Keep on Jumpin'

2014 Jリーグ第14節 埼玉スタジアム2002 セレッソ大阪戦

Jリーグもナビスコカップを除けばワールドカップ中断前最後の試合となる第14節は、ホーム埼スタにフォルラン、柿谷さんらでセレ女がフィーバー中のセレッソ大阪を迎えて。 セレッソには去年の最終節、ACL出場...

Jリーグもナビスコカップを除けばワールドカップ中断前最後の試合となる第14節は、ホーム埼スタにフォルラン、柿谷さんらでセレ女がフィーバー中のセレッソ大阪を迎えて。

セレッソには去年の最終節、ACL出場権をかけたホームでの試合で、5得点のボコボコにされ、6位まで転落するっていう屈辱を味あわされた相手ですので、きっちりその借りを返しつつ、鳥栖の結果によっては中断前に首位に立てる非常に重要な試合でしたが、見事無失点完封の1-0で勝利。しかも決めたのが関根くん(プロ初ゴールおめ)、さらに鳥栖が引き分けたことで首位奪還と、中断前に最高の結果で終わることができました。

2014 Jリーグ第14節 埼玉スタジアム2002 セレッソ大阪戦

今日のスタメンは、最終ライン、森脇、那須、槙野。ボランチに阿部ちゃんと青木。両ワイドにウガとウメ。トップ下に柏木と元気。興梠のワントップ、GKは西川。右サイドのヒラがウメに替わった以外は前節、大宮戦と同じスタメンでのスタート。

セレッソはウチとマッチアップする形で守備時5バックに、フォルランを前線に残した5-4-1としてウチのワントップ、2シャドーのスペースと両サイドのスペースを消してくる策。

もうこのやり方(5バックで合わされる)をされるのは4試合連続ですし、ウチ対策としては常套手段なのですが、今年はこうやって対応されてなかなか楔が入らず、試合が膠着した状態になっても、選手が焦らず落ち着いて試合運びができている点、さらにそういう状況でもセットプレーや少ないチャンスをものにして、1-0の試合を勝ちきって来ている点など、成長している感じが著しいのがうれしいところ。

今節も前線でスペースを消されている関係上、なかなか縦に楔を入れられず、特に前半はシュートまで行けるシーンがかなり少ない、動きのない試合展開でしたが、それでも焦って無理に突っかけてカウンター食らうみたいなこともなく、相手ディフェンスラインの裏のスペースをついてみたり、大きいサイドチェンジで揺さぶりつつ、穴を探して冷静に試合を運ぶことができていました。

セレッソは守備面では5バックにしていることで安定感はありましたが、攻撃面では前線に効果的なパス供給がほぼなく、中盤で無駄に手数を増やしてくれるおかげでウチの中盤もプレッシャーをかけやすく、ボールを奪われてもすぐにプレスかけてつぶせるので前線にフォルランや柿谷、南野といった強力な選手がいるにも関わらず、大した脅威を感じるもこともない前半。もっとシンプルに裏のスペースに南野や柿谷を走らされるとウチとしてはきつかったと思いますが、その点は助かった。

個人的にはフォルランと柿谷の位置、入れ替えた方がいいんじゃねーかなと思いますが、まぁ人ごとなのでどうでもいいですけど。柿谷がゴールから離れた場所でしかボールを触らないため、大して怖くないっていう状況になっていました。

とはいえ、前述の通り、ウチも前半はなかなか縦に楔を入れていけず、攻撃は停滞。圧倒的にポゼッションしつつもシュートは4本か5本(セレッソは0だったけど)。後半は前半より少しアグレッシブに縦に付けて行けてたことで攻撃が多少は活性化。セレッソの中盤が少し間延びしたこともあって、相手のバイタルエリアで柏木や元気、興梠がボールを受けられるようになると、ウチが押し込む時間帯が増えました。

試合が動いたのは後半も残り20分。70分にウメ→関根とし、さらにその5分後には興梠を下げて李を投入。点を取りにベンチが動くと、77分に左サイドでボールを受けた関根が仕掛けるも、2対1の状況に一旦中にいた柏木にボールを預けつつ斜めにペナルティエリア内に侵入。そこに柏木からの絶妙なリターンが来ると、ワンタッチ目でうまくボールをコントロールした次の瞬間、左足でゴール逆サイドに見事なシュートを流し込んで先制。関根はこれがプロ入り初ゴール。そしてその得点がそのまま決勝点に。

2対1の状況で無理に仕掛けず、柏木を使う判断と、パスを出したあともそのまま動きを止めずに斜めに相手にとって危険なスペースに入り込んでくる動きの質、さらに柏木からのリターンを相手ディフェンスに体を寄せられながらもファーストタッチでしっかりシュートを打てる位置にコントロールし、素早く左足を振り抜くシュートセンス。どれをとっても完璧なゴール。マジでしびれた。

その後、さすがにセレッソも前掛かりに来たことでアディショナルタイムを含めた残り10分程度は押し込まれ、やばいチャンスも作られましたが、90分には元気→ヒラとして左サイドの関根の位置へ。関根はそのまま元気が抜けたトップ下に入ってサイドの守備を安定させると、そのまま逃げ切って、第10節から5試合連続の完封(1試合は引き分けだけど)となりました。

2014 Jリーグ第14節 埼玉スタジアム2002 セレッソ大阪戦

さらにうれしいことに、同日行われた鳥栖×大宮戦で首位の鳥栖が引き分け、勝点1に終わったことで、ウチが首位を奪還。ACLの関係で一部の試合が明日の開催ですが、それを踏まえても首位で中断期間に入れることになりました。

ということで、これでJリーグはワールドカップ期間中しばらくお休み。ウチは5月24日(土)と28日(水)にそれぞれアウェーでナビスコカップ予選(第5節vs新潟と第6節vs甲府)、さらに6月1日(土)にホームで同じくナビスコカップ予選(第7節vs名古屋)がありますが、それが終わると7月19日までしばらくお休みです。

ナビスコカップの方も予選突破を決めて、気持ちよくワールドカップに集中したいですね。

2014 Jリーグ第14節 埼玉スタジアム2002 セレッソ大阪戦

試合データ

観客: 54,350人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和1-0C大阪(前半0-0)
レッズ得点者: 関根(77分)
順位(第14節終了時点): 1位(9勝3敗2分/勝点29)
警告・退場: 槙野(警告×1 / 反スポーツ的行為)
主審: 木村 博之 氏

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る