Keep on Jumpin'

Jリーグ第29節 カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

ミッドウィークの天皇杯は残念な結果でしたが、そこできっちり主力を温存して臨んだアウェーの鹿島戦は、現状の3位-4位対決というだけでなく、ウチとしても優勝を狙う状況で負けられない重要な試合となりました。...

ミッドウィークの天皇杯は残念な結果でしたが、そこできっちり主力を温存して臨んだアウェーの鹿島戦は、現状の3位-4位対決というだけでなく、ウチとしても優勝を狙う状況で負けられない重要な試合となりました。

結果的には大迫の1失点はあったものの、先制した2点を守ってアウェーで貴重な勝点3を奪ってくれました。同日、首位-2位対決となる、横浜FM×広島の結果、敗れた広島を抜いて、ウチが2位。横浜との勝点差は「2」のまま、残り試合は5節となっています。

Jリーグ第29節 カシマスタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦
Jリーグ第29節 カシマスタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

今日のスタメンはナビスコカップ準決勝第2試合と同じメンツで現状ベストメンバー。最終ライン、森脇、那須、槙野。ボランチに阿部ちゃん、啓太。両ワイドにウガとヒラ。2シャドー、柏木、元気。興梠ワントップ。GKはギシさん。

鹿島は特にウチ対策は取ってこずの、いつも通りの4バックシステム。事前の決めごととしてか、状況に対応してなのかはわかりませんが、左サイドのジュニーニョが最終ラインまで下りて、サイドのスペースをケアしたりということはしていましたが、それ以外ではある程度守備ブロックを固めてウチの前線へのパスを奪ってからのカウンターという狙いが見える入りでした。

ウチはいつも通り、中央に楔入れたり、サイドに散らしつつ、鹿島ディフェンスの穴を探して丁寧なビルドアップ。中盤での好守転換も早く、鹿島がそれ程前からプレスに来なかったことがあるにしても、ボールを支配して、ウチの狙い通りの展開に持って行けたと思います。

特に鹿島ボランチのところは、前線の興梠や元気、柏木につけば啓太をフリーにしてしまうし、啓太についていけば柏木や元気に縦パスが入ってくるので、なかなか中盤・中央で主導権を奪えず、結果的にウチのパスワークが効果的に機能していたのではないでしょうか。

Jリーグ第29節 カシマスタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

それでも、中央、興梠に対する鹿島センターバックのマークは厳しく、立ち上がりにフリーでヘディングシュートに持っていったシーン以外はほどんど決定的な仕事はさせてもらえませんでしたが、興梠も常に相手の裏のスペースへの駆け引きを繰り返し、自分がボールを持てないなら他の選手のシュートコースを作るようなおとりの動きを繰り返してさすがの働きでした。

実際、追加点となる元気のゴールは、興梠がサイドに斜めに走って相手ディフェンスを引っ張り、元気のシュートコースを作ったのが大きかったので、その点でもやはり彼の存在は大きいと言えます。今節、警告をもらって次節、柏戦では出場停止になってしまう点が、ちょっと心配ではありますけども。

先制点は、那須さん。チームが苦しいときやここで1点欲しいという大事なシーンでぶちかましてくれるのが我らが那須兄貴ですが、今日も値千金の先制点を叩き込んでくれました。コーナーキックからススッとスペースに走り込んで、マークに対応したダヴィの頭の上からたたきつけるようなヘディングシュート。見事に決めてこれで流れはウチに。

そのまま、1点リードのまま後半へ折り返し。

後半も流れ的には変わらず、さらに、今日は主審の松尾さんがフィジカルコンタクトに関しては思いっきり流す方向でのジャッジだったため、ウチの中盤、最終ラインでのプレスも、かなりタイトでハードに行けて、結果として前半からダヴィや大迫にはほとんど仕事をさていませんでしたが、それにイライラしたダヴィさんが森脇にちょっかいだして立て続けにイエロー2枚。退場になってくれたため、1点リード、かつ人数でも1人こちらが多い状況となり、その点ではやりやすい流れになってくれました。

森脇さんも何を言ったのかわかりませんが、沸点の低いダヴィさんのおかげでこちらは助かりました。

そして、ダヴィの退場でもめたすぐあとでしたが、中盤でボールを持った元気が、思い切ってドリブルで仕掛け、前述の通り、興梠のフォローもあってドリブルからミドルを放つと、そのボールはゴール左サイドに吸い込まれて追加点。鹿島がダヴィの退場という自体から少し落ち着きを取り戻して、1点追いつこういう流れになってきた出鼻をくじくような得点だったので、この時間帯に追加点を取れたのは大きかった。

結果的にはこの元気のゴールが決勝点。ウチは最後20分、無理に縦には急がず、パスを繋ぎながら時間を使う流れになりましたが、残り数分のところで、槙野がゴール前でのクリアと、その後の処理に失敗して大迫に打たれたシュートが決まってしまって (あそこで槙野に当たり負けせず、ダイレクトでボレー叩き込む大迫さんはハンパねぇっすけど) スコアは1点差になるも、何とかその後はしのいで勝利することができました。

相手が1人少なくなってから、何度か得点のチャンスはあったので、そこできっちりトドメ刺せてればもうちょい楽になるんでしょうが、まぁその辺は言っても仕方ないですね。1人少なくなったとは言ってもさすがは鹿島で、簡単な試合ではありませんでしたから......

でも、これは2点目が入る前だったと思いますが、後半に1回、大きなサイドチェンジからウガが素晴らしいトラップで相手ディフェンスをかわしてサイドでフリーになった場面があったんですけど、あのシーンは思い切ってシュート狙うなり (ウガは右利きなので十分狙えたでしょ。曽ヶ端もあの距離から枠に飛んでくれば弾くしかなかっただろうし、何かが起こったかもしれない)、折り返すならもう1タッチ、深くえぐってからして欲しかったかも。いい形で抜け出すシーンが多い分、最後のワンプレーの質が上がればもっと強くなると思うのでここはクオリティを上げていてもらいたいっすね。

ということで、次節はホーム埼スタで柏と。柏とは翌週にナビスコカップの決勝で対戦しますので、その前哨戦のような感じになりますが、リーグ戦としてもここできっちり勝点3をとって首位を狙いたい大切な試合。興梠、森脇が警告の累積で出場停止、今節途中交代した柏木の具合も気になりますが、ここが踏ん張りどころ。きっちりサポートして、上を狙いましょう。

Jリーグ第29節 カシマスタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦
Jリーグ第29節 カシマスタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

おまけ

いつもは自力で行ってるカシマスタジアムですが、今回は初めて後援会のバスツアーを利用してみました。ちょっと渋滞とかもあってスタジアムに着くのが開門時間を過ぎたりという点はありましたが、お弁当とか付いてて、スタメン当てクイズとか色々企画もやってくれて面白かったです。たまにはこういうツアーもいいかも。

後援会バスツアー

試合データ

観客: 32305人
天候: 雨
試合結果: 鹿島1-2浦和(前半0-1)
レッズ得点者: 那須(11分)、元気(72分)
順位(第29節終了時点): 2位(16勝7敗6分/勝点54)
警告・退場: 興梠(警告×1/反スポーツ的行為/警告累積で次節出場停止)、森脇(警告×1/反スポーツ的行為/警告累積で次節出場停止)、山岸(警告×1/遅延行為)