Keep on Jumpin'

Jリーグ第25節 国立競技場 アウェー FC東京戦

代表戦による中断期間、公式戦的にはナビスコカップと天皇杯を挟んでのJリーグ、第25節は、アウェー国立競技場でFC東京と対戦。前回対戦、ホームでの第15節は、2点先制されてからの2得点で引き分けに持ち込...

代表戦による中断期間、公式戦的にはナビスコカップ天皇杯を挟んでのJリーグ、第25節は、アウェー国立競技場でFC東京と対戦。前回対戦、ホームでの第15節は、2点先制されてからの2得点で引き分けに持ち込むきわどい試合でしたが、今日も先に2失点してからの2得点で同点、しかし勝ち越すことはできず、最後の最後に失点して悔しい敗戦となりました。

今日は両チームとも持ち味の細かいパスワーク、ドリブルや裏への仕掛けを駆使し、お互いに隙あらば鋭いカウンターを発動して相手に襲いかかる...... そういう中で、比較的ウチがゲームをコントロールして、見応えのある内容の試合を展開しておきながら、ウチの信じられないような安っぽい失点で興ざめさせられる試合でした。同じようなパターンのセットプレーから失点を3発。全部相手はドフリー。さすがにもうね、怒りを通り越して呆れる程ですよ。

Jリーグ第25節 国立競技場 アウェー FC東京戦

今日のスタメンは、最終ライン、森脇、暢久、槙野。ボランチに那須、阿部ちゃんのコンビ。トップ下に柏木と元気。両ワイド、ウガとヒラ。興梠ワントップ、GKは順大。啓太が先発を外れ、代わりに暢久が先発して最終ラインに。啓太のところには那須さんが上がる形でスタートしました。

東京は、3バックスタートで守備時は5バック、前線から前プレはそれ程かけずに、ウチの中盤や前線にボールが入った時は激しく当たって収めさせず、そこで潰したらウチのサイドの裏のスペースを狙ってのカウンターというやりかた。

ウチはいつも通り、最終ラインで回しながら穴を見つけては縦に楔を入れる、サイドチェンジでサイドのヒラやウガを使う、あるいはドリブルで持ち上がってマークをずらしてからのゴール前でのコンビネーションなど、中盤~前線できっちりマークされて厳しいながらも焦らずビルドアップする展開でした。特に那須さんと阿部ちゃんが下がり気味にケアしつつ、槙野、森脇の両サイドが積極的に押し上げてサイド攻撃の厚みを持たせるような動きをしていたのとか、うまくはまっていたんじゃないかなと思います。

ところが今日は失点の仕方が最悪だった。1失点目は試合開始早々の8分、さらに36分にもほぼ1失点目と同じ形で再度失点。両失点とも、マーカーが簡単に前に体入れられて、ドフリーで合わせられるっていう形で、セットプレーからこんな簡単に失点してちゃどうしようもないです。特にこの失点シーン以外ではウチが主導権を握って、チャンスも多く作り出していたにも関わらずなので、ほんとガックリきました。

そのまま2点ビハインドで後半へ折り返し。

後半は早い時間にまずは1点取れれば、流れ的にもこっちに持ってくることができるだろうなと思っていたら、素晴らしいことに立ち上がり5分に柏木のフリーキックを槙野が頭で合わせて得点。さらに、その2分後には、ヒラからのクロスを今度は那須が頭で合わせて同点。後半立ち上がり10分で試合を振り出しに戻してくれました。

ここから先は気を取り直して、前半立ち上がり同様、丁寧にパスを繋いでビルドアップ。72分にはベンチスタートの啓太を投入。徐々に東京の中盤の運動量が落ちてスペースができだすと、カウンターから何度かチャンスを作るも決定機をものにできず、そのまま後半も残り数分へ。

ところが今日はここでも悪夢が...... 前半の2失点とこれまた同じような位置からのフリーキックを平山に頭で合わせられてまさかの失点。またドフリー。最後の最後でリードを奪われ、残り数分追いつこうと必死で選手もがんばったと思いますが、そのまま試合終了となりました。

3失点ともセットプレーからの失点で、しかもフリーで合わせられてのもの。ウチはマンマークでやってて、しかも守備練習をしない関係からラインコントロールを含めた組織的な守備はできないので、自分のマーク担当を外しちゃいけないわけです。もう単純な話。それを3発ともドフリーでやられてるってところは反省してもらわないと困りますわな......それか守備練やれ。

ということでもう、ちょっと思い出すのもムカツク感じの敗戦。終盤の大事な試合で勝点を落としましたが、グダグダ言ってても仕方ないですので、セットプレーのクソみてーな守備はきちんと修正していただけるとして、次のホーム、甲府戦に気持ちを切り替えましょう。

試合データ

観客: 34756人
天候: 曇り
試合結果: 東京3-2浦和(前半2-0)
レッズ得点者: 槙野(51分)、那須(53分)
順位(第25節終了時点): 2位(14勝7敗4分/勝点46)
警告・退場: 興梠(警告×1/反スポーツ的行為)、宇賀神(警告×1/ラフプレー)、那須(警告×1/反スポーツ的行為)