Keep on Jumpin'

2014 ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第2戦 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

予選第1戦はレイソルに負けてスタートした今年のナビスコカップですが、第2戦はホームに大宮を迎えてのダービーマッチ。予選突破のためにも負けられない試合でしたが、きっちり勝ってくれました。 しかも今年新加...

予選第1戦はレイソルに負けてスタートした今年のナビスコカップですが、第2戦はホームに大宮を迎えてのダービーマッチ。予選突破のためにも負けられない試合でしたが、きっちり勝ってくれました。

しかも今年新加入の李、青木(初出場おめ)が得点、さらに関根くんや水輝が先発してきちんと仕事をやり遂げ、矢島も後半から出場して見せ場を作るなど、若手も今後の活躍を期待させるいい試合でした。

2014 ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第2戦 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

今日のスタメンは最終ライン、水輝、永田、森脇。ボランチに柏木が腰痛から復帰して先発、阿部ちゃんとコンビ。両ワイドに関根、関口。関根くんは左サイドで先発。トップ下に興梠と元気が並び、李のワントップ。GKは西川さん。

大宮は立ち上がりから守備時5バックにして、5-4でライン作ってウチの前線を封じる策。トップに入ってくる楔や、ウチのボランチのところでプレッシャーをかけてボール奪取からのカウンター狙いが明確な入りでした。

大宮さんはウチに合わせて対策を取ってきた形で、実際に立ち上がりにボランチのところでボール失ってカウンター食らうなど、狙い通りに危険なシーンもありました。

で、こういう相手に先制されたりするとマジいやな感じなので先に点が取りたかったんですが、そこはこういう対策を取ってくるチームに対してウチもなれたもので、5バックでスペースを消されながらも李や興梠がうまく動き直してスペースに入り込み、そこに柏木などから思い切って楔を入れる→ワンタッチでフリックするなどのコンビネーションから何度も大宮ゴールに迫っていました。

そんな流れの中で16分には先制点。しかも李が移籍後初ゴールを決めてくれました。柏木の楔から興梠がゴールキープして走り込んできた関口にループパス。それを関口が胸で落としたところに李がフリーで抜けてきてキーパーと1対1を冷静に流し込んでのもの。すばらしい連動によって相手の堅い守備をきっちり崩して決めた美しいゴールでした。

ただ、その後前半の30分にゴール前、正面でのフリーキックを直接決められて、同点に追いつかれて試合は振り出しに。このフリーキックに関しては西川さんのポジショニングがゴール中央でもよかったのかなと思いましたが、まぁ家長の左足を第一に警戒すればあのポジショニングは仕方ないかなと。壁的にも西川からみて左側に永田さんなど大きい選手を並べていたのであちら側は切っていた感じだったんでしょう。蹴った方を褒めた方がよさげな悔しい失点でした。

同点で前半終了。

後半も前半同様にウチがポゼッションする、大宮はしっかりブロック作るの展開。ただ中盤での圧力を大宮も強めてきて攻守の切り替えが早い激しい試合に。

ウチの選手交代は61分に興梠→矢島、70分、関根→ウガ、78分、阿部ちゃん→青木。すべて同ポジションでの交代でした。関根は左サイド、あるいは中に切れ込んでキレのある動きをたびたび見せていて、隙あれば思い切ってシュートも狙いに行くなど、いい働きをしていました。特にサイドで1対1の状況での思い切った仕掛け、縦に抜けるスピードやボディバランスの良さは今後を期待させるに十分で楽しみです。

で、78分に途中交代で入った青木ですが、キャンプでのケガで出遅れていたためこの試合が浦和でのデビュー戦となりました。出場時間が短いのでまだ1試合を通してどんな感じにフィットするのかはわかりませんが、87分には森脇からの楔をワンタッチでフリックした李のパスに2列目からうまくスペースに抜け出して勝ち越しのゴールを奪ってくれました。古巣対決でのデビュー、そしてデビュー戦で初ゴールと15分弱の出場で全部おいしいところ持ってった感じ。持ってますね彼。

ということでこれでナビスコカップ予選は1勝1敗。勝点を3として次の予選第3戦はホームで徳島です。

2014 ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第2戦 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

おまけ

埼スタも桜がいい感じで咲いてました。春ですね。夜は薄着ではちょっと寒かったですけど。

埼スタの桜

余談

神戸戦、現地行った人は経験済みだったんでしょうけど、この試合、ゴール裏の主要サポーターグループが解散してしまったのと、コールリーダーも不在、太鼓もなしという状況でのサポートでした。この辺、人それぞれ考えはあると思います。コールのずれが気持ちわりって人もいるかもしれませんし・・・ まぁそれでもコールがそろったときの圧力はそれほど変わってなかったと思うので、とりあえずは何とかなってるのかなと。

この辺は試行錯誤していくんでしょうけど、クラブともうまく相談しながら早めに方向性を決められたらいいのかもしれません。

試合データ

観客: 20,697人
天候: 曇り(ちょこっと雨)
試合結果: 浦和2-1大宮(前半1-1)
レッズ得点者: 李(16分)、青木(87分)
順位(予選第2戦終了時点): 4位(1勝1敗0分/勝点3)
警告・退場: -
主審: ティアニー ポール 氏

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る