Keep on Jumpin'

Jリーグ第24節 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

連勝で迎えたホームでのダービーマッチ、相手は絶賛残留争い中の大宮さんなわけですが、なんでここには勝てないんすかね...早い時間に先制し、さらに大宮が1人退場者を出して数的優位になるも、追加点を奪えず試...

連勝で迎えたホームでのダービーマッチ、相手は絶賛残留争い中の大宮さんなわけですが、なんでここには勝てないんすかね...早い時間に先制し、さらに大宮が1人退場者を出して数的優位になるも、追加点を奪えず試合を決めきれないうちにワンチャンスを決められて同点、そのまま引き分けとなりました。

Jリーグ第24節 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

スタメンはケガの柏木が戻って、ベストメンバーと言っていい布陣。最終ラインはツボ、永田、槙野の不動の3人。ボランチ、啓太、阿部ちゃん、両サイドにウメ、ヒラ。トップ下、マルシオと柏木に元気のワントップ。

大宮は置かれている状況からもなりふり構わず勝点を取りにくることは予想できましたが、前回対戦でもやられたのと同様、中央に人数を揃えて、柏木、マルシオ、啓太のところで起点を作らせないっていう守備。また、トップに背の高い選手を2人配置して、狙いとしては中央固めて守備から入りつつの、サイドからの早めのクロスで高さを活かす手数をかけない攻撃で得点が奪えればという感じのやり方でした。

前回はこのサイドをある程度捨てて中央のスペースをきっちり消す守備に全く何もできずに終わったんですが、ウチもチーム戦術が浸透してきて、そうやって中央で啓太のところを消された場合は、阿部ちゃんや永田がドリブルで持ち上がって、そこからウメやヒラへのロングフィード一発でサイドのスペースを攻略するってことができるようになってて、それによって相手サイドバックがサイドにつり出されることで生まれるCBとのギャップに柏木やマルシオ、あるいは元気が入り込んでっていうところからの得点がここ最近は作れるようになってきました。

今回も大宮が中央をきっちり固めてきたものの、逆に前からはほとんどプレスにこないため、阿部ちゃんや永田が持ち上がってからのウメやヒラのサイドを使ってという形で何度か前半からチャンスを作っていましたが、その中で、前半10分過ぎには少し下がってボールを受けた柏木からゴール前、マルシオへの楔をダイレクトで落としたところに元気が素早いコントロールからゴール右隅に流し込んで先制。

大宮としてはまずは失点しないように取ってきた策だったと思いますが、それをもろともせずに思いのほか早い時間帯に先制できたので、これは、と思ったんですけどね。しかも、その数分後には大宮のノヴァコヴィッチが立て続けにイエローもらって退場となり、1点リードした状態でさらに数的優位な状況に。

これで追加点が取れれば、もう試合は決まっていたと思うんですが、そのあと何度か作った決定機をものにできず、結果論ですがそれがその後の苦戦につながりました。

失点は前半ロスタイム。この失点シーンにしても、大宮は前半、シュート0本のままロスタイムまで来ていたわけで、にもかかわらず味方をポストに使いながら動いた東のマークの受け渡しに失敗してフリーにしたあげく、誰もシュートブロックに行かない状態でフリーで打たせて決められるっていう、しかも順大も十分触れただろそれ...っていう何やってんのが何個か重なったっていう失点の仕方(確かに東のシュートはうまかったんだけどさ)で、ちょっともったいない形で試合を振り出しに戻されてしまいました。そこで前半は終了。

大宮としては引き分けでもなんでもいいからとにかく勝点を取りたい試合ですし、早い時間に1人退場になってるのもあって、ウチがリードしたまま試合をうまくコントロールしてれば焦って追い詰められてたと思うんですが、ワンチャンスで同点にできてしまったことで、あとは負けさえしなければいいっていう割り切った戦い方をされてしまったので、そうなるとウチはゴール前までは運べるものの、なかなかシュートで終われない状況になって逆にウチの方が精神的に追い込まれ、より一層、ボールを大事に、丁寧にいこうとしてますますシュートに至らないっていう悪循環に。

後半から柏木をウガに替えて(これは腰を痛めたためだったんですね)、ウメをトップ下にし、前節までの布陣に戻してサイドからの攻撃を活発化させる策にでましたが、中央でスペースを消されているのでなかなかチャンスも作れず、さらに啓太を小島くんに交代。おそらく中盤での前への推進力増加を狙っての起用だったと思いますがこれはまったく効果を発揮せず。最後、ヒラをポポさんに替えるも、そのままヒラのポジションで入れたので、それほど変化があったようには思えませんでした(ポポさんに関して、個人的には元気と替えて、残り時間、ポポさんにガンガン、ミドルシュートでも狙わせたらいいのにって思った。外野の勝手な意見だけど)。

結局、最後までパスは繋ぐもののシュートに至らない、時間だけが無情に過ぎていくっていう感じの後半で、逃げ切られました(それでも何度か惜しいシュートもあったのでそれが入ってればねぇ...)。

後半も大宮のシュートは1本、90分で2本しかシュート打たれなかったっていう状況で、ほぼウチがポゼッションして押し込んでいたにもかかわらず、得点はともに1点と...ま、サポとしてはイラっとくる内容でしたが、これもサッカー。気持ち切り替えて次に行くしかないっすね。

ということで、来週は天皇杯を挟んで、再来週はアウェーでのマリノス戦。きっちりサポートして、次節は勝点3を奪って帰ってきたいです。

Jリーグ第24節 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

試合データ
観客: 39814人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和1-1大宮(前半1-1)
レッズ得点者: 元気/11分
順位: 3位(24節終了時点/11勝4敗9分/勝点42)
警告・退場: 永田(警告×1 / ラフプレー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る