Keep on Jumpin'

Jリーグ第31節 宮城スタジアム アウェー ベガルタ仙台戦

誰ですかね、仙台アウェーを日曜日のナイトゲームに設定したやつは...... まぁそれは置いといてですね、勝てば首位とか、この試合を勝てば○○みたいな試合にめっぽう弱いウチですが、また悔しい勝点の落とし...

誰ですかね、仙台アウェーを日曜日のナイトゲームに設定したやつは...... まぁそれは置いといてですね、勝てば首位とか、この試合を勝てば○○みたいな試合にめっぽう弱いウチですが、また悔しい勝点の落とし方をしてしまいました。

Jリーグ第31節 宮城スタジアム アウェー ベガルタ仙台戦

今日のスタメンはイエローカードの累積で出場停止の啓太に代わって、柏木がボランチの位置に下がって、トップ下にウメが入る形。最終ライン、森脇、那須、槙野。ボランチは阿部ちゃん、柏木。両ワイドにウガとヒラ。トップ下、ウメと元気。ワントップに興梠。

今回、失点に関してはウチの苦手なという、よくやられるパターンが全部出ました。「前後半立ち上がり」「サイドからのボールに競り負けて落とされてのミドル」「セットプレーからの失点」「ライン下がって押し込まれて、バイタル空いちゃってのミドル」。攻撃陣がいい形で 3得点もできている試合で、3失点ってのはやっぱりちょっと残念ですね。本来なら 3得点したらやっぱ勝たないとね......

収穫としては、啓太の抜けた影響はこの試合に関して、攻撃面でいえばそれ程感じなかったこと。さらにこの日の阿部ちゃんの縦への意識はハンパなくて、バンバン中央に楔をぶっ込みまくるので、いい形で攻撃のスイッチを入れられていたんじゃないでしょうか。また、元気をはじめ、ウメもシュートの意識が強く、ゴールを奪おうという姿勢が強くでていましたし、それが結果として 3得点につながったんじゃないかなと。

仙台はオーソドックスな 4バックで、中央できっちりプレスかけてサイドに追い込む守備をしてきましたが、いい形で楔が入ってからのサイドを大きく変えるようなビルドアップのおかげで、特に前半に関しては何度もチャンスを作り、押し込んだ試合展開で進めることができていたと思います。

さて、立ち上がり早々の失点はサイドでボールホルダに詰めが甘くなったところをクロス上げられて、それを中央で競り負けて落とされたところをウイルソンに叩き込まれたわけですが、よかったのはそのすぐ後にウメちゃんが同点ゴールを決めて試合を振り出しに戻してくれたこと。これで落ち着きを取り戻すと、前述の通り前半はほぼウチが押し込む形で試合を進め、31分には興梠がコーナーキックのこぼれ球を押し込んで逆転。いい流れで後半に折り返しました。

ただ、後半立ち上がりにセットプレーから赤嶺に合わせられて失点し、再度試合は振り出しに。こういう立ち上がりの軽い失点がなければっていうのは悔やまれますが、59分には興梠がサイドで粘ったウメからの中への折り返しをペナルティエリア内でうまく受けると、そのままうまくシュートを流し込んで勝ち越し。

そこから少し受けにたってしまった感もあって仙台に押し込まれる時間帯が長くなるも、試合はアディショナルタイムへ。3分間しのげるかと思っていたところで、リスタートでのサインプレーに対応が後手に回って打たれたシュートのこぼれ球をミドル叩き込まれてまさかの同点。そのまま試合終了となりました。

Jリーグ第31節 宮城スタジアム アウェー ベガルタ仙台戦

これで、首位、横浜F・マリノスとの勝点差は 1 の2位。3位の広島との勝点差も 1 ということで 勝点 3の間に1位から4位が入る大混戦。絶好の首位になるチャンスを逃してしまいましたが、ごちゃごちゃ言ってても始まらないので、残り 3試合、全部勝てるように全力でサポートするしかないです。気持ち切り替えていきましょう。

試合データ

観客: 17183人
天候: 晴れ
試合結果: 仙台3-3浦和(前半1-2)
レッズ得点者: ウメ(6分)、興梠(31分)、興梠(59分)
順位(第31節終了時点): 2位(17勝7敗7分/勝点58)
警告・退場: 槙野(警告×1/ラフプレー)、興梠(警告×1/遅延行為)

Recent Entry

全ての記事一覧を見る