Keep on Jumpin'

Jリーグ第26節 埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦

えーなんて言いますか、こういう日もありますよね...前節、マリノスに逆転勝ちして、首位争いに食らいついて行くためにも連勝したかった、ホームでのガンバ戦は、今季最悪の大量失点、0-5で見事に負けました。...

えーなんて言いますか、こういう日もありますよね...前節、マリノスに逆転勝ちして、首位争いに食らいついて行くためにも連勝したかった、ホームでのガンバ戦は、今季最悪の大量失点、0-5で見事に負けました。

Jリーグ第26節 埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦

スタメンはいつものメンバー。最終ラインにツボ、永田、槙野、啓太、阿部ちゃんのボランチ、2シャドーに柏木、マルシオ、アウトサイドにヒラとウメ、元気ワントップ。

で、マリノス戦も立ち上がりに球際ゆるーく中途半端な入りをした結果、早い時間に失点しておりますが、今日は時間こそ前半20分前後でしたが、サイドにウメが引っ張り出された状態で、中央の守備との間のスペースでボールを受けたガンバの阿部選手にアプローチが遅れたところを左足素早く振り抜かれ、見事なシュート叩き込まれて失点。

こういう球際、緩めの守備をして、ディフェンスに人数がそろっている状態にもかかわらずやられるってのが、前半戦多かった(クロスからの失点っていう形で)もののここのところだいぶ減ってきたなと思ってたら、ここにきて2試合続いてるのがちょいと気になりますが、そんな感じで失点して今日も追いかける展開に。

ただ、今日のガンバは前プレでウチのバックラインを下げさせた上で、ウチの前線、特に1トップ2シャドーを4バック+ボランチがきっちり消してきたので、なかなか効果的な楔のパスが入れられず、さらに大きなサイドチェンジに対しても素早くスライドしてなかなかフリーの状況を作らせてくれないという、言ってはなんですがガンバさんらしくない、きっちりとウチ対策といえる守備できたのが、見事にはまってしまった感じで、1トップ2シャドーのところで潰されると、サイドの裏のスペースを使われてのカウンターを喰らうっていう繰り返しで、効率よく得点されたっていう感じでした。

もうね、なんつーか思い出したくもないけど、1失点目は前述の通り、ゴール前のシュートレンジで球際甘くね?っていう感じでやられ、2失点目はディフェンスラインの間でどフリーになったレアンドロに簡単にクロス合わせられてのもの(この時も人数はいるのに簡単にマーク外されてる。選手間でのコーチングに課題があるんじゃないのかな)。3失点目もツボと啓太がサイドで中途半端なアプローチしてつり出されたところをワンツーでサイド深く突破されて、折り返しをレアンドロに。4失点目、5失点目はもうだめ...ディフェンスの集中が切れちゃっててボケっと突っ立ったディフェンスの間を簡単にパウリーニョにパス通されてのもの。

攻撃面に関しては、ここはウチの課題だと思いますが、システマチックに自分たちのサッカーを展開してハマる相手に対しては試合を優位にコントロールできるようになってきた反面、うまく行かなかった時の応用がきくまではまだチーム全体が成長しきってないので、とにかく健気にボール回して、2シャドーに楔入れて、あるいはサイドに振って...っていつも通りのサッカーをやるんですけど、今日はガンバの守備の前にほぼ沈黙っていう感じになっちゃいました。本当はもっとポジションチェンジしながら、前線の5人が連動してダイレクトプレーなどで崩していければいいと思うんですが、もう少し時間が必要なのかもしれません。

交代選手の起用に関しても、ウガ、野田、ポポさんが途中から入っていますが、今日の試合で必要だったのは「うまく行っていないときの応用」だったので、交代によってフレッシュにはなれど、応用を利かせて流れを変えられるような選手は今のウチにははっきり言っていない (個人的には矢島くんに期待してるんすけどね) ので、ほとんど交代による好転はなかったですね...

そういう意味ではウチは現状でできる限りのいつも通りのサッカーを90分やった。でも今日はガンバさんがなんか知らんけどウチにピッタリはまる守備を90分やりきってきやがった、さらに前半で追加点まで取られてしまったことでウチは前掛かりになるしかなく、結果、より一層相手のカウンターがハマる結果になっちゃった。っていう色んなことが重なってのこの結果だと思います。

マジ悔しいけれど、こういう試合は、やっちまったあとが大事。次の試合に引きずらず、気持ちを切り替えていけるかだと思います。上位に食らいついて行くためにはとにかく連敗しないことが重要ですが、次はアウェーで柏戦。厳しい相手が続くので、ここで連敗などすれば一気に下の集団に飲み込まれてしまいます。そうならないためにもダメだったところはきちんと分析し、成長のために活かしつつ、下を向かずに続けて欲しいなと思います。

さて、啓太が今節の警告で次節出場停止なのがめちゃくちゃ気になりますが、次節、国立での柏戦もきっちりサポートして、今度こそ勝点3を取りたいですね。

試合データ
観客: 46046人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和0-5G大阪(前半0-2)
レッズ得点者: -
順位: 3位(26節終了時点/12勝5敗9分/勝点45)
警告・退場: 槙野(警告×1/異議)、啓太(警告×1/反スポーツ的行為/次節出場停止

Recent Entry

全ての記事一覧を見る