Keep on Jumpin'

Jリーグ第31節 等々力陸上競技場 アウェー川崎フロンターレ戦

あんまり詳しく知らないんですけど、今シーズン終わりから等々力競技場は改修工事にはいるんですよね。なので、たぶん今の状態の等々力競技場に来るのは最後になる試合だったと思いますが...見事に負けて帰ってき...

あんまり詳しく知らないんですけど、今シーズン終わりから等々力競技場は改修工事にはいるんですよね。なので、たぶん今の状態の等々力競技場に来るのは最後になる試合だったと思いますが...見事に負けて帰ってきました。残念。

ホーム札幌戦での敗戦アウェー仙台戦での連敗、さらに前節の引き分けと勝点を積みそこなったことですでに自力で優勝するチャンスはなくなっていたし、現実的には3位でシーズンを終えられるかが焦点だったとはいえ、他チームの結果は別として、残り試合いい結果さえ出せれば可能性はゼロじゃないと言い聞かせてきたわけですが、ここにきての大量失点での敗戦ってのはさすがにわずかな希望を打ち砕かれた感じでダメージでかかったです...

Jリーグ第31節 等々力陸上競技場 アウェー川崎フロンターレ戦

今日のスタメンは最終ラインに前節ケガで離脱した永田に代わって暢久が入り、ツボ、暢久、槙野。ボランチに阿部ちゃん、啓太、両サイドヒラとウメ、2シャドーに柏木、マルシオ、元気ワントップのキーパー順大というメンツ。

Jリーグ第31節 等々力陸上競技場 アウェー川崎フロンターレ戦

で、今日の川崎は、以前からたまに試してる3バックの布陣。ウチ対策としてとってきた3バックというより、能動的な3バックで、本来はこの布陣が川崎の目指すところなんでしょ。同時にウチとやるにあたっては、4バックより3バックの方がマッチングという意味で楽なのでという感じ。

なので、攻撃時3バック、守備時は両ウィングが最終ラインに入って、5バック気味に守り、バイタルをボランチが埋めるので、いわゆるウチとしては「やりにくい守り方」をされる形になりましたが、実際には川崎の守備ってかなりよくなくて、人数はいるけど、どこでボールを奪うのかとか、守備の受け渡しという面では適当なので、そんなにぎっちぎちに守られる感じではなく、ウチ対策として3バックをやってきた相手に比べれば、得点のチャンスは多くつくれるんじゃないかとは思っていたんですが、その通りだったと思います。

今日の敗戦は、とにかく得点が取れなかったことではなくて、守備面でしょう。いい時間帯に先制した上に、最終的に2得点できている試合で4失点して負けるって言うのはさすがに上を狙うチームとしてはやっちゃいけない試合ですよ。この辺は、終盤にきての疲労の蓄積、コンディション不良もかなりあるとは思いますが、ここ数試合の失点の多さはACL圏内を目標にするにしてもかなり危険な感じがします。

攻撃面では、前述の通り、川崎の守備組織がそれほどしっかりしていないこともあって、柏木、マルシオ、元気が中央で連動してディフェンスラインの裏に抜け出すような仕掛けを何度か見せていて、その点に関してはいい感じだったんじゃないでしょうか。

川崎が5バックになるため、サイドにはスペースができず、ヒラやウメはなかなかフリーでボールを持てませんでしたが、逆に中央でのパス交換からチャンスメイクできていたのは収穫かなと。特に先制点のシーンなんかは、暢久から元気へのキラーパス→元気がうまくトラップして前向いたためにディフェンスが引っ張られて空いたスペースに柏木という流れだったので、あの崩しは素晴らしかったなと (柏木のシュート自体はきれいじゃなかったですけどね(笑))。

先制して、リードした時間帯をもう少し長くできれば、川崎も点を取りに前掛かりになるので、あとはカウンターでとどめ刺して終わりみたいなコントロールができたと思うんですが、今回はすぐに運の悪いセットプレーで同点に追いつかれてしまったために、うまいこと運べませんでした。しかもその後すぐにセットプレーからもう一発喰らうなんて予想もしてなかったんで、まさかあんな簡単に逆転されるとはね...だって川崎はシュート3、4本で2点とかでしょ。アホらしくなるわ。

で、リードされてしまうとあちらはしっかり守ってカウンター狙いって感じになるわけですが、それが見事にはまった感じで、特にボール奪取から憲剛を経由しての前線レナトっていうカウンターは強烈でしたね(遠い目...) 一発でピンポイントなパスが供給できる選手と、スピードがあってマークを引きはがすのがうまい選手の組み合わせですから、あれがはまってしまうとちょっときついなっていう感じ。

とはいえ、槙野の得点が決まって、3-2になったところで選手的にもサポ的にも行けるって言う雰囲気になったと思うんですけどねぇ...しばらく押し込んでたし。ところがそんな希望を打ち砕く山瀬の追加点(この時、俺には選手の心が折れた音が聞こえたですよ...)。風間監督の交代策が見事に結果をだしましたね。悔しいけどあの4失点目で試合は決まりました。

今節はすぐ下にいた清水が負けたりっていうおかげでなんとか3位に踏みとどまっていますが、4位の名古屋とは得失点差のみ。しかも次節は首位の広島と対戦になります。ここで崩れて一気に沈むか、踏みとどまってACL圏内を確保できるかは次のホームにかかっていると思いますので、気持ち切り替えてしっかりサポートしていきましょう。

Jリーグ第31節 等々力陸上競技場 アウェー川崎フロンターレ戦

ちなみに、次節ホーム広島戦は、旗持ってこいの呼びかけがありましたので、埼スタに来られる方はぜひ、お手元のフラッグを持参の上、サポートに駆けつけましょう。

試合データ
観客: 17870人
天候: 晴れ
試合結果: 川崎4-2浦和(前半3-1)
レッズ得点者: 柏木(19分)、槙野(59分)
順位: 3位(31節終了時点/13勝8敗10分/勝点49)
警告・退場: -