Keep on Jumpin'

Jリーグ第16節 大阪長居スタジアム アウェー セレッソ大阪戦

さすがに今日の引き分けはいい加減イラっとしましたよ。ホントに。攻撃陣は決定機をことごとく逃したあげくに守備陣はダラダラとライン下げて守りに入った結果最終的にアディショナルタイムにやられるってのは、開幕...

さすがに今日の引き分けはいい加減イラっとしましたよ。ホントに。攻撃陣は決定機をことごとく逃したあげくに守備陣はダラダラとライン下げて守りに入った結果最終的にアディショナルタイムにやられるってのは、開幕から何度かそのパターンで勝てる試合を落としていますけどね。マジいい加減なんとかならんのですかね。

もうちょっとレビュー書く気も失せたのでお酒飲んで寝ます。

復活したのでちょっと書く。そこは決めとけっていう決定機を外すのはもう個人の能力の問題なので、きっちり決めれる人を前線に置いてください、せめて無人の相手ゴールを目の前にしたときくらいはゴールに向かってボール蹴れる人、及び超絶余裕があるときくらいはきっちりアシストできる人をよ。としかいいようがないですけど (とはいってもこれが勝ちきれなかった原因なので切実ですが)、勝ってる状況でラインをダラダラ下げて、自分たちから押し込まれる状況を作ったあげくにやられるってのはいい加減、チームとしてリードしている時の守備のやりかた (というか試合運びか) を改善しないといけないと思う。

今季は勝ち試合を自ら落としてる試合が多すぎる。まさに「勝負弱い」。テレビの実況とかが好きそうな言葉で言えば「勝者のメンタリティー」が云々とか言われるレベル。戦術的に引いて守りきるって選択は10歩譲って別にいいとしても、積極的守備ではなく、すべて相手にゆだねて受けてしまうので、対応がことごとく後手に回り、何とかしのいでるだけっていう状況に自分たちからしちゃう。そんな時間帯が長く続けばいつかはやられるわ。あれじゃ何度も相手の決定機を防いでる順大がかわいそう。

と散々愚痴ったところで、今日のスタメンですが、怪我で離脱していたヒラさんが戻ってきて、最終ライン、ツボ、永田、槙野。ボランチに啓太と阿部ちゃん。アウトサイドハーフにウメとヒラ。2シャドー、マルシオ、柏木。ワントップは元気と。ポポさんが長らく怪我で戻ってこれていませんが、それ以外はいつものスタメン組です。

立ち上がりから、うちの前線5人、さらに頻繁にポジションをチェンジする柏木やマルシオをセレッソの中盤がうまく捕まえることができず、セレッソの最終ライン的にはワイドにつり出されると空いたスペースに入ってこられるし、中に絞るとサイドが空いちゃうのでどうしましょう状態。なんつーか、普通にスカウティング不足じゃないんすかね。

ということで中盤である程度自由に組み立てられたのと、啓太や阿部ちゃんが空いたスペースを見つけて積極的に前線に攻撃参加してきたことで立ち上がりからほぼ狙い通りの攻撃が展開できていました。その流れの中で中盤で楔を受けてつぶれた元気の落としを啓太→前線に預けてそのままゴール前に走り込んでビューティフルゴールという完璧なゴールを啓太さんがゲット。久しぶりに啓太の会心のドヤ顔を拝見できました。

しかし、前半30分過ぎからちょととペースダウンしたうちに対してセレッソが攻撃の形を作り始め、何度か決定機を作られるも順大が最後のところで守ってくれて前半は折り返し。

夏場とかもあるし、意図的にペースを落とすのは別にいいんだけど、問題は落とし方だと思う。ボール繋いで、ゆっくりビルドアップし、最後シュートで終わるっていうところだけ徹底できればいいんだけど、ミスからボールを失いカウンター受けて終わるっていうケースが多いので、それはペース落とすとは言わない。単に気が抜けてるだけ。逆にカウンター喰らうことで余計に疲れさせられてるんじゃ世話ない。頼むからボール保持してペースダウンするようにしてもらえないでしょうかね。

後半は、立ち上がり早々にヒラがウガに交代。恐らく怪我明けのヒラに無理させない判断。その後、後半25分過ぎにどうも痛めたっぽい柏木を達也に交代し、元気をトップ下に。しかしこの辺から追加点が欲しい前線と守りの意識が強い最終ラインに意識の差が出始めた感じ。また、セレッソも中盤、特に元気のところで潰してボール奪ってからカウンターっていうのを徹底してきたので、シュートまでいけない時間が長く続きました。

うちのラインはどんどん下がる、でも攻撃陣は前のめり、結果中盤、バイタルエリアがら空き。さらにうちはプレーも雑でボールは繋がらない。特に前がかった状態であまりよくない取られ方で攻撃が終わったりするので、そこから空いてる中盤をセレッソに使われてゴール前に迫られるっていうのが繰り返され、これでウメなんかは相当疲弊させられたんじゃないかと思います。

残り10分で元気をランコに替えるも、まぁ見事に決定機を逃してくれてもうクラクラするわ、ならもうせめてこの1点を守ってくれよって思ってたら、アディショナルタイムにバイタルエリアからミドルシュート打たれる→順大が何とかはじくもそれを詰められて失点。最後の最後で試合は振り出しに。で、そのまま終了と。

ということで、とても脱力する感じの試合でしたが、次節はホームで鳥栖戦。この鬱憤をホームできっちり晴らして欲しいものです。

試合データ
観客: 36723人
天候: 雨
試合結果: 浦和1-1C大阪(前半1-0)
レッズ得点者: 啓太/20分
順位: 5位(16節終了時点/7勝3敗6分/勝点27)
警告・退場: マルシオ(警告×1/遅延行為)、順大(警告×1/遅延行為)、ランコ(警告×1/ラフプレー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る