Keep on Jumpin'

Jリーグ第14節 国立競技場 アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

さて、今日は久しぶりのリーグ戦ということで、アウェーですがほぼホームみたいな国立で、ヴァンフォーレ甲府と。ナビスコカップの準々決勝がホーム、アウェーで2試合あったといっても、中断前最後のリーグ戦は5月...

さて、今日は久しぶりのリーグ戦ということで、アウェーですがほぼホームみたいな国立で、ヴァンフォーレ甲府と。ナビスコカップの準々決勝がホームアウェーで2試合あったといっても、中断前最後のリーグ戦は5月29日の仙台戦ですから、丸々1ヶ月休んでたことになりますね。

Jリーグ第14節 国立競技場 アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

今日のスタメンは現時点でのベストメンバーといえる布陣。別の言い方をすればいつものメンツ。最終ラインに森脇、那須、槙野。ボランチ阿部ちゃんと啓太。トップ下に柏木、元気。両ワイドにヒラとウメ。興梠ワントップ。GKは順大です。

前試合、ナビスコカップの準々決勝、セレッソ戦では興梠が欠場だったことで前線でボールがまったく収まらず、前半途中に当初ワントップだったマルシオと元気がポジションを入れ替え元気がワントップになったことで多少は落ち着いた感じでしたが、やはり興梠さんの存在が大きいなと感じさせられるものでした。今日は興梠さんもいるのでメンツ的には問題なかったんですが、甲府の守備が思ったよりよかったですね。

甲府は立ち上がりからウチのやり方にあわせてうまく守備をしてきました。前線からはあまり食いつかずにウチがボールを持った時は素早く自陣に引いてブロックを作り、啓太のところ、さらに柏木、柏木、元気のところはきっちりマンマーク、さらに複数人で寄せて中央のパスコースを遮断。ウチが中央を使いにくくした上で最終ラインのビルドアップにうまくプレスをかけてサイドに追いやるっていう守備をされたので、ウチはなかなか良い形を作れず難儀しました。

何度か思い切って柏木や興梠、元気に楔が入った際や、プレスに対してドリブルで幕を引きはがした際などはチャンスを作れていて、特に試合立ち上がりはその傾向がありましたが、甲府が徐々に修正するとかなり膠着した試合展開になりました。

とはいえ、甲府もサイドバックの位置がかなり低い位置まで下がるため、最終ラインでウチの攻撃を枚数かけて防いでも、セカンドボールはウチが拾うことが多かったので、カウンター狙いながらもそんなにやばいシーンもなく、決定機っぽかったのは数回。だからお互いにそれ程チャンスの多い試合ではなかったですね。

こういう、ウチがボール持ってるけど相手は引いてるっていう状況、実はウチにとってはあまり得意な形ではなくて、例えば今季負けてる清水戦ってのはその状況から崩しきれずにいるところをカウンター一発でやられたわけだし、引き分けた仙台戦もこのパターンでかなり苦労しました。だから今日も1点を争う感じのゲームになることは予想できました。

で、前半はそのままスコアレスで折り返し。

後半も同じような試合展開だったんですが、60分過ぎに啓太→マルシオと代えて柏木をボランチに。さらにヒラをウガに代えて圧力をかけますが、それでも甲府の粘り強い守備を崩しきれず。

ところがここで困ったときの那須さんですよ。もう神様、仏様、那須様ってくらいここぞというときに点を取ってくれる頼りになるお方が今日もやってくれました。

正直、あのタイミングでなんで那須さんがそこにいたの?っていうくらいの果敢なオーバーラップ(どこかの田中さんばりの)で最前線に上がっていくと、そこにウメからのピンポイントなボールが。それを頭であわせて貴重な先制点。時間も84分と、甲府としてはそこまで守り抜いてきたところで最後にやられるっていうかなり精神的にはくる得点だったと思います。

ビルドアップから崩せなければセットプレーで点がとれるってなってウチは去年に比べて一回り成長したと思いますが、那須さんの加入はその大きな理由の1つ。今日はコーナーキックの数も多かったんですがなかなかチャンスが来なかった那須さんですが、最後の最後にやってくれました。

これで甲府も少し前掛かりにならざるを得なくなりますが、その裏のスペースを使ってマルシオ、柏木がそれぞれ1回ずつ、キーパーと1対1っていう決定機を作ってるんですが、そこで決めきれずにトドメ刺せなかったので試合はそのまま1点差で終了。勝ったので良いんですが、この辺の精度は上げて欲しいっすね。

ということで、ここから2週間は連戦です。次は水曜日にホームでFC東京。続いて週末はアウェーで川崎。また次の水曜日はホームでマリノスと続きますので、ここをきっちり乗り切って、連戦明けには首位にいたいですね。

Jリーグ第14節 国立競技場 アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

おまけ

今日は現在議論されているJリーグでの2シーズン制復活に関して近日結論が出そうってことで、サポからの意思表示に試合終了後、2シーズン制に反対するゲーフラ、ダンマクが大量に出ました。私も立場的には反対派ですが、これもJリーグに関わる人達のひとつの意見として、きちんと考慮してもらいたいですね。

Jリーグ第14節 国立競技場 アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

おまけ2

今日は決勝ゴールを決めた那須さんですが、試合終了後の那須さんへのチャントを動画で。

試合データ

観客: 28906人
天候: 晴れ
試合結果: 甲府0-1浦和(前半0-0)
レッズ得点者: 那須(83分)
順位(第14節終了時点): 2位(9勝2敗3分/勝点30)
警告・退場: 那須(警告×1/反スポーツ的行為)、興梠(警告×1/繰り返しの違反)

Recent Entry

全ての記事一覧を見る