Keep on Jumpin'

Jリーグ第5節 埼玉スタジアム2002 ジュビロ磐田戦

大雨の予報で無理な外出はお控えくださいと天気予報に脅されながらのホーム埼スタで行われたJリーグ第5節は、磐田を迎えて。前田さんのデスゴールとか色々話題も尽きない対戦でしたが、結果的には先制されるも2-...

大雨の予報で無理な外出はお控えくださいと天気予報に脅されながらのホーム埼スタで行われたJリーグ第5節は、磐田を迎えて。前田さんのデスゴールとか色々話題も尽きない対戦でしたが、結果的には先制されるも2-1の逆転勝利でここまでJリーグは負けなし、2位のポジションを守ってくれました。

Jリーグ第5節 埼玉スタジアム2002 ジュビロ磐田戦

今日のスタメンは、最終ライン、森脇、那須、槙野。ボランチは不動の阿部ちゃん、啓太。両ワイドにウメとウガ。2シャドー、元気、柏木。興梠のワントップ。GKは順大。

磐田は今季3バックで、ウチとは完全にマッチアップしてしまうため、やりやすい相手ではないんですが、前半からその予想通り、守備時、5-3-2でしっかりブロックを作る磐田に対して、思ったように前線がフリーでボールを持てず、ちょっとやりにくそうな立ち上がりになりました。

それでも、啓太のところから思い切って縦に楔を入れたり、それを柏木がうまくフリックでさばくのと同時に元気や興梠がラインの裏に抜け出す動きで守備のギャップを突くなど、少ないながらも攻撃の形は作っていました。

ただ、最後のところのプレー精度がイマイチで、フィニッシュできずという感じ。ただ、流れ的には悪くはなかったので、我慢して続けていけばっていう思いで見てたんですが、そんな中、元気が前線で受けたボールのこぼれ球をうまく体を反転させつつペナルティーエリアの中で受けた興梠が、駒野に倒されてPK獲得。これで、先制できると思ったら... 川口さんの好セーブに阻まれて先制ならず。

蹴ったのはPKを獲得した興梠さんですが、でも、外れたとはいえ、自分でボールをセットして蹴りにいった姿勢は評価すべきだと思います。サポもそれがわかるので、興梠がボールをセットした時には大きな拍手が。決めてくれれば文句なかったですけど、彼のウチでの初得点は今回もおあずけになりました。

で、そのあとが問題でしたが、自分たちの決定機を外した数分後、磐田、駒野の絶妙なクロスを前田に合わされて失点。前田のマークに付いていた森脇は、前田を見つつ、入ってきたボールにうまく体をひねって対応しようとはしましたが、足先数センチおよばす... クリアし損ねたこぼれ球を前田にうまく合わせられて噂のデスゴールを食らうはめに。

前田に対しては、ウチの那須さんや槙野がタイトにマークしてほとんど仕事させていなかったので、ワンチャンスをものにされた感じ。もったいない失点でした。もう少し駒野に対して厳しく寄せられたら、そんなにいいボールを上げられなかったのになとか思いますが、ま、言っても仕方ないですね。

そこから先は、磐田も中盤できっちりプレスをかけてウチを自由にさせてくれなかったので、大きなチャンスを作ることもなくそのまま前半終了。

後半も前半のような守られ方すると嫌だなと思ってたんですが、逆に磐田さんはちょっと守備に意識が行きすぎた感があって、確かにブロックをきっちり作って守ってはいますが、ほぼ防戦一方みたいな感じになってたので、ウチがボールを支配して、ひたすら攻め続けるみたいな展開になりました。磐田さん、今季はあまり調子よくないし、先制してる試合も少ないので珍しく獲った先制点を守りたいっていう心理なのかわかりませんけども。

5バックの前に3枚並べられるとさすがに簡単には崩せないんですが、後半も20分を過ぎたあたりから、磐田の中盤に徐々にスペースができはじめ、さらに元気やウメ、槙野、森脇などがドリブルで仕掛けて局面を打開し、磐田ディフェンスにギャップを作ると、ゴールに迫るシーンも増え、そこから奪ったコーナーキックで惜しいシーンを作るなど、得点のニオイが。

そんな中、73分には柏木をマルシオに交代。この交代が当たりました。77分にマルシオのコーナーキックを森脇が合わせて同点。磐田のゾーンディフェンスはイマイチ人に付ききれておらず、その隙間にうまく入ってきた森脇がうまく頭で合わせたもの。

その後もほぼ一方的にウチが押し込む状態のまま時間は進み、後半ロスタイム。相手のバックパスの乱れ(興梠のいいプレスが原因で相手がミスった)を元気がトップスピードでかっさらうと磐田GK、川口と1対1に。それを元気がうまくループ気味にゴールに流し込んで劇的な逆転。もう喜びすぎてほぼイキかけました(© イチロー)。

そのまま守り切って勝点3をGETしてくれました。ちなみにマルシオ以外の交代は、ウガ→関口、ウメ→ヒラと、両ワイドを消耗にあわせてフレッシュな人に交代というものでした。

この試合、時間帯によっては苦しんだし、川口の好セーブにかなり悩まされたけど、こういう試合で先制されながらも逆転勝利できるってのは素晴らしい成長だと思います。これは本格的に期待してもいいかもね。まだシーズンは始まったばかりで気が早えぇよって言われそうだけど。

ということで、週明け、火曜日にはアウェー、韓国で先日負けた全北現代とACL、戻ってきてその週末(日曜日)には埼スタで湘南と、連戦が続きますが、この勢いで一気に行って欲しいですね。

おまけ

今日は永田さん(ケガでお休み中)と森脇の誕生日でした。森脇さんは得点もしたし、勝ったしでいい誕生日になりましたね。で、試合終了後、わざわざゴール裏前まできて、ハッピーバースデーの歌を歌えと催促したあげく、ブーイングを浴びる森脇さんの図を下記に(ハッピーバースデーの歌はちゃんと歌ってあげました)。

Jリーグ第5節 埼玉スタジアム2002 ジュビロ磐田戦

試合データ
観客: 23295人
天候: 雨
試合結果: 浦和2-1磐田(前半0-1)
レッズ得点者: 森脇(77分)、元気(90+2分)
順位(第5節終了時点): 2位(4勝0敗1分/勝点13)
警告・退場: -