Keep on Jumpin'

等々力陸上競技場 ヤマザキナビスコカップ準決勝第1戦 アウェー 川崎フロンターレ戦

川崎フロンターレとのヤマザキナビスコカップ、準決勝の第1戦はアウェー、等々力陸上競技場で。前半の入りからいい時間帯での先制点、後半早々の追加点までは、ほぼ完璧にウチの狙い通りに試合を運びながら、暢久の...

川崎フロンターレとのヤマザキナビスコカップ、準決勝の第1戦はアウェー、等々力陸上競技場で。前半の入りからいい時間帯での先制点、後半早々の追加点までは、ほぼ完璧にウチの狙い通りに試合を運びながら、暢久の負傷退場と川崎のシステム変更を機に川崎に押し込まれて、3失点の逆転負けと、非常に悔しい内容となってしまいました。

等々力陸上競技場 ヤマザキナビスコカップ準決勝第1戦 アウェー 川崎フロンターレ戦

今日のスタメンは、リーグ戦とは少し陣容を変えて、最終ライン、森脇、暢久、坪井。ボランチに那須さんと阿部ちゃんのコンビ。両ワイドはヒラとウガ。2シャドーに柏木と元気。興梠ワントップ。GKはギシさん。

槙野が代表に追加招集された関係で不在。啓太やマルシオもお休みということで、特に最終ラインからボランチにかけての人選的には難しい状況での試合で、前日練習で4バックを試したこともあって、一部では本番も4バックでいくんじゃね?見たいな報道があったりしましたが、那須さんを1列上げて、そこに暢久を入れることでいつも通りの3バックシステムを取ってきました。

で、川崎もウチも、カウンターの能力がとても高いチーム。比較的相手にボールを保持させても、前線にボールが入ってきたところでぶっ潰してそこからカウンターっていうのが得点パターンとしてはオーソドックスな形で、実際にリーグ戦で今年対戦した時は、川崎がそれをうまく実行して、ウチはサイドの裏のスペースをうまく使われて、4失点っていう完敗を喫しました。

なので、今日の立ち上がりは、とにかくお互いに相手のカウンターを気にしつつ、それ程前プレをかけずにしっかり守備ブロックを作って、前線にボールが入って来たところできっちりマークして潰して、そこから素早く好守転換するっていう慎重ながらも緊張感のある展開に。川崎も3バックにしてウチと完全にマッチアップする形を取ってきたこともあって、互いに譲らない攻防となりました。

ウチのディフェンスラインも、大久保、レナト、そして憲剛にきっちりとマンマーク付けて前を向かせず、ほとんどチャンスを与えない、ウチも前線はマンマークされながらも、じれずに丁寧に守備のギャップを探し、隙があれば楔を入れて行くのの繰り返し。30分過ぎ辺りから徐々にチャンスを作ると、前半終了間際、元気からの楔をウガ→興梠がスペースにうまく抜け出すと、相手GKとの1対1を冷静に決めて先制。チャンスをものにしてくれました。

さらに、後半立ち上がりにはコーナーキックのこぼれ球をヒラが思い切ってミドルシュート。そのボールに興梠がちょこっと触ってコースを変えると、これが追加点。後半立ち上がりに1点を追いつきにきた川崎の出鼻をくじく素晴らしい追加点で、ここまではほぼ完璧な試合展開でした。

ただ、ここからが今日は少し運もなかったことも重なって苦しい展開に。10分過ぎに川崎がシステム変更、4バックにして全体的に押し上げ、圧力を強めると、ウチは少しラインが上げられず押し込まれる展開に。しかもこの状況で暢久が負傷退場。急遽永田が暢久の位置に。

永田に代わってもウチのラインは上げられず、相変わらず押し込まれる展開の中、ついに耐えきれず失点。さらにこの流れの中でツボまで負傷して退場。ここでウメを投入して那須さんを最終ラインに下げると、ここからはお互いカウンターを打ち合うオープンな展開に。ここでウチが追加点を取れれば試合は決まっていたかもしれませんが、最悪なことに次の得点は大久保の豪快なミドルシュートによる同点。ラインが下がっていることでバイタルでボールを大久保に持たれると、そのままアウトサイドにかかった見事なミドルをぶち込まれました......

さらにそのたった1分後には再度、カウンターから大久保に追加点を喰らってまさかの逆転。なんとか同点にと選手も最後まで諦めずチャレンジしましたが、そのまま試合は終了となりました。

先制点、追加点と完璧に試合を進めながらの相手の攻勢に耐えきれずの3失点ということで、非常にもったいない負けになってしまいましたが、アウェーゴールを2点取ったことで、次の埼スタでの第2戦は、(1つの例としては)1失点以内に抑えて勝てば決勝に進めます。まだ半分が終わったところ。ホームできっちり勝って、国立に行きましょう。

等々力陸上競技場 ヤマザキナビスコカップ準決勝第1戦 アウェー 川崎フロンターレ戦

とはいっても、第2戦は10月12日なのでしばらく間が空きます。とりあえず、水曜日には天皇杯の2回戦もありますし、週末にはリーグ戦も控えてるので、一旦気持ち切り替えて、目の前の試合にしっかり勝つことに集中してもらいましょう。

試合データ

観客: 19193人
天候: 曇り
試合結果: 川崎3-2浦和(前半0-1)
レッズ得点者: 興梠(45分)、興梠(47分)
警告・退場: 興梠(警告×1/異議)