Keep on Jumpin'

Jリーグ第30節 埼玉スタジアム2002 セレッソ大阪戦

前節、アウェーの仙台戦は、今季初の連敗で厳しい状況に追い込まれましたが、ここで諦めたら終わり。ホームに戻ってのセレッソ大阪戦は気持ちを切り替えて、きっちり勝点3を取りたかった試合でしたが...スコアレ...

前節、アウェーの仙台戦は、今季初の連敗で厳しい状況に追い込まれましたが、ここで諦めたら終わり。ホームに戻ってのセレッソ大阪戦は気持ちを切り替えて、きっちり勝点3を取りたかった試合でしたが...スコアレスのドローで勝点1を分け合う形になりました。

Jリーグ第30節 埼玉スタジアム2002 セレッソ大阪戦

今日のスタメンはケガで離脱したヒラに代わってウガが先発し、最終ラインにツボ、永田、槙野。啓太、阿部ちゃんのダブルボランチ。柏木、マルシオの2シャドー、ウガ、ウメの両ワイドに元気ワントップ。キーパーは順大。

セレッソは今季残留争いに巻き込まれてはいるものの、クルピさんが監督に復帰してからは調子を取り戻して勝点を順調にかせぎ、残留争いから一歩抜け出している状態。前回、アウェーでの対戦はクルピさん復帰前でしたが、先制するもののロスタイムに追いつかれて同点という結果。

前回対戦でもウチの5トップ、両ワイドを大きく使ったサイドチェンジ等をセレッソはほとんど捕まえ切れておらず、かなり決定機は作れていましたが、結局それを得点につなげられずに1得点にとどまった結果、後半ペースダウンして押し込まれたところで同点に追いつかれました。今回対戦も、セレッソの守備陣はそれ程前線の5人に対してタイトにマークに付きに来るわけでもなく、前線からガンガン前プレをかけてくるような守備もしないため、基本的にはウチのやりたいことができていたと思います。

前節の仙台戦では、ピッチコンディションの問題もあって、啓太や、柏木、マルシオに対して後方から縦に楔のパスが入ることもほぼなくって状態が続きましたが、今日はホームということもあって、積極的に楔を前線に当て、柏木がワンタッチでフリックしてさばいたり、中央で起点作ってからのサイドチェンジで両ワイドがフリーでボール受けるシーンも多く、得点のニオイはしていたのですが...

守備的にも立ち上がり早々、中央で柿谷にワンツーで抜け出されてシュートまで持って行かれるシーンがありましたが、その後はこちらの単純なミスからショートカウンター的に危ないシーンはあったものの、ほぼ安定してセレッソの攻撃を押さえ込み、前半に永田がケガで離脱するというアクシデントがあったにも関わらず、交代で入った暢久を中央にしっかりと守り切ってくれたので、比較的安心して見ていられる試合内容でした。仙台戦では決定機をことごとく決められちゃった順大も、ビックセーブ2回くらい、「あぁ終わった...」って状況を救ってくれましたし (逆にそれくらいしかピンチはなかった)。

今日はもう一言で言ってしまえば陳腐だけど「決定力不足」が災いした結果ですね。運がなかったって言い方もできるかもしれないですけども...

とはいえ、攻撃面でのバリエーション (それは選手構成も含めて) という点ではやっぱり課題は大きくて、特に今日はサイドからの攻撃でほとんどチャンスらしいチャンスを作れていなかった (ウメとかがフリーでボール持って仕掛けてるから一見、チャンスっぽくは見えるけど...) ので中央で作って、サイドってなったとき、どういうボール入れるのとか (精度の問題もあるけど...)、中の選手がそれに対してどういう風に絡んでいくかってのは改善の余地が大きくあるなと。ウチは中に高さがないので、単純なクロスでは得点できないし。

ま、この時期に言ってもそこが改善されるのは来年の話でしょうから今いる人員でとにかく何とかするしかないんですけども、複数失点での連敗から、ホームで無失点の勝点1を取ってくれたという点に関してポジティブにとらえ、次のアウェー川崎戦で勝点3を持ち帰れるようにきっちりサポートしたいと思います。

Jリーグ第30節 埼玉スタジアム2002 セレッソ大阪戦

試合データ
観客: 32090人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和0-0C大阪(前半0-0)
レッズ得点者: -
順位: 3位(30節終了時点/13勝7敗10分/勝点49)
警告・退場: 柏木(警告×1/繰り返しの違反)