Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 ACL 2013 予選グループF 第2戦 ムアントン・ユナイテッド戦

ACL予選グループの第2戦は、ホーム埼スタでタイのムアントン・ユナイテッドと。平日夜の開催ということで少し人は少なかったですが、4得点できっちり勝って、これで予選は現在1勝1敗となりました。 ...

ACL予選グループの第2戦は、ホーム埼スタでタイのムアントン・ユナイテッドと。平日夜の開催ということで少し人は少なかったですが、4得点できっちり勝って、これで予選は現在1勝1敗となりました。

埼玉スタジアム2002 ACL 2013 予選グループF 第2戦 ムアントン・ユナイテッド戦

今日のスタメンは、最終ラインに槙野、永田、森脇。ボランチに那須と阿部ちゃん。2シャドー、マルシオ、柏木。両ワイドにヒラと関口、興梠のワントップと、リーグ戦とは少しメンツを変えてスタート。ウガ、ウメ、啓太、元気はベンチスタートでした。

ちょっとこの試合評価が難しい...っていうのは、得点が基本的に相手ディフェンスの能力の問題で、ウチの攻撃が特別よかったわけじゃないので、4得点(うち1点はオウンゴールですが)っていうとウチにしては多く点を取ったなって感じですが、感覚的にはもうちょい点が入ってもおかしくない感じの内容でした。しかも前半で相手は1人退場になって、10人だったし。

ムアントンは事前に試合をまともに観たことがなかったのでどんなチームなのか、わかりませんでしたが、やり方としてはきっちり引いて守って、そこから縦に早いカウンター狙いっていう、まぁありがちな感じ。縦にスピード乗った時の破壊力はそこそこありそうな感じでしたが、全体的に選手のクオリティは高くないのでパスはずれる、対人でもほぼウチの選手が負けないので攻撃の形らしきものはほとんど見られませんでした。

逆に守備時は、5-4-1みたいな感じできっちりブロックを作って引いてしまうため、ディフェンスライン裏にもほとんどスペースがなく、さらにサイドもなかなかフリーでボールを持てず、ウチもいい形はなかなか作れない状況で、ま、ハッキリ言えば大して面白くない試合でした。

特に今日は啓太がいなかったことで、攻撃時、中盤で最終ラインと前線を繋ぐ役目を那須さんがやってましたが、やはり啓太と比べてしまうと、中盤でのボールの受け方、そこから素早く前を向いて縦に早い楔入れたり、サイドに振ったりていうののスピード感、クオリティが低いため、ポゼッションはしてるけどなかなかチャンスらしいチャンスを作れないっていうなんとももどかしい感じ。那須さんが悪いって言うわけじゃなくて、啓太さんが良すぎるってことなんですが、啓太の代わりが簡単に務まれば苦労はないのでしかたないですね。

さて、得点ですが、1点目はマルシオのコーナーキック(これは明らかにマルシオが柏木んところ狙って蹴った)を狙い通り柏木がダイレクトでボレーしたものですが、がっつり当たり損ないまして、それが逆にいいバウンドになってディフェンスラインの上を越えた結果、入っちったって感じのゴール。

2点目は左サイドからゴール前にクロスを上げた関口のボールが誰も触らずゴールに吸い込まれるっていう、2点ともスタジアムがいつもの「よっしゃーーー!!!」ってなる感じより、「え?え?入ったの?→数秒遅れて戸惑いながら周りとハイタッチ...」みたいな微妙な感じ。

3点目の元気のゴールはいいシュートでしたが、ヒラのクロスを打点の高いヘディングシュート。でも相手ディフェンス誰も競ってねーし、ゴールエリア外からのシュートのわりにキーパーも無反応ってのはどうなんでしょうね...

4点目もディフェンスラインの裏にスッと抜け出した元気がキーパーと1対1になったところまでは素晴らしかったんですが、なぜか自分で打たずにパス→それがたまたま戻ってきた相手ディフェンスの足にナイスアシストでオウンゴールと、サポも苦笑いするしかない感じで4得点。

で、まぁこのまま終わればまだしも、最後の最後にカウンターから失点して最終スコアは4-1に。勝ったんだから別にいいけど、きちんと無失点で終わらせてもらいたかったなってのが正直な感想でした。実際、失点してから試合終了まで、ムアントンが元気を取り戻して押し込まれましたからね。

ということで、今週末はJリーグに戻って大分ですが、得点もできてるし、流れは悪くないので、きっちり勝って戻ってきて欲しいですね。

試合データ
観客: 23246人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和4-1ムアントン・ユナイテッド(前半1-0)
レッズ得点者: 柏木(8分)、関口(65分)、元気(69分)、オウンゴール(78分)
警告・退場: 梅崎(警告×1)