Keep on Jumpin'

Jリーグ第19節 埼玉スタジアム2002 ジュビロ磐田戦

えー、ほぼ書き終えたところでブラウザが落ちまして、全部記事が消えてテンション下がりましたので大幅分量削減で手短にお届けします。 前節、アウェーでの新潟戦に引き分けて、中2週間を空けてのホーム磐田戦は、...

えー、ほぼ書き終えたところでブラウザが落ちまして、全部記事が消えてテンション下がりましたので大幅分量削減で手短にお届けします。

前節、アウェーでの新潟戦に引き分けて、中2週間を空けてのホーム磐田戦は、順位的に3位、4位の直接対決でしたが、きっちり勝って勝点3を獲得。上位2チームが引き分けたことで、トップと勝点3差の3位をキープしました。

Jリーグ第19節 埼玉スタジアム2002 ジュビロ磐田戦

今日のスタメンは、いつものメンツに怪我で離脱中のヒラに代わってウガが入った布陣。骨折で長期離脱していたポポさんもこの日久しぶりのベンチ入りを果たしました。

夕方とはいえ30度を超える気温の中行われた試合、ペース配分が難しい夏の試合ですが、そのせいもあってか立ち上がりは両チームとも様子見っぽい、ゆっくりとした入り。

前回対戦した時は磐田の前プレに相当難儀しましたが、今回は暑さのせいで磐田が激しく来なかったこともあってか、相手のプレスでウチの最終ラインが追い込まれてボールを失い、カウンターを喰らったり、ロングボール蹴らされてビルドアップができないなんてこともなく、冷静に相手のポジショニングの隙間を使ってボールを繋ぎ、攻撃の形を作っていました。前回対戦から約3ヶ月が経過し、ウチのサッカーもかなり成熟されてきたということもあるかもしれません。

先制点は3人目の動き、連動性が見事に発揮された得点で、阿部ちゃんからの縦の楔を柏木がスルー、それを受けた元気が素早くターンして仕掛けると同時に、前線でマルシオが素晴らしいダイアゴナルランでゴール前に入り込み、それによって相手ディフェンスが引っ張られてできたスペースに、最初のパスをスルーした柏木が数十メートルをスプリントして走り込むと、元気から絶妙のパス。それを柏木が得意の左足でゴール右隅に叩き込んでのもの。

元気と柏木の縦の関係もかなり連携がよくなってきていて、さらに元気がワントップになれてきたのか、一時期の足元足元という感じよりも、スペースへの仕掛けや、周りをうまく使っての動きなおしの質などがかなり向上してきていて、それにマルシオが3人目として連動することで、見事に崩しきった得点でした。こういう連動がシステマチックにできるようになってきたのは素晴らしいことかなと思います。

そのまま前半は折り返し。

後半はちょっとしたアクシデントが。スルーパスに抜け出した元気がキーパーと1対1に。それを磐田のゴールキーパー、八田がファールで止めてPKに。しかし、元気はこのプレーで倒れ方が悪く、首を痛めてしまい、結果ポポさんと交代に。試合後の記事などを見ている限りでは、痛めた箇所が箇所だけに大事を取って病院に検査のため向かったそうですが、大きな怪我にはならなかったようで、ひとまずは安心。とはいえ、受け身が取れずに首から1回転して落ちたんで、見てる方としては一瞬、ひやっとする場面でした。

それにしても、決定的な得点機会の阻止、まぁ10歩譲って、ボールの流れた方向等から、決定機じゃなかったにしても、1対1の状況をファールで止めた八田に対して警告すらでないってのは、ちょっとジャッジに不満。

それでもPKさえ決まっていればよかったんですが...まさかのPK失敗で、突き放すチャンスはフイに。

その後はちょいとペースダウン。それほど前掛かりにならず、ロングボールで裏への仕掛けを中心に少し運動量をセーブした戦いに移行するも、その弊害として中盤がすっからかんに。そこを磐田に使われると危険かもって思ってたら、思ったより磐田のトップ下が機能せず、前田にボールを収めても、周りのサポートや2列目からの飛び出しもなく、大きなピンチも作られないまま、ウチのディフェンスラインの前でボールが回るだけの守備的には比較的楽な展開に。

過去、勝ってる状況でラインが下がってしまって押し込まれたあげく、やられるっていうのが何度かあったので、ちょっと不安だったんだけど、今日は集中して守ってくれたおかげでやばい感じは全くしない展開でした。

そんな展開のまま迎えた後半35分過ぎ、ウメのクロスから柏木の放ったシュートのこぼれ球を、後方からサポートした阿部ちゃんが冷静にミドルシュートを流し込んで追加点。いい時間帯に試合を決める追加点が取れたことで、かなり楽な展開になりました。

そのままきっちり試合を終わらせて、久しぶりに磐田から勝点3をGET。よかったよかった。

Jリーグ第19節 埼玉スタジアム2002 ジュビロ磐田戦

ということで、次節はホームでの連戦。前回悔しい引き分けに終わったFC東京との対戦ですが、1つ気になるのは、今日の試合でイエローカードもらったことで、累積警告で次節は柏木が出場停止ってこと。ポポさんも戻ってきているので、元気の怪我さえ問題なければ、柏木の位置に元気を入れて、ポポさんワントップっていう布陣になると思うけど、このチームのリズムを柏木が作っていることを考えると、それでチームの出来がどの程度変わるのかが注目ポイントになりそう。

過去柏木が不在だとなかなか結果が出せていないので、ここは踏ん張りどころですね。

おまけ

今日の試合の観客動員数によっては、浦和レッズとしての累計観客動員数、1000万人突破となる試合だったんですが、残念ながら今節では超えることはできませんでした。次節の東京戦で確実に超えることになりますが、20年で、累計1000万人。すごいもんです。

ちなみに、選手は祝1000万人のTシャツを作って用意していた(例によって槙野さんの仕込みですね)みたいですが、達成できなかったんで、急遽マルシオが「次」っていうTシャツ着せられてたのは笑いました。次、きっちり勝って、気持ちよく1000万人突破を祝えたらいいっすね。

試合データ
観客: 28142人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和2-0磐田(前半1-0)
レッズ得点者: 柏木/36分、阿部/78分
順位: 3位(19節終了時点/9勝3敗7分/勝点34)
警告・退場: 柏木(警告×1/異議→累積により次節出場停止

Recent Entry

全ての記事一覧を見る