Keep on Jumpin'

2014 Jリーグ第13節 NACK5スタジアム大宮 アウェー 大宮アルディージャ戦

厳しかったゴールデンウィークの連戦、最後はアウェーで大宮と。ダービーはアウェーで去年、一昨年と勝てていませんでしたし、首位に食いついていくためにも負けられない試合でしたが、見事2得点、無失点で完勝して...

厳しかったゴールデンウィークの連戦、最後はアウェーで大宮と。ダービーはアウェーで去年、一昨年と勝てていませんでしたし、首位に食いついていくためにも負けられない試合でしたが、見事2得点、無失点で完勝してくれました。結果として5連戦で勝点10。大きなけが人も出さず、十分な結果だったんじゃないでしょうかね。

今日は色々やることあってこの試合のチケット発売日を忘れるっていう失態によりチケットが手に入らなかったためおうちでおとなしく観戦となりましたが、満員のナクスタで最高の勝利。よかったよかった。現地行かれた皆様、お疲れ様でした。

2014 Jリーグ第13節 NACK5スタジアム大宮 アウェー 大宮アルディージャ戦

今日のスタメンは最終ライン、森脇、那須、槙野。ボランチに阿部ちゃんと古巣対決の青木。2シャドーに柏木、元気。両ワイドにウガとヒラ。興梠のワントップにGKは西川。

前節のレビューでも書いた通り、ちょっとここ数試合の李のワントップでのボールの収まり具合が気になっていたんですが、それが原因かは別として、今日は久々に興梠をワントップに上げての起用。さらに古巣対決となる青木をボランチで先発起用して柏木を1列上げる布陣となりました。

で、試合始まる前は↓こんなことつぶやいてたりしたんですけどね。

青木さんもさすがに柏木のような中盤でボール引き出して縦に付けていったり左右に散らしたりとかっていう仕事に関してはまだまだ足りてないとはいえ、大宮がそれ程ウチのボランチのところにプレッシャーをかけてこなかったこともあって無難に仕事をこなしたんじゃないでしょうか。

で、大宮は守備時5バックにして、5-4-1で守るっていうウチ対策。もうこのやり方はウチ相手に比較的守りから入るって場合は定石ですね。5バックでスペースを消し、中央をケアしてウチの楔が入ってこないようにしつつ、ワントップの長谷川悠選手を使ったカウンターっていう感じ。

ただ、前節の甲府やその前の東京と異なり、守備において大宮は前線と最終ラインが連動していないことで前線が前プレかけても最終ラインが上げてこないため、中盤にギャップができてそこでウチの選手がボールを受けることが比較的容易にできていたことや、攻守転換時や左右に振られた時にボールウォッチしてマークが外れたりと、きっちりブロックを作っている割にはそれ程堅い守備という感じではなかったので比較的楽観的に見ていることができました。

また、大宮は長谷川選手にボールを当てるも、2列目の選手がそれを追い越していったり、セカンドボールにからむような動きも少なかったため、決定機らしい決定機も作られず、ほぼ一方的に試合をコントロールできたんじゃないでしょうか。

終盤、大宮はDFで高さのある菊地選手を前線に上げて、さらに福田選手も投入と言うことで、ウチが苦手なパワープレーかよと思ったんですが、なんか知らんけどまったくロングボール蹴り込んでくるようなこともなく、最終ラインからのボールもバカ正直に中央から中央に蹴るだけなので、あれならそれ程苦労せずにウチの最終ラインもはじき返せる感じで、結局何がしたかったんでしょうね?という感じでした。まぁウチとしてはありがたかったけど。

さて、ウチの得点は前半29分に興梠。前線で一旦ボールを奪われたかと思ったところで相手パスがずれたところを柏木が素早くプレスかけてボール奪取すると、その瞬間にマークを外して裏を取った興梠に絶妙のフィード。これをペナルティエリア内で冷静に胸トラップした興梠がそのまま反転ざまに見事なシュートを蹴り込んで先制。

さらに後半68分には前線でプレスかけてボール奪取するとショートカウンター。中央をドリブルで上がった柏木が、左サイドを駆け上がった元気をうまくおとりに使いながら技ありのミドルたたき込んで追加点。元気にパス出すぞ出すぞと牽制しつつシュートコースが見えた途端にまきながらゴール左隅に蹴り込むスキルはさすが柏木という美しいゴールでした。

選手交代はすべて後半。63分にヒラ→ウメ。これは同ポジションでの交代。84分には元気→李として興梠をシャドーに。続けざまに86分にはウガ→水輝としましたがこれは前述の通り大宮のパワープレー対策ですね。ただ、特に大宮がロングボールバンバン蹴ってくるような展開にならなかったので、最後押し込まれるようなこともなく、試合を終わらせることができました。

ということで、これで少しお休みして、次節は1週間後の土曜日、ホーム埼スタに戻ってセレッソ大阪と。これが終わると5月、6月はナビスコカップ予選のみでワールドカップ期間中の中断に入りますので、次もきっちり勝って、あわよくば首位に立った上で気持ちよく中断期間を迎えたいですね。

試合データ

観客: 13,348人
天候: 晴れ
試合結果: 大宮0-2浦和(前半0-1)
レッズ得点者: 興梠(29分)、柏木(68分)
順位(第13節終了時点): 2位(8勝3敗2分/勝点26)
警告・退場: 那須(警告×1 / ラフプレー)
主審: 松尾 一 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る