Keep on Jumpin'

Jリーグ第17節 埼玉スタジアム2002 横浜F・マリノス戦

厳しい夏場の4連戦、最後はホームでマリノスと。前節はアウェーで文句なしの完敗でしたので、ホームでのこの試合はなんとしても勝ちたかったんですが... また負けた。しかも追いついて、逆転してからの再逆転で...

厳しい夏場の4連戦、最後はホームでマリノスと。前節はアウェーで文句なしの完敗でしたので、ホームでのこの試合はなんとしても勝ちたかったんですが... また負けた。しかも追いついて、逆転してからの再逆転で負けるっていう、ある意味川崎戦よりストレスの溜まる結果でした(だって川崎戦は途中で諦めたし)。

Jリーグ第17節 埼玉スタジアム2002 横浜F・マリノス戦

今日のスタメンは、久しぶりにツボが先発して森脇のところ。さらにケガで不在の啓太のところですが、前節は柏木さんを下げてっていう後半とかによくやる手を最初から選択して失敗(川崎戦のレビューにも書いたけど個人的にはあれは失敗だと思う)したからか、今日は那須さんを1列上げてボランチに。那須さんの場所には復帰した永田さんが先発出場です。

ということで、最終ラインはツボ、永田、槙野。ボランチに那須さんと阿部ちゃん。2シャドーは柏木、元気。両ワイドにヒラとウメ。興梠のワントップ。GKは順大です。

マリノスさんはオーソドックスな4-2-3-1で、特にフォーメーション的にはウチに対して特別な策をとってはきていなかったので、あとは中盤でのプレスをタイトに、素早くして、ウチの前線にボールを収まらないようにするっていうやり方ですが、それだとサイドがフリーになりやすいので、攻撃の形を作るという点ではそれ程難しい相手ではありませんでした。実際にヒラやウメのところは比較的フリーでボール持ててたし。

ただ、今日もここ数試合の悪い流れですが、早い時間帯での失点が。兵藤に対してノープレッシャーでクロス挙げさせた結果、マルキーニョスの頭にピンポイントであわせられてのもの。兵藤がフリーになるまでのマリノスのポジションチェンジ... 見事にはまった感じ。

これ、他の失点も同じなんですが、ウチは人数がきっちりそろっているにもかかわらず、簡単にマーク外されてやられるみたいなのが多いのがちょっと気になるところ。1失点目はどちらかというと兵藤へのマークがずれてフリーで上げさせたのが大きかったですが(とはいってもマルキーニョスに対してゴール前は2人いたにも関わらずドフリーであわせられてる)、2、3失点目は人数揃った状態で横から入ってきたクロスに対してマークが外れてっていうパターンだったので、なんつーか、守備練習しようぜとしか言えない。

元々ウチは組織的に連動した守備をするチームではないので、マークの確認だけきっちりやって、あとは個々のマッチアップで勝つしかないんだけど、そこをあっさりやられるようじゃ、どうしようもないです。川崎戦と今日とで7失点ですからね。啓太がいない(彼の危機察知能力、カバーリング能力は抜群なのでそれがないだけで危ないところで芽を摘めない)のもありますが、1試合平均、3.5失点もしてたら勝てる試合なんかないです。

今日は意図的にか立ち上がりはロングボールを多用して、球際に関してもかなり厳しめに徹底されていて、失点はしないぞっていう感じの慎重な入り方をした印象でしたが、そんな状況で早い時間帯に失点してしまったので、ちょっと嫌な予感がする立ち上がりになってしまいました。

ただ、今日はこの失点で目が覚めたのか、ここから一気に逆転まで持って行ってくれました。まずカウンターからオーバーラップしてきた那須さんがヒラ元気(録画確認したら元気だった)の折り返しを冷静に叩き込んで同点。今日はボランチ先発の那須さんですが、このカウンターの起点も那須さんだったと思うので、この辺の縦への推進力ってのは啓太にはあまりない魅力ですね(オーバーラップのタイミングとかがすごくうまい)。

その後、コーナーキックから阿部ちゃんが頭であわせたこぼれ球を槙野が押し込んで逆転。ここまでは完全にウチに流れがきてる前半でした。そのまま折り返し。

後半は前半ほどロングボールも多用せずいつも通りのビルドアップにシフトしましたが、マリノスの好守転換や中盤でのプレスも早いので、プレーを急がされるとミスが出るってのと、相手センターバックの2人を除いてかなり高い位置を取っているので、セカンドボールも拾われがちっていうそんな一進一退の攻防でしたが、63分にクロスを齋藤 学にうまくトラップからマークを外されると、そこから決められて同点。

その直後、2枚同時選手交代。ツボ→森脇、永田→マルシオとして、那須さんを最終ラインに下げ、柏木をボランチに下げて、マルシオがシャドーに入る形。ただ、これがあまりプラスには働かなかったです。さらに悪いことに、82分にはコーナーキックから栗原に頭であわせられて逆転されるっていう流れで、そのまま追いつくこともできず試合終了となりました。優勝争いを考えると苦しい今季2回目の連敗になります。

ということで、4連戦は1勝2敗1分。獲得できた勝点は「4」にとどまりました。できれば2勝はしときたかったですけどね。そこは言っても仕方ないので、次節までにきっちり立て直して頂きたいものです。

試合データ

観客: 23725人
天候: 雨
試合結果: 浦和2-3横浜FM(前半2-1)
レッズ得点者: 那須(17分)、槙野(28分)
順位(第17節終了時点): 4位(9勝4敗4分/勝点31)
警告・退場: 原口(警告×1/ラフプレー)、梅崎(警告×1/反スポーツ的行為)