Keep on Jumpin'

暢久さんの新著、「山田暢久20周年メモリアルBook 一途」

買ってみた。 山田暢久20周年メモリアルBook 一途 今週末のダービーで、J1リーグ前 500試合出場を達成するかもしれない暢久さんですが、そんな彼のプロ生活20周年を記念して出された書籍。本人のイ...

買ってみた。

今週末のダービーで、J1リーグ前 500試合出場を達成するかもしれない暢久さんですが、そんな彼のプロ生活20周年を記念して出された書籍。本人のインタビューに加え、各年ごとの記録、歴代監督やOB選手、現役選手たちからの暢久さんに対するメッセージなどで構成されています。

山田暢久20周年メモリアルBook 一途

20年にわたり 1つのクラブに所属し続け、ACL等も含めれば公式戦出場 700試合超えってのはもはや伝説の域。もうトッティさんやギグスさん並みなわけですが、にもかかわらず、書籍内でインタビューされている歴代監督、OBのほぼ全員から、「能力は抜群、でも手を抜きやがる」って言われる暢久さんには笑えます。

あと、暢久さんといえば、1冊目の著書、「火の玉ボーイ」でもそうですが、本人の(表向きの)キャラとあまり合っていないタイトルを書籍に付けられるのもお約束なんでしょうかね。

「山田暢久20周年メモリアルBook 一途」と「火の玉ボーイ」

ということで、これからも若手に負けず活躍してくれることに期待したいと思います。