Keep on Jumpin'

ACL 2015 グループG 第1節 水原ワールドカップスタジアム アウェー 水原三星ブルーウィングス戦

今年もシーズンが始まりましたね。シーズン最初の試合のスタジアムに行けないってのも結構ストレスなわけですが、そこはグッとこらえてテレビ観戦です。 で、今年最初の試合はACLのグループステージ、アウェーの...

今年もシーズンが始まりましたね。シーズン最初の試合のスタジアムに行けないってのも結構ストレスなわけですが、そこはグッとこらえてテレビ観戦です。

ACL 2015 グループG 第1節 水原ワールドカップスタジアム アウェー 水原三星ブルーウィングス戦 by 日テレG+

で、今年最初の試合はACLのグループステージ、アウェーの韓国で水原三星と。先に書いたとおり現地行けてないので手短に。

今日のスタメンは最終ラインに森脇、那須さん、槙野といつものメンツ。ボランチが阿部ちゃんと青木のコンビ。両ワイドに新加入の橋本さんとウガ。ウガが右サイドに入って、橋本さんが本職の左サイド。2シャドーに柏木、新加入、石原さん。同じく新加入のズラタンさんがワントップ。キーパーは不動の西川さん。

今年は新加入選手多かったし、特にシャドーの人員はすげー層の厚さになったので、レギュラー争いも大変そう。そんで、この初戦をどういうメンツでくるかってのはとても気になっていたところだったんだけど、興梠さんがケガの影響で本調子じゃないからそこはしかたないとしても、興梠とワントップを最も熾烈に争うのはやはりズラタンさんになりそう。

石原、李、ウメ、武藤、高木をシャドーで回す代わりに柏木さんをボランチに下げる手もキャンプ中の練習試合なんかではよく見られましたが(何回か書いているけど柏木さんのボランチ策は俺個人的には反対なんだけど)、今日は柏木をシャドーに入れて石原さんと組ませるスタートとなりました。

が、結果は残念な逆転負け。やっぱJリーグ勢のスロースターターぶりは今年も健在で、ウチだけでなく、ガンバ、柏、鹿島、どこも初戦は勝てなかったですね...... かろうじて柏が引き分けでしたが、内容的にはほぼ主導権を握れず何とか引き分けたって状態でしたし、どうもフィジカル、プレーの強度を全面に押し出した相手がJリーグ勢は苦手なのはいつお通りって感じになっちゃいました。

水原三星は、前半はリスクを負わず、しっかり守備から入った印象。普段の彼らの試合を観ていないからあんまりわからないのと、テレビだとボール中心に映されちゃう関係から、こちらがビルドアップしているときの相手最終ラインがどういう守備の仕方してたか見えないからなんとも言えないんだけど、それでもサイドバックはそれ程高い位置を取らずに、ウチのサイドにスペースを与えないような守り方をしていましたね。

結果、ウチはほとんどサイドからの崩しも出せず、ウガや橋本さんがフリーでボール受けるようなシーンも全くない状態だったのと、中央もズラタンさんにはかなり厳しめのマークがついてたので、中央でもボールが収まらずっていう、ボールが落ち着かない感じの展開になってしまいました(結局興梠さんがいないとボールが収まらなくて攻撃が停滞するっていうやつ、今年も健在になりそうな予感......)。

とはいえ、前半は水原三星がおとなしかった事もあって比較的ウチがボールを支配してゲームを進め、前半終了間際には相手カウンターが発動しそうなところを阿部ちゃんが絶妙のタイミングでボール奪取して柏木へ→そこから右サイドをオーバーラップした森脇→見事なキックフェイントでディフェンスを外した森脇が狙いすましたシュートをゴール左隅に叩き込んで先制。今年のオープニングゴールは森脇さんでした。

そのまま前半終了。

後半は水原三星もさすがに前からプレスかけてくる展開になりましたが、それでもそこをうまくいなして立ち上がりに関しては悪くなく、うまいこと前に出てきた相手の力をいなして追加点が取れればいけそうって思ってたんですけども、56分に不運な形で同点に。

この失点、サイドでボール持った相手選手に対して、槙野と石原さんだったと思うんだけど2人がマークかぶったことで、一瞬槙野がマークにつくのが遅れたのが主な原因で、それによってフリーでシュート打たれてしまったのと、蹴り損ないクロスがたまたまそうなったのか、槙野の足に当たったのかはスローでもわかりませんでしたが、ゴールに向かって飛んだボールが、クロスが上がってくることを警戒していた西川さんが逆をつかれてしまう形でゴールに吸い込まれたもの。

仕方ないんですが、守備面での連携ミス、あるいは行くのか、行かないのかっていうところでどっちつかずの中途半端な対応をしてしまったのは改善点として挙げられるでしょう。この辺は今に始まったことではないですが。

2失点目も1-1で長く時間が経過して、このまま引き分けでもいいかなと思っていた試合終了間際にセットプレーから失点したもので、この時はマークについていた森脇さんが相手のブロックに夢中でボールを全く見ていないっていう残念な対応により、身体にちょっと当てられただけで入っちゃった......

守備もあれだけど、相変わらず終了間際に失点する癖が去年から変わってないってことにちょっとだけ失望した。ここは改善しないと勝点を詰んでいくことができないですからね。何とかして欲しいなって思いました。

さて、負けちまったものは仕方ないとして、次は週末のゼロックススーパーカップですね。中2日での試合で選手的には大変そうですが、今シーズンの初タイトルをサクッと獲ってもらって、翌週のホーム開幕(ACL)、およびJリーグの開幕(アウェー湘南)に向けて弾みを付けたいですね。

試合データ

観客: 13,846人
天候: 曇
試合結果: 水原三星2-1浦和(前半0-1)
レッズ得点者: 森脇(45分+1分)
警告・退場: 青木(警告×1)
主審: アマル アリアルネイビ 氏