Keep on Jumpin'

2014 ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第6戦 山梨中銀スタジアム アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

ナビスコカップ予選の第6戦は、アウェー、山梨中銀スタジアムでヴァンフォーレ甲府と。 前節、アウェーでの新潟戦は試合終了間際のオウンゴールというラッキーな形で勝点3をゲットし、この試合で勝てば予選突破が...

ナビスコカップ予選の第6戦は、アウェー、山梨中銀スタジアムでヴァンフォーレ甲府と。

前節、アウェーでの新潟戦は試合終了間際のオウンゴールというラッキーな形で勝点3をゲットし、この試合で勝てば予選突破が確定する試合でしたが、無失点試合の継続はできなかったものの、きっちり勝ってこれで勝点12。最終戦、名古屋戦の結果によって、1位通過か2位通過かは変わりますが、とりあえず予選リーグ突破、準々決勝進出を決めました。

2014 ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第6戦 山梨中銀スタジアム アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

甲府から戻ってきたらもう日付け変わってて眠いので手短に。

今日のスタメンは最終ラインに森脇、那須、槙野。ボランチに阿部ちゃん、青木のコンビ。両ワイドに関根、ウメ。2シャドーで柏木とコンビを組むのは矢島。興梠のワントップにGKは順大。

国立競技場でやった甲府との直近の試合では、3バックで合わされてきっちり守備ブロックを作られ、粘り強く戦われてのスコアレスドローに終わりましたが、今回も甲府のやり方は基本的には同じ。守備時、5バックにしてウチの前線を5-4のラインでスペース消して封じるやり方。

ただし、前回対戦よりもかなり積極的に前からプレスをかけてくる立ち上がりで、そういう意味では今日は勝たないといけないということでリスクを取ってきたわけですが、逆にそのおかげでプレスをいなせば中盤でスペースができるため、そのスペースと前線ではダイレクトプレーをうまく織り交ぜつつ攻撃の形を作っていました。

そんな流れの中、サイドで仕掛けた関根のプレーによって得た最初のコーナーキックを那須さんが頭でドンピシャ合わせて試合開始早々に先制(那須さん今季初ゴールおめでとう)。これでかなり試合はやりやすくなりましたが、そのあとに数回あったチャンスをものにできず前半の終盤にはミスもあって決定機を作られる時間帯もありつつも何とかリードして折り返し。

後半は立ち上がりに失点(ロングフィードを盛田に前線で収められると、そこを起点に崩されてのもの。ダイアゴナルにゴール前に入ってきたクリスティアーノを捕まえきれずに前でボールに触られてしまいました)。試合を振り出しに戻されますが、その直後に矢島を下げて李を投入。李をワントップにしてシャドーに興梠が入るいつもの形。

その10分後には青木→啓太とするも、この時間帯には前半に比べて前線での連動性も少し低下してリズム的も悪いし、李にもなかなかボールが収まらず、周囲のサポート、距離感もよくないのであまりよろしくない流れ。

ただ、そんな流れ中で、啓太のサイドチェンジによってフリーでボールを受けた関根から、ペナルティエリア内の李に入れたボールを李が気合いで収めると、サイドから絞ってきたウメに何とかボールを落とすと、それをウメが思い切りよくたたき込んで追加点。この得点が決勝点となりました。

勝ち越し後は関根→永田として守備を安定させ(これによって森脇が1列前に)、あとは時間を使ってしっかり勝ちきってくれました。タフな試合だったけど、結果的には勝ててよかっったよかった。

2014 ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第6戦 山梨中銀スタジアム アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

ということで次は予選突破の順位をかけて、名古屋とホーム埼スタで。予選突破を決めてるとはいっても、きっちり勝って首位で準々決勝に進みたいですね。

ちなみに名古屋はウチに負けると予選敗退で、柏が次節で勝てば柏が、負ければ甲府が決勝トーナメント進出となります。名古屋はウチに勝てば1位で決勝トーナメント進出、引き分けの場合は柏の結果次第という状況ですので、負けられない試合になりますから厳しい試合になるでしょう。

また、通常は移籍が決まった選手は使わないことが多いミシャさんですが、試合後のインタビューでも元気の名古屋戦での起用可能性について言及しています。先発になるか、途中交代になるかはわかりませんが、元気を気持ちよく送り出すためにも、ホームでしっかりサポートして、文句なしの勝ち試合にしたいですね。

おまけ

甲府のスタジアム飯で、鳥もつカレー食べたんですけど、すげぇうまかった。去年くらいからスタジアムで食べられるようになったそうですね。これオススメ。700円でした。

山梨中銀スタジアム 鳥もつカレー

あと、ちょっと時間に余裕があったんで、昼ご飯、富士吉田市の方にまわって富士吉田うどんのお店で個人的にお気に入りのくれちうどん行ってきた。ここ以外にも何店舗かお気に入りはあるんだけど、ここの肉うどんはめちゃうまいのでマジオススメ。すりだねっていうちょっと辛い薬味を入れると最高。

くれちうどん 肉うどん(大盛り)

試合データ

観客: 9,074人
天候: 晴れ
試合結果: 甲府1-2浦和(前半0-1)
レッズ得点者: 那須(8分)、ウメ(74分)
順位(予選第6戦終了時点): 1位(4勝1敗0分/勝点12)
警告・退場: -
主審: 岡部 拓人 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る