Keep on Jumpin'

Jリーグ第16節 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

長いシーズン、こういう試合もあるよねっていうしかない、久々にボコられたアウェーの川崎戦。もうなんつーか、悪かったところは反省して、気持ち切り替えてもらうしかないっすね。前節も先に2失点っていう、この直...

長いシーズン、こういう試合もあるよねっていうしかない、久々にボコられたアウェーの川崎戦。もうなんつーか、悪かったところは反省して、気持ち切り替えてもらうしかないっすね。前節も先に2失点っていう、この直近2試合は失点が先行するっていう流れになってるのは気になりますが、この暑さの中まだ連戦は続くので、きっちり立て直してもらいたいものです。

Jリーグ第16節 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

今日のスタメンは、前節負傷で途中交代した啓太がお休み。あとヒラもお疲れからかサブに回って、最終ライン、森脇、那須、槙野。ボランチに柏木と阿部ちゃん。2シャドーにマルシオと元気。両ワイドウメとウガ、興梠のワントップ、GKは順大。

柏木をボランチに落として、代わりにシャドーにマルシオを入れるっていう、途中交代策でよくやる形でのスタートってことですね。でもやっぱ最初からこれだとちょっと柏木の良さがでないかもしれないですね... とはいっても啓太の代わりができる人がいないので仕方ないんですが、やっぱ啓太さんの存在がでかすぎます。

Jリーグ第16節 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

さて、川崎は3バックスタートで、守備時5バックにしてサイドのスペースを埋めにくるっていう、ウチ対策としてはオーソドックスなやり方で、これ自体はよくやられるから別に大きな問題ではないと思うんだけど、ここのところのウチは特に3バックの両サイド、森脇さんと槙野さんのコンディションがあまりよろしくないようで、ここが思い切ったドリブルでの仕掛けなどで相手のマークをずらすみたいなのが少ない。

結果として、元気やマルシオのところに楔は入るんだけど、相手は最終ラインに人数をかけてマークを貼り付けてきてるので、なかなか前を向かせてもらえず、ワンタッチのフリックなどでコンビネーションしてもスペースがないので相手に引っかかっちゃうっていう感じの繰り返しでした。

サイドは川崎が5バックにしていることでそれ程スペースがないので、ウメやウガもなかなかフリーでボールを持てず、すぐに相手のアプローチにあって決定的な仕事はできていなかったのが残念なところ。この辺も良いときは例えばウメ辺りが中に絞って作ったスペースを槙野が使ってみたいなのができるんですが、そういうのも少なかったので、全体的にあまり前を追い越すようなプレーが少なかったです。ウガと森脇のサイドはまだまだかみ合ってない感じだし。

で、川崎の狙いとしては元気やマルシオのところに入ったところで潰してボールを奪い、そこからウチの両サイドの裏のスペースを使ってカウンターっていうパターンですね。特に川崎さんは憲剛っていう視野が広くてピンポイントなパスを通せるお方がいらっしゃるので、カウンター時に彼を経由するとかなり危険な形を作られるっていう。しかも川崎の選手は好守転換も早く、ウチの選手が置いてかれる感じで何度もやばいカウンターを発動されるっていう状況に陥ってました。

とはいっても、前半も30分ごろまでは、それ程流れをつかめてはいないものの、辛抱強く攻撃の組み立てをしてたんですけども、28分、カウンターから憲剛さんに先制点を喰らうと、なんとその2分後には、最終ラインのミスからレナトにボールかっさらわれてそのままキーパーと1対1に。それは奇跡的に外してくれたんだけど、そのこぼれ球を再度拾われてシュート叩き込まれるっていう最悪の2失点目。

これでウチは完全に前掛かりにならざるを得ない状況に追い込まれましたが、さらに前半終了間際には、細かいパス回しから最終ラインを完全に崩されて、2列目から入ってきた山本選手に3点目を決められてもうこれでほぼ試合は決まってしまいました。2列目から入ってくる相手ボランチに誰もマークついてねーってのは誰とはいわないけど頼むから守備にきちんと戻ってくださいよ。啓太の代わりにそのポジションに入ってるならさ...

そのまま3点ビハインドで後半へ。

でもね、もう3点も入っちゃうと、川崎としては自分たちでボールを持ってるときは縦に急がず、しっかりボールキープして時間を使えば良いし、守るときは思い切って全員で引いてしまって人数かければそう簡単にはやられないしってので、もう完全に試合は川崎にコントロールされている状態。あとはチャンスが来ればカウンターで追加点とれたらいいねっていう試合運びをされたので、どうしようもないっす。

しかも、後半の立ち上がり4分にそのカウンターからキーパーとの1対1を作られ(このきっかけになった憲剛さんのトラップ、ワールドクラスでしたよ...)、そこでPK献上して4点目を決められると、もうぶっちゃけそこで試合終了です。諦めたらそこで試合終了だけど、もう諦めるだろ普通。4点を追いつく可能性なんてのは限りなくゼロに近いんすよ。

もちろん、選手達は諦めてなかったと思うし、俺らも最後まで声出し続けたけどさ。ここまで完全にやられるとへこむよね。

ということで、悪夢のような完敗でしたし、悔しい週末になりましたが、終わってしまったことにグダグダ言っても仕方ないので、すぐにくる水曜日のマリノス戦に向けて、できる限りコンディションを整えて、巻き返しを図ってもらいたいです。

なんか試合後に挨拶きた選手達に水かけたり罵声を浴びせたりしたド低脳がいたみたいですが、俺らサポは選手達を鼓舞し、良いときも悪いときも共に戦う存在としてあるべきで、良いときだけは We are Reds、悪いとき、思い通りに行かない時には罵詈雑言じゃ、そりゃサポじゃなくて単なるわがままな客です。苦しいときにこそピッチで戦う選手達に俺らができることってのを考えるべきだと思いますよ。

試合データ

観客: 19010人
天候: 曇り
試合結果: 川崎4-0浦和(前半0-1)
レッズ得点者: -
順位(第16節終了時点): 3位(9勝3敗4分/勝点31)
警告・退場: 那須(警告×1/反スポーツ的行為)、順大(警告×1/反スポーツ的行為)

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る