Keep on Jumpin'

ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第5節 ベストアメニティスタジアム サガン鳥栖戦

Jリーグはワールドカップ最終予選に伴う中断期間中ですが、その合間の平日、ナビスコカップの予選第5節は、アウェーで鳥栖戦。 鳥栖は今シーズン、ホーム負けなしの記録更新中ってことできっちりそれを止めてきて...

Jリーグはワールドカップ最終予選に伴う中断期間中ですが、その合間の平日、ナビスコカップの予選第5節は、アウェーで鳥栖戦。

鳥栖は今シーズン、ホーム負けなしの記録更新中ってことできっちりそれを止めてきてもらいたかったんだけど見事に負けた。今日は現地には行けずにテレビ観戦だったので簡単に。

スタメンは、中断期間で日程的にも空いてるってことで両チームともベストメンバー。ウチは槙野さんが代表に呼ばれて不在なので、そこだけ今日は水輝が代わって入り、あとはいつも通りのメンツ。なので、最終ラインは水輝、永田、ツボ。ボランチに阿部ちゃん、啓太。2シャドー、柏木、マルシオ、ウィングにウメ、ヒラ。ポポさん1トップと。

立ち上がりから鳥栖は攻守転換も早く、前プレでウチの最終ラインに圧力をかけると、中盤をコンパクトにスペースを消したタイトな守備。なかなかウチのやりたいように中央で起点を作らせてもらえないので攻撃も手詰まりと、前半は完全に鳥栖のペース。ポポさん、ほぼボール触れず、マルシオや柏木には常にマークが付き、サイドでもほとんど数的不利な状況でしかボールを持てないなどなんつーか、こりゃダメだ状態。

さらに鳥栖はボールを奪うと、比較的シンプルにゴール前で高さのある豊田を狙ってボールを放り込んでくるのと豊田がポストとしてきっちり機能しやがるのでウチの最終ラインが下がっちゃう。結果、セカンドボールは拾えないので押し込まれまくりの展開。

ウチは何度かカウンターでチャンスを作るも、決定機はほとんどない状態。逆に鳥栖には何度かやばい状況を作られるも、順大が最後のところでなんとか防いでくれて危ないながらも両者無得点で折り返し。

後半は立ち上がりからポポさん→元気、啓太→小島と2枚同時に変えて中央の活性化を。鳥栖は攻撃時中盤をそれ程使わないので守備的な啓太よりは、積極的に2列目から飛び出せたり、縦に思い切った楔を入れられる小島くんの方がプラスに働くっていう読みだったのでしょうが、そこはある程度うまくいったと思われ。ただ、元気は1トップの位置で全く仕事にならず、ほぼ沈黙。

そんな状況で、失点は相手のロングスローから。豊田は確かに強いけどさ、水輝がマンツーマンでついてるのも関わらずさらっと前でヘディングされるんじゃ、そりゃ無理っす。相変わらずのつまらない失点。

1点を追う状況なっても、今日のタイトな鳥栖の守備に対しては、1トップの元気がほとんど機能せず、その状況を打開するため、後半30分過ぎ、槙野の代わりはちょっと荷が重すぎた 水輝をランコと代えて、元気をトップ下に、さらに柏木をボランチに下げ、水輝の位置には阿部ちゃんが下がるっていうスライドでランコを1トップに。

ランコの方が高さもあるし、ボールは収まるのは確かだよね。ただ、過去柏木さんをボランチに下げていいことなんかなかったじゃん…とちょっと嫌な予感を感じてたんだけど、そんな俺の不安をよそに、トップ下の位置に入った元気が中盤でドリブル仕掛ける→溜めてサイドを併走したランコ→折り返しを逆サイドでマルシオが合わせるっていう綺麗な崩しで同点に。鳥栖の中盤が少しルーズになった瞬間をうまいこと突いたゴールで試合を振り出しに戻してくれました。

流れ的にも鳥栖の運動量が落ちて、ここからウチのターン!って思ったら…直後に交代で入った鳥栖の水沼にそっこー決められて撃沈。

中央をワンタッチプレーで崩されたところに水沼がフリーのいい形で入ってきてキーパーと1対1になりそうな状況を、ヒラがサイドから猛然と絞って一度は身体を入れて奪ったかと思ったんだけど、ヒラの足に当たったボールが、水沼との1対1に対応しようとしていた順大のポジショニングに対してちょっと不運な位置に転がってしまったため、順大がボールを押さえきれずはじく→こぼれたところを押し込まれてっていう失点。もったいない。

まぁ、その前のセカンドボールの競り合いに簡単に負ける感じとか、ワンタッチプレーに守備が後手後手に回ったあげくボールウォッチ状態になって対応が遅れてたので、やられるべくしてやられた感じではあったけど、この失点でほぼ試合は決まり。そこからはもう大した見せ場もなく終了と。鳥栖もさすがに運動量が落ちて、サイドにスペースもできたりとつけいる隙はあったと思うんだけど、やっぱ柏木さんがボランチだと前線がほぼ機能しねぇっす。

ということで、鳥栖さんのホーム無敗記録を伸ばす方に貢献して、これで自力の予選突破は消滅。予選最終節は6月27日のホーム、広島戦 (広島はすでに予選敗退決定済み) ですが、ここで勝って、あとは周りの結果次第という状況です。

悔しいですが、気持ち切り替えて、再開後の初戦、6月16日のアウェー ガンバ戦に集中しましょう。

試合データ
観客: 7284人
天候: 晴れ
試合結果: 鳥栖2-1浦和(前半0-0)
レッズ得点者: マルシオ/77分
順位: Aグループ5位(ナビスコカップ予選第5節終了時点/2勝3敗0分/勝点6)
警告・退場: 坪井(警告×1/ラフプレー)