Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 ACL 2013 予選グループF 第5戦 全北現代戦

ACLの予選ステージも終盤。第4戦のアウェーで、全北に引き分けたことで自力での予選突破はなくなってしまったため、残りの2試合は勝つしかなく、あとは周り次第っていう状況でのホーム、埼スタに予選リーグここ...

ACLの予選ステージも終盤。第4戦のアウェーで、全北に引き分けたことで自力での予選突破はなくなってしまったため、残りの2試合は勝つしかなく、あとは周り次第っていう状況でのホーム、埼スタに予選リーグここまで無敗の広州恒大を迎えて。

埼玉スタジアム2002 ACL 2013 予選グループF 第5戦 全北現代戦

ウチのスタメンは、第4戦から警告の累積で出場停止のウメ(累積がなくても軽い肉離れのため出場は見送られてたと思われ)の替わりにヒラ、さらに大宮戦でGKとの接触から負傷した元気がマルシオに。それ以外は同じ。

ということで、最終ライン、森脇、那須、槙野。ボランチに阿部ちゃん、啓太。両ワイドにヒラとウガ。2シャドー柏木、マルシオ。興梠のワントップ。GKは順大。

対する広州恒大は4-2-3-1。前回対戦時も苦しめられたけど、前線にはバリオスさん、スピードのあるムリキさん、精度の高いキックを持つコンカさんとタレント揃いのため、ショートカウンターの威力がハンパない。実際に前線の失点は森脇のところでボールを奪われてからの縦への1発でバリオスさんに裏に抜けられてキーパーと1対1を作られてのもの。

また、守備時は4-4-2っぽくなったりしつつ、前線の興梠、マルシオ、柏木のところのスペースと、楔のパスの入れどころをきっちり消して来ていたので、ウチはなかなか縦にボールをつけられない状況。ただ、広州が5バックにしてっていう対応をしてこなかったので、サイドに関しては中央で起点を作れればスペースがあり、辛抱強く左右に振って穴を探し続けたんですが、前線3人の連動性がイマイチ上がらず、パスの出しどころがなくてボールを回すうちにミスってボールロストみたいな展開が長かった。

しかもムリキさんが常に高い位置をとってるせいで、森脇がなかなかオーバーラップできず、ウチの右サイドからの攻撃が思うように厚みを出せなかったってのも大きかったです。そんで森脇さんがテンパるっていうパターン。さらに対面の槙野も相手の強力なカウンターを警戒してこれまたいつもよりは自重気味だったので、これだと攻撃が停滞するのはしかたないですね。

失点の起点となった森脇のミスも、そんな状況を打開しようとドリブルを仕掛けたものの、ドリブル開始位置が低すぎて結局パスの出しどころがなく、判断に迷って中途半端にキープしたところを詰められてボールを奪われカウンターっていう流れ(森脇さんってたまにこういう、ボール持つ→明確な意思がなさげなドリブルでなんとなく中央に→引っかかってボール奪われ orz みたいのあるよね)だったので、そういう意味では広州の守備の狙いはハマっていたんでしょう。

とは言っても、ペナルティーエリアに侵入したマルシオに楔が入ったところで倒されてPK獲得(これは阿部ちゃんがまさかの失敗)したりと、得点できそうなニオイは多少していたんですが、そのチャンスを活かせず。その後に上記の通り失点して1点ビハインドのまま後半へ折り返し。決定機を逃すと報いを受けるっていういつものやつですね。

後半立ち上がりから、広州がシステムを守備寄りにしたため、ウチも阿部ちゃんや槙野が積極的に攻撃参加しつつ徐々にペースを掴みはじめると、後半7分、ヒラのシュート性のクロスを興梠が相手ディフェンスの背後をうまくとって合わせると同点。さらに、その約10分後には、オーバーラップした阿部ちゃんがサイドの槙野に一旦預けつつゴール前に入り込み、折り返しのボールを足先で合わせて追加点。さらにその4分後には、カウンターからペナルティエリア内で縦に仕掛けた興梠さんが相手ディフェンスに倒されPK獲得。今度はマルシオさんがきっちり決めてこれで勝ち越しとなりました。

で、このまま終わってくれればよかったんですが、終了間際にセットプレーから失点。1回オフサイドの旗が上がって、助かったーって思ってたら、なんか知らんけど主審が一旦は認めたっぽいオフサイドを取り消してゴールの判定... 帰って録画してたのを見て確認したら、ムリキの位置自体はオフサイドだけど、彼のところにボールがこぼれる前、最後にボール触ってるのはウチの選手だったので、正確にはオフサイドじゃないですね。なので線審とのやりとりで、そこを確認した上でゴールを認めたのかもしれません。スッキリしない感じだったけど。

とはいえ、そのまま1点差を守り切って勝利。なんとか首の皮1枚つながりました。次のアウェー、ムアントン戦にウチが勝つのは必須として、広州恒大×全北現代で広州恒大が勝てば、ウチが2位でグループリーグ突破となります。

気になるのは広州恒大が今日の試合で監督のリッピさんが退席処分(なので最終戦はベンチ入れない)、さらに1人退場者を出してるってのと、広州はもうグループステージ突破が決まってて、次は消化試合。広州が本気でやってくれんのかっていうのが心配です。

ついでに全北現代は、負けさえしなければいいっていう条件的にはウチはかなり厳しい状態ですが、ま、それを言っても仕方ないので、次のムアントン戦をきっちりサポートするのと、最終戦だけは広州を全力で応援しましょうという感じですかね(俺、当日タイには行けないので、日本から念を送ります)。

おまけ

今日の試合の開始前(選手入場時)と試合終了後の様子を短いですが動画撮っといたので、下に貼っときます。

試合データ
観客: 19687人
天候: 雨
試合結果: 浦和3-2広州恒大(前半0-1)
レッズ得点者: 興梠(52分)、阿部(63分)、マルシオ(67分)
警告・退場: 森脇(警告×1)、啓太(警告×1 / 次戦警告累積で出場停止)、暢久(警告×1)

Recent Entry

全ての記事一覧を見る