Keep on Jumpin'

2014 Jリーグ第31節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦

前節30節はアウェー、鹿島で引き分けて、続く31節は連続アウェー。今度は日産スタジアムでマリノスと。31節はウチ以外の試合が前日に行われていて、その結果を知った状態での試合。 前日に2位につけているガ...

前節30節はアウェー、鹿島で引き分けて、続く31節は連続アウェー。今度は日産スタジアムでマリノスと。31節はウチ以外の試合が前日に行われていて、その結果を知った状態での試合。

前日に2位につけているガンバが仙台と引き分けたことで、暫定では勝点差が「2」という状況でしたが、ここでマリノスにきっちり勝って勝点差を「5」へ、さらにその状態で直接対決となる次節となれば、それに勝つ事でホーム埼スタで優勝を決められる状況、つまり優勝にリーチかけられるということでなんとしても勝点3が欲しい試合でしたが、途中交代で入った関根くんが見事な仕事をしてくれて勝利。次節優勝のチャンスをつかんだ上で、中断期間に入る事ができました。

2014 Jリーグ第31節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦

今日のスタメンは、前節ケガ(右腓骨骨折)で離脱してしまった興梠の代わりに李がワントップ、空いたシャドーにウメが入った以外はいつものメンツ。最終ライン、森脇、那須、槙野。ボランチが阿部ちゃん、啓太のコンビ。両ワイドにウガとヒラ。2シャドーに柏木とウメ、李のワントップ。

興梠は今のウチにはいなくてはならない存在で、しかも替えが効かない選手。その選手が離脱してしまった事で少しやり方を変えなければならない状況。というのも李は興梠と違ってポストプレーで強みを出せる選手ではないため、興梠と同じ役割を期待しても無理。実際に今日の試合でもハイボールでディフェンダーを背負った状態のボールに関してはほとんど収められていないので、全体の押し上げもできず、攻撃は停滞するばかりでしたし。

マリノスは、4バック(4-2-3-1)で特にウチとマッチアップするような策は取らず、ただし、李に対しては栗原、あるいは中澤がきっちり付いた上で、ボランチ2枚と協力してウチの1トップ、2シャドーを消しに来る策。それがハマっていて、特に前半に関してはウメちゃんは完全に消えちゃうし、柏木や李のところではコンビネーションもほとんど生まれず。

さらに中盤でのマリノスのプレッシャーを嫌って啓太がポジションを下げてしまうと、前線と最終ラインが分断されて縦への楔も入らないしって感じで停滞感がハンパない感じ(結局啓太はハーフタイムに青木と交代、青木さんが入ってからは彼が比較的前目でボールを受けてさばいたり前につけたりしてくれるので何度か決定的なシーンが作れるようになりました。)。そういう意味ではマリノスの守備の仕方はとても理にかなっていて、しかも切り替えも早かったので崩すのは相当難しいという状況でした。

もともとJ1でも失点が少ない同士の試合。1点を争う難しい試合になる事は予想できましたが、マリノスの守備の良さ、一方でウチも守備は相当気合い入っていて、マリノスほど組織的な守備ができているわけではないものの、球際も激しく、最後のところでは体張って守っていたので、お互いになかなか決定機を作れないじりじりする試合展開となりました。

李に関しては興梠と比べてポストプレー能力は低いものの、逆に彼の持ち味としては裏への抜け出しや、サイドから来るボールを点で合わせる技術に関しては相当高いレベルのものを持っているので、今日のような状況であれば彼にポストプレーを意識させるよりは、サイドからアーリークロスでもいいからバンバン入れていって、李のボールコンタクト能力を活かす方がよさげ。何度かそういうシーンもありましたが、簡単にやり方を変えられるわけでもないので、興梠不在の状況でどのような攻撃のバリエーションを出すのかってのは課題になると思います。

で、そんな互いに先制点が遠い今日の状況を一気に変えてくれたのが76分にヒラと交代して入った関根くん。交代からわずか数分後に、柏木がサイドに展開したボールを右サイドで受けると、そこから思い切って仕掛け、相手ディフェンダーを振り切りながら中央へ。連動してゴール前に入った柏木の動きにマリノスディフェンスが引っ張られてバイタルエリアが空いたところで、そこに走り込んできた阿部ちゃんにシュート打ってくださいっていう優しい落とし。

その落としをダイレクトで阿部ちゃんがシュートすると、シュート自体はマリノスGK、榎本にはじかれるも、そのままゴール前に足を止めずにゴール前に入っていっていた関根くんの前にこぼれたボールを、うまくふかさないように体をかぶせながらサイドネットにたたき込んで先制点。少ないチャンスをきっちりものにしてくれました。

なかなかマリノスを崩しきれない中で、彼の持ち味を活かした思い切った仕掛けが功を奏した形。本当に素晴らしい得点でした。その後は残り約10分~15分、マリノスのパワープレーにも負けず、しっかり最後まで守りきって完封勝利してくれました(これで西川さんは年間の無失点試合数が16試合となってこれがJリーグ新記録とのこと。おめでとうございます。16と言わず、あと3つ記録を伸ばして欲しいですね)。

2014 Jリーグ第31節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦

マリノス的には前半の早い時間帯に中村俊輔がウメと接触して膝の打撲で交代してしまったのが痛かったと思いますが、ウチにとってはゲームメーカー、さらにはセットプレーでいいボールを供給してくるやっかいな存在が抜けてくれたことは少し試合を楽にしてくれたかもしれません。そういう運もありました。

さて、これでナビスコカップ決勝や代表選を挟むため、3週間の中断期間に入ります。ウチはその間試合がないのでとにかくリフレッシュしてもらって、22日のガンバ戦に万全のコンディションで挑めるようにお願いしたいところ。とにかく次のガンバ戦で勝てば、念願の優勝がホームで決まるので、ここはしっかり決めちゃいたいですね。ガンバ戦は埼スタを赤く埋めて、全力で選手達を後押ししましょう。

2014 Jリーグ第31節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦

試合データ

観客: 40,571人
天候: 晴
試合結果: 横浜FM0-1浦和(前半0-0)
レッズ得点者: 関根(79分)
順位(第31節終了時点): 1位(18勝6敗7分/勝点61)
警告・退場: 槙野(警告×1/反スポーツ的行為)、マルシオ(警告×1/ラフプレー)
主審: 松尾 一 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る