、森脇、那須さん、槙野。ボランチに柏木と阿部ちゃんコンビ。両ワイドにヒラと関根くんが先発。2シャドーにウメと新加入の高木。李がワントップ。GKは西川さん。

FUJI XEROX SUPER CUP 2015 日産スタジアム ガンバ大阪戦

ガンバは前から無理せず、しっかりと4-4-2でラインを作って守る形で、サイドバックがしっかりとウチのワイドに張りだしたサイドアタッカーに対して素早くマーク付きに行ってスペースを与えないようにしていたのと、CBのところもウチの1トップ2シャドーをしっかりケアし、中央への楔に対しても前を向かせず、4-4のライン間をコンパクトにスペースを与えない守備をしてきたので、後方からのビルドアップに関してはウチがボール支配してできる関係から、一見、ウチがゲームをコントロールできていた感はありましたが、実際にはチャンスの数も少なく、ガンバもそれ程無理して攻めてこないことから前半に関しては特に、一発勝負のカップ戦にありがちな、堅いというか、ストレートに行ってしまえばつまらん試合展開になってしまいました。

で、ウチのやり方はいつも通りなんだけど、今日の試合、特に気になったのは前線のトライアングル(1トップ2シャドー)のところでのワンタッチ/ダイレクトプレーがほぼ皆無だったこと。ウチのサッカーのキモとなるのは、後方からのビルドアップやサイドチェンジもあるんですが、後方でボール回すのも、サイドに展開するのも、まずはしっかり中央で楔が入って、そこでの連動から相手マークを外してゴールに向かえるから、相手も中を絞らない訳にはいかずサイドが空くわけだし、そこではじめてサイド攻撃も効果的に発動できるようになる。

ところが、その重要な前線での連動がなく、すべてのパスがトラップしてから次の出しどころを考えるようなプレーばかりなので、ガンバディフェンスも的を絞りやすく、マークがずれない。さらに中央で停滞するのでサイドに展開するも、中央でしっかり作れていないから相手のサイドも対応が早く、ヒラや関根くんがほとんどフリーでボールを受けるようなシーンもないという、はっきり言えばポゼッションしているだけで全く攻撃の形は作れていない状態に陥っていました。

これは現状、興梠が昨年終盤のケガの影響で出場できていないので、その影響も大きいとは思いますが、結局あれだけ補強しても去年ほぼ固定されていたメンツ(興梠、柏木、李orウメ)じゃないとコンビネーションが発動しないなんて事になったら笑えない。でも今日なんか見てても、やっぱり興梠さんいないと...... とか感じちゃったんですげぇ心配。「新加入選手のコンビネーションが熟成されるには時間が必要」とか呑気に言ってられる状況でもないし、今年は。でも去年の前線トライアングルの連動だって、いい感じになるまでにはかなり時間がかかったからね。

また、これは再三言ってるんであれですが、柏木をボランチで先発させるのもイマイチ何がよいと思っているのかわからなくて、確かに1列下がることでトップ下よりはプレッシャーが少ない状態で彼がボールを保持できますし、さすがに後方から縦に付けるボールの精度や、展開力はあるので一見よさげに見えるんですが、実際には前線でダイレクトでボールをさばいたりできる人がいなくなるのと、シュートに直結するようなラストパスを出せる人もゴールから遠いところに行ってしまうため、攻めてるように見えて決定機がほとんどないっていう状況に陥ることが多く、さらに守備面では彼の本職はボランチではないため柏木の守備負担だけでなく、それをサポートする阿部ちゃんの負荷も相当高い(阿部ちゃんを過労死させたいならそれでいいけどさ)ことから、全く賛同できない布陣です。

特に今季は色々補強したとか言われていますが、ボランチの補強はできておらず、特に阿部ちゃんは全く代わりがいない状態でACLも含めた連戦を恐らくずーっと出ずっぱりで戦わなければならなくなると予想されますので、これ以上負荷を与えないためにもボランチは青木さんなり、啓太のような本職と組ませる方が得策かと思います。

なので、早めに啓太入れて柏木を1列上げる方がいいんじゃね?って思ってたんですが、結局最後まで柏木のボランチは変わりませんでしたね。

ちと文句ばかりになってしまっていますが、大きく気になったのはそんなところ。ちなみに、今日の失点については1点目についてはマークミス、2点目については焦って自爆のよくあるやつ。1試合を通してガンバに崩されたかっていうとそんなことはないので、もったいない失点でしたね(いや、そのもったいない失点ってやつがウチは多すぎるちゃ多すぎるんだけど)。守備面に関してはまぁ問題もあるんでしょうけど、それよりも今日は無得点で終わった方に大きな課題を感じました。

ということで、シーズンスタートから2連敗で状況的には厳しいですが、次こそしっかり勝っていい流れを引き寄せられるように、水曜のブリスベンロアー戦に向けて気持ち切り替えて行こうと思います。

試合データ

観客: 47,666人
天候: 晴れ
試合結果: G大阪2-0浦和(前半0-0)
レッズ得点者: -
警告・退場: 関根(警告×1)、ウメ(警告×1)、森脇(警告×1)
主審: 山本 雄大 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る