Keep on Jumpin'

いよいよ2014年シーズンも開幕ですね。今年期待することは・・・

オフシーズンは極端に更新されなくなるこのブログですが、いよいよ待ちに待った新シーズン開幕の日がきましたので、今シーズンの浦和に期待したいことを簡単にメモしときます。

日付も変わって3月になりました。いよいよ、今日の夜には大阪で開幕戦です。ウチはアウェーの開幕戦は相性があまりよくないですけれども、相手はガンバですし、きっちり勝ってさい先のよいスタートを切りたいものです。

開幕前なので今年の順位予想でも書こうかなと思ったんですが、去年も書いてあまりの当たらなさ加減に悲しくなったので、今回はやめといて、今シーズンの浦和に期待したいことを簡単にメモしときます。

プレッシャーに負けず、ミシャさんのサッカーを貫き通してほしい。そしてタイトル獲れたらうれしいね

結論から言ってしまえばこれが期待すること。

ミシャさん3年目ってこともあるし、今年は結果を出さないとっていう暗黙のプレッシャーがハンパないシーズンだと思いますし、実際にミシャさんも「今年はタイトルを」って自分から言ってることからもわかるとおり、かなりの覚悟を持って挑むシーズンなんだろうなと思います。

また、去年は終盤の失点の多さやそれが原因で失速からの6位に終わるっていう悔しい感じの終わり方をしたこともあって、「守備の立て直しが急務」なんて言われたりもしました。そんで実際にミシャさんも今シーズンのキャンプでは守備練習を堀さん中心にやったりと、まぁ気にしてるんだろうなっていう変化も見て取れます。

広島化がハンパねぇとかやいのやいの言われておりますが、補強もそれなりにミシャさんの希望通り的確にやってると思うしね。戦力的にはタイトルを獲れる力を持ってる。

それでもたぶん失点は劇的には変わらないと思うし、守備に過剰な期待はしない方がいいよ

これは、「どうせダメだろ」みたいなネガティブな意味で言ってるんじゃなくて、ミシャさんのサッカーの一番の魅力は攻撃的に、得点を奪いに行くサッカーだから。もともと失点はしても相手より多く点を取って勝つっていうサッカーだし、1点を守り切ってみたいなのじゃないからね。守備に気を遣いすぎることで攻撃面がスポイルされてしまうとつまらないなと思います。

とはいえ、「得点力はすごいけど、同時に失点も多い」みたいなチームは安定感という面では厳しいのも確か。勢いに乗ると破壊力すごいんだけど、崩れるときは4点、5点失点してぼろぼろみたいな両極端な試合になる傾向もあるし。そして、実際にJリーグで優勝するチームってのはそういうチームより、とにかく失点が少ない、1-0の試合を勝ちきったり、スコアレスでも勝点1を地道に積み上げる・・・みたいなところの方がやっぱ上に行くんだけども・・・

だけど、ミシャさんってたぶん、対外的なこともあるので口では失点を減らしますとか、守備の方にも力入れてます的なアクションはしてるんだと思うけど、本音は失点数が同じなら去年より点とればいいんだろって思ってるんじゃないかなと。

だって守備に少しバランスとりたいなら、(コンディションの問題とかもあるので一概には言えないけど)リベロのところ那須さんより永田さん入れたり、森脇さんのところを那須さんとかツボ入れてバランスとるとかが予想開幕スタメンに上がってきてもいい気がするけど、今のところ出ている情報を見る限り、去年と3バックは変えなさそう。

守備はプロになってからキャンプでちょこっと練習したくらいでうまくなるほど簡単な世界ではないですし、本気で守りたいなら守れる、守備能力に特化した選手を入れるしかないですからね。

さらに李さんが入ったことで、啓太を外してボランチに柏木さんを下ろしてるのとかを見ると、すべては攻撃時のビルドアップをどうするかで考えられているし、西川さんの補強にしても、あれは攻撃時のビルドアップをよりスムーズにしたいための補強って意味合いが強いと思う(もちろん、西川さんはストッピング能力をはじめとした「守る能力」においても日本トップクラスだし、実際日本代表だからレベル高いのは当たり前なんだけど)し。

そもそも失点はキーパーだけの問題じゃないんだから、キーパーの補強「だけ」で失点数が減ると思ってる人なんかいないでしょ普通。

だからたぶん去年と同じような失点もすると思うけど、信じてサポートしたい

たぶん失点するときは去年同様、簡単に失点すると思うよ。でも組織で守れないなりに、球際や最後のところのシュートブロックとか、手を抜かずにやってほしい。そういう必死さがあれば納得できる。だから、失点はするだろうけど、「守備が全く改善されてねーじゃねーか」とか野次らずに大目に見てあげて、選手たちが失点を「極度に」恐れて攻撃面での良さが消えちゃうみたいなことだけにはならないで欲しいなと。

一方で攻撃面では興梠、元気、李の1トップ2シャドーは全員が2桁得点を十分に狙えるクオリティがある、強力な布陣だと思いますし、去年よりもより多くの得点シーンが見られそうな予感がしているので、そっちに期待して楽しみたいなと個人的には思っております。

その上で、今シーズンが終わったとき、一番てっぺんにいられたら最高だよね。

ということで大阪行く準備します。

るるぶ 大阪

Recent Entry

全ての記事一覧を見る