Keep on Jumpin'

2014 ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦 埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

第1戦、アウェーはスコアレスドローで戻ってきての第2戦は、ホーム埼スタで。 勝てばウチが準決勝進出、1失点以上しての引き分け、負けに関しては広島が準決勝進出という条件での対戦でしたが、先制するも直後に...

第1戦、アウェーはスコアレスドローで戻ってきての第2戦は、ホーム埼スタで。

勝てばウチが準決勝進出、1失点以上しての引き分け、負けに関しては広島が準決勝進出という条件での対戦でしたが、先制するも直後に追いつかれ、さらに逆転を許す苦しい展開の中、何とか同点まではするものの、結局そのまま引き分け。アウェーゴール数の関係で今年のナビスコカップは準々決勝敗退となってしまいました。

2014 ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦 埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

今日のスタメンは、代表に招集されて不在の西川さんを除けば、ベストメンバースタート。最終ラインに森脇、那須、槙野。ボランチが阿部ちゃん、啓太のコンビ。両ワイドにウガとヒラ。2シャドーに柏木とウメが入り、興梠のワントップ。GKは順大。

広島は前述の通り、1点取りさえすれば引き分けでもいい試合。しっかり5-4-1でブロックを作って、守備から入る立ち上がりで、ウチが入れる楔をつぶしたらそこからカウンターという狙いがはっきりしているやり方。

一方のウチは勝たなければならない試合ということもあって、前から積極的にプレスをかけつつ、サイドへの展開や隙を見て前線への楔や裏への抜けだしを狙うなど、いつも通りのやり方。ウチと広島がやる場合は基本的には各ポジションで完全にマッチアップする形になるため、個々の局面での1対1の勝負になりますが、今日は中盤でお互いに球際も激しく、つぶし合いのアグレッシブな試合になりました。

ウチや広島はJリーグの中でも反則ポイント、警告数ともに少ない方から数えて、上位(広島は反則ポイントでいえば1位、ウチは3位)同士ということもあって普段はそれ程激しいやり合いにはならないんですが、今日はウチだけでも警告が4枚も出るっていうちょっと荒れ気味の試合になったことからも、各局面でそれだけ激しいボールの奪い合い、攻撃の目のつぶし合いをしていたことがわかります。

で、そんな激しい攻防の中、なかなか両チームとも決定機といえるものは作れずに前半は時間が過ぎましたが、待望の先制点はコーナーキックから阿部ちゃん。コーナーキックになる直前に、ダイレクトでボレー気味のミドルを打ったのも惜しかったんですが、それで得たコーナーキックで、柏木からのボールを頭で合わせてゲットしてくれました。さすがキャプテン。

ただ、今日はその後、試合を落ち着かせられなかった。34分に先制しておきながら、その5分後の39分には野津田選手に豪快なミドルをたたき込まれて同点に。シュートまでの一連のパス交換、シュート自体も素晴らしかったので仕方ないのですが、欲を言えばシュートを打たれた際の順大のポジショニングが前に出すぎていたのが残念。

野津田選手はあの距離からでも比較的積極的に打ってくる選手ですし、彼がバイタルのスペースに入ってきたところで、ミドルシュートを予測して1歩ゴール側にポジションを修正できていれば片手1本で触れたんじゃないかなと。まぁ言っても仕方ないんですけどね。順大だけの問題ではなく、ゴール中央での対応の遅れが野津田選手にフリーでシュートを打つ時間を与えてしまったのも大きな問題なんですが。

とにかく、いい時間帯に先制して、しかも前半も残り10分を切った状態での同点ゴールだったので、ちょっと悔やまれる失点だったなと。

さらに試合を厳しくしてしまったのは、後半の立ち上がり早々(48分)に、サイドをワンツーで山岸選手にブレイクされてシュートを打たれたこぼれ球を寿人選手に押し込まれた2失点目。これでウチは2点以上取らないと敗退という状況になってしまったため、一気に試合が難しい方向に振れてしまいました。

後半開始と同時にウメ→李、58分にはヒラ→関根(それぞれ同ポジション交代)とし、さらに71分にはウガ→マルシオとしてマルシオをトップ下に。柏木をボランチに、啓太(阿部ちゃん?)を最終ラインにそれぞれ下げた上で槙野をウガの位置に上げるっていう攻撃的配置にして後半残りはリスクを取って攻め込むも、71分に槙野のゴールで同点にするのがやっと。そのままドローという結果となりました。

最後10分くらいは那須さんのポジションを1列前にした上で那須さんを前線に上げてのパワープレーから何度か決定機も作ったんですけどね...... 結局はそれをものにはできず。試合終了となってしまいました。

悔しいけれどこれで今年のウチのナビスコカップは終わり。残すはリーグ戦のみとなりました。逆に言えば目標はリーグタイトルただ1つってことで、目指すものがシンプルになりました(ポジティブ思考)。

ということで、気持ちをリーグ戦に切り替えて、残りを全力でサポートしていきましょう。

試合データ

観客: 17,645人
天候: 晴
試合結果: 浦和2-2広島(前半1-1)
レッズ得点者: 阿部(34分)、槙野(71分)
警告・退場: 槙野(警告×1/反スポーツ的行為)、啓太(警告×1/反スポーツ的行為)、森脇(警告×1/反スポーツ的行為)、関根(警告×1/ラフプレー)
主審: 今村 義朗 氏